業界ニュース
Industry news

トップ > 業界ニュース

業界ニュース一覧
611件中 501~510件を表示

2016年04月20日
印刷工業企業年金基金は4月1日付で厚生労働大臣の認可をうけ設立した。第1回代議員会を4月19日中央区・全印健保会館で開催し、初代理事長に山岡景仁氏(東京都荒川区、三美印刷社長)が就任するとともに、基金運営体制を決めた。 冒頭、理事長代行を務める東京印刷工業厚生年金金代表清算人の盛庄吉氏が設立された印刷工業厚生年金基金について、「東京、大阪、中国地区から加入を頂き、また、本日の追加加入申請分と合わせ85社約2,600人の加入者でスタートするということとなった。現在も加入の問い合わせが来ていると聞いており、今後の加入増を確信している」と挨拶した。  山岡景仁理事長は「私は東京印刷工業厚生年金金の制度検討委員長として、厚生年金のあり方を検討してきた。その中で基金が解散することは国の方針なので、やむなしとしても、このままでは中小企業が多い印刷業界の企業年金がなくなってしまうのではないか。このようなことから、これまでの事業主負担の範囲の中で可能な受け皿制度として、印刷工業企業年金基金を検討してきた」と設立の経緯を語った。  代議員会では、理事会議決事項、諸規程の制定、平成28年度事業計画と予算などが承認された。  平成28年度事業計画の基本方針は、基金事業の円滑な運営と健全な発展を期するため、次の基本方針に基づいて事業を推進する。 (1) 事業所の編入促進により、加入者の増加を図る。 (2) 資産の効率運用のため調査研究を行い、運用収益の確保を図る。 (3) 総選挙の実施。 第1期代議員は次のとおり(敬称略)。 【選定】 ▽理事長:山岡景仁(三美印刷)▽副理事長:岩田克彦(大同印刷)▽理事:山口明義(山口証券印刷)▽監事:佐野栄二(千代田オフセット)▽日比野信也(日生印刷)▽森定雄(研文社)▽盛庄吉(東京印刷工業厚生年金基金) 【互選】 ▽理事:岡信英(三晃印刷)▽理事:石井隆司(公益社団法人日本印刷技術協会)▽常務理事、運用執行理事:高井正章(東京印刷工業厚生年金基金)▽監事:石川仁(研文社)▽本田美幸(東京特殊印刷工業)▽目黒信(富士製版印刷)▽中郡久雄(三美印刷)  印刷工業企業年金基金の特長は次のとおり。 1.ニーズの多様化にマッチした自由度の高い制度設計 ■制度設計上のメリット ・加入資格、掛金額を事業所毎に選択できる。 ・給付金の利率が保証されている(1.5%~2.5%の利息を付与する。) ■従業員のライフワークに合った制度 ・年金支給期間を選択できる(5年、10年、15年、20年の選択制) 2.財政運営の安定化 ■掛金の追加負担の発生リスクを極力抑える ・低い水準(2.0%)の運用利回りで運用リスクの軽減を図っている。 ・年金支給期間を有期とする確定年金を採用している。 3.企業年金制度のメリットを享受 ■税法上のメリット等 ・掛金は税法上、全額損金(必要経費)に算入できる。 ・退職金の事前積立を平準化する。 4.総合的年金制度のメリットを享受 ■低康な運用コストと届出事務の軽減 ・個別事業所で実施する場合と比較して制度運営コストが軽減できる。 ・各事業所の退職金管理事務の負担を軽減できる。 山岡景仁初代理事長(三美印刷社長) ≫ニュース全文を読む

2016年04月15日
全日本印刷工業組合連合会(全印工連、島村博之会長)と全日本印刷産業政治連盟(全印政連、森永伸博会長)は、4月1日、連名で「官公需取引における要望書」を中小印刷産業振興議員連盟および経済産業省へ提出した。昨年8月に開催された中小印刷産業議員連盟の総会において、用紙の値上がり問題や印刷物の官公需取引に関する課題等を説明したところ、出席した議員から官公需取引の現状および実態を把握すべきとの意見が出された。この意見を受けて、全印工連では昨年10月から調査を行い、1月までに1,071社の組合員から回答を得た。今回、その結果に基づいて、要望事項を3つに集約して提出したものである。なお、要望事項は、「中小企業者に関する国等の契約の方針の徹底遵守」「低価格競争防止策の導入」「財産権の保護」の3点である。 今後、議員連盟に対して、総会の開催を働きかけていく予定である。 ≫ニュース全文を読む

2016年04月07日
2016年5月18日(水)から20日(金)の3日間、東京ビッグサイトで開催される自治体、行政に関する国内最大規模の総合展示会「自治体総合フェア2016」の出展者が決定した。 今回は、自治体を取り巻くさまざまな課題に対応する製品やサービスを提供する133の企業・団体(企業立地フェア含む)が出展する。 「自治体総合フェア」は自治体経営の革新と地域社会の発展を目的とし、マイナンバー、ICT・地域情報化、災害対策などのテーマごとに各企業、団体の最新の製品やサービスを発表するイベント。また革新的な取り組みを行っている自治体関係者や出展企業によるカンファレンス、セミナーを多数実施し、現場における最新の知見に基づいた情報を提供する。 出展企業、団体及びカンファレンス・セミナー等の詳細は以下のWEBサイトにて。 http://www.noma.or.jp/lgf ■ 自治体総合フェア2016開催概要 会期・開催時間:2016年5月18日(水)~20日(金)3日間10:00~17:00 会 場:東京ビッグサイト(東京国際展示場)西展示棟・西4ホール 主 催:一般社団法人日本経営協会 出展者数:133社/団体 来場予定者数:10,000人(2015年実績10,776人) 同時開催:企業立地フェア2016 ≫ニュース全文を読む

2016年04月05日
1993年(平成5年)から23回にわたり開催してきた「北海道情報・印刷産業展」は新しい展開を模索することとし、昨年度の開催をもって終了した。今年度から印刷産業展は、これまで培ってきた「北海道情報・印刷産業展」の伝統と成果を踏まえて、スタイルと内容を変えて、展示とセミナーを組み合わせた、学びと情報発信の場として、新しく「HOPE」(HOKKAIDO PRINT EXPO)として生まれ変わり開催する。  第1回となる「HOPE2016」を9月2・3日の2日間、札幌市白石区・アクセスサッポロで、「印刷の未来を創る!―ソリューション・プロバイダーへの深化―」をテーマに開催する。  現在、同展への出展とセミナー出講を募集している。申込期日は5月25日。ただし、申込先着順とし、満小間となり次第、募集を締め切る。 ≫ニュース全文を読む

2016年04月05日
一般社団法人日本印刷産業機械工業会(日印機工、宮腰巌会長)では、Japan Color認証セミナーを6月から9月にかけて全国で開催する。セミナーでは認証取得の手順をわかりやすく徹底解説する。 同工業会では、オフセット印刷の標準色であるJapan Colorをもとに認証するJapan Color認証制度を2009年に開始し、今年で7年目を迎える。  認証取得した企業からは、標準化による印刷品質の安定や社員のスキルアップ、さらには実際に売上拡大にもつながったという声をもらっている。  そこでこの度、JAPAN Color認証制度を取得してもらうためのコツとメリットをわかりやすく、事例を交えて徹底解説する。Japan Color認証制度に興味はあるが、認証取得することに不安をもつ企業の方や取得のメリットがいまひとつわからないという企業には絶好の機会であると考えている。  今年度は、セミナーを受講した企業限定の「標準印刷認証3ヶ月集中取得支援パッケージ」を用意した。申請から3ヶ月で取得できるように、事務局から電話およびメールでアドバイスなどを無料で行うサービスだ。 セミナーの詳細は、同工業会のホームページを参照のこと。 〈セミナー内容(予定)〉 ●Japan Colorとは ●Japan Color認証取得のメリット ①認証取得企業の声 ②Japan Colorが創り出す印刷の価値向上 ③Japan Color認証取得を100%有効活用するには ●Japan Color認証取得のコツ ①申請書類の作り方 ②スムーズな器差確認の方法 ③チャート作成時の留意点 ④現地審査(現場確認)の事例と留意点 ≫ニュース全文を読む

2016年04月04日
全日本印刷工業組合連合会(全印工連、島村博之会長)では3月29日に外部の有識者で構成する第12回全印工連CSR認定委員会を開催し、横浜市立大学CSRセンターの審査報告をもとに厳正な判定を行った結果、ワンスター認定(新規)3社、ワンスター認定(更新)2社、ツースター認定1社を認定した。  CSR認定企業は、3月現在94社となった。  現在、第13期ワンスター認定募集を行っている。締め切りは4月30日。 【ワンスター認定(新規)】3社 ▽長英(東京都江東区) ▽コーホク印刷(岡山県岡山市) ▽相互(東京都江東区) 【ワンスター認定(更新)】2社 ▽アドピア(東京都港区) ▽中央パッケージング(静岡県静岡市) 【ツースター(新規)】1社 ▽ミドリ印刷(福岡県福岡市) ≫ニュース全文を読む

2016年04月04日
CCGA現代グラフィックアートセンター(福島県須賀川市)では6月11日から9月11日の会期で「中林忠良展:未知なる航海―腐蝕の海へ」を開催する。  中林忠良(1937―)は、東京藝術大学在学中に駒井哲郎(1920―1976)との出会いをきっかけに銅版画の道へと進み、1960年代以降、日本におけるこのメディアを代表する作家として長年に渡り活躍してきた。  中林忠良は銅版画の中でもエッチング技法を表現の中心に捉え、その制作における腐蝕のプロセスを常に重視してきた。詩人・金子光晴の言葉「すべて腐らないものはない」に深い感銘を受けて自らの作品哲学としたというエピソードが示すように、彼にとって腐蝕という現象は単なる製版の手段ではなく、生成と消滅を繰り返すこの世界の縮図であり、そのありようを作品へと照射する鏡でもある。そうして生み出された、光と影、生命と死といったものを寓意として秘めたモノクロームの画面は、静謐ながらも強い引力をもって私たちを深い思索へと誘う。  中林忠良の銅版画制作は長いキャリアの中で幾度か転機を迎えてきたが、そのもっとも大きなものは1970年代半ばに訪れた。一年間のヨーロッパ滞在と帰国直後の師・駒井哲郎の逝去、エッチングに用いる有害物質による健康障害の経験などを経て、彼は銅版による表現の原点にいま一度立ち返ることを決意する。そうして1977年に開始された〈Position〉シリーズは枯草や小石など身近な素材を転写の手法で即物的に画面に定着させることによって、現実世界において自らが寄って立つ足場=Positionを再認識する試みだった。またこれを並行する形で1979年に開始した〈転移(Trans Position)〉シリーズで、彼は銅版画というメディアそのものへの自己言及的なアプローチを深める。実在から作品画面への銅版を介したイメージの「転移」や、白と黒の相克と調和といった、銅版画表現の本質を主題とした同シリーズは現在に至るまで継続され、作家の代表作となっている。  同展は〈Position〉〈転移〉両シリーズを中心に、中林忠良の初期から現在までの主要な銅版画作品を展示し、作家の歩みを辿る。展覧会のタイトルの「Unknown Voyage(未知なる航海)」とは、銅版の腐蝕という完全なコントロールや予測が難しい作業になぞらえて、彼のアトリエにしつらえた腐蝕室の扉に掲げられている言葉だ。そこから生み出されてきた作品の数々は、半世紀以上前初めて漕ぎ出して以来、作家が真摯に向かい合ってきた銅版画制作という旅路の航海ともいえる。同展が多くの方にとって、中林忠良の作品とその哲学に触れる機会となるよう願う。 ≫ニュース全文を読む

2016年03月18日
JP展の認知度を高めるため、「JP2013印刷・情報展」で初披露されたゆるキャラの「赤色フクロー」。夜の間に世界の「知識」と「知恵」(哲学)を探し、必要とする人に届ける使者といわれるフクロー。このゆるキャラはフクローをモチーフに、印刷企業に最新の技術と用途開発の方法を届ける「JP情報・印刷産業展」の役割を重ね、印刷業界と印刷技術に絡む異業種などの外部の使者役を担うものとして期待されている。 フクローつながりで、フクローを描いているバリ島のイ・ワヤン・シーラ氏が来日し、3月20日から26日まで中央区銀座・ギャラリー悠玄でシーラ氏の個展『Smile to smile』が開催される。初日は会場の都合で当日搬入のため15時オープンとなる。 シーラ氏はバリ島ウブド生まれウブド在住。祖父からバリ個展絵画の技法と精神を学び、作品は墨と竹ペン・竹筆を使ったバリ絵画独自の遠近法でキャンパスに多彩な色で表現し、シーラ氏のナチュラルな感性で「フクローの森」を描いている。 1988年から日本で個展を開催し、15周年の時は記念個展を催し、15年間のコレクション作品を披露した。また、2005年には、挿絵を描いたポエム画集『kata-kata(カタカタ)』を出版した。※kata-kataとはインドネシア語で言葉。 フクローは日本では幸福を呼ぶ鳥として親しまれているが、バリ島では「妊娠するとやってくる」という言い伝えがある。もし、家の近くで毎晩フクローの鳴き声が聞こえると「誰かが子供を授かったのだろう」と皆が思う 今回は、シーラさんの手描きキャンパスバッグなどいろいろなものが紹介される。 2013年9月開催の個展にて  シーラ氏と作品 ≫ニュース全文を読む

2016年03月17日
一般社団法人日本印刷産業連合会(日印産連、稲木歳明会長)では平成27年度に発表された日印産連グランドデザインへの取り組みの一環として、新たに企業行動委員会 女性活躍推進部会が設置された。平成27年9月から平成28年2月までに3回の部会を開催し、10団体における「女性活躍推進」への取り組み状況を確認するとともに、印刷産業としてこの課題にどう取り組んでゆくかについて、意見交換を行ってきた。団体によっては先進的な取り組みがなされているものの、全体としては今後さらなる啓発活動と都度具体的な施策への落とし込みの必要があるというのが、現状での共通認識となっている。  日印産連 女性活躍推進部会では平成28年度の取り組みテーマを「日印産連 会員10団体が「女性活躍推進」に取り組む風土を醸成する」としている。これらの議論を背景に、この度、3回開催予定の1回目、「日印産連 第一回 女性活躍推進セミナー」を4月26日開催する。今回は来場者に女性活躍推進に楽しく興味を持ってもらえる内容を中心に、初心者向けのセミナーとして開催する。 仕事の場では、男がヒーローはあたりまえ?これからの時代は女もヒーローになることを求められる?人材の確保が困難になるなか、従前の考え方に捉われず、男女を問わずにヒーローを次々生み出す経営が成功の秘訣。では女性のヒーローをどのように生み出すのか、黒川伊保子氏を講師に招き、「女もヒーローになる時代」~女性脳を活性化すコツ、男性脳を活性化するコツ~と題して自社における女性活躍推進に少し自信を持っていただけるようなセミナーにする。  経営層はもちろん、管理職・一般層にも参加を呼びかけている。 開催概要は次のとおり。 ▽開催日時:平成28年4月26日(火)14:00~15:30(13:30開場) ▽会場:日本印刷会館2階大議室(東京都中央区新富1-16-8) ▽参加費:会員無料(先着定員120名) ▽内容: ■挨拶 (一社)日本印刷産業連合会常任理事企業行動委員会委員長 堆誠一郎氏(宝印刷代表取締役社長) ■「印刷業界における女性活躍推進の必要性・重要性」 (一社)日本印刷産業連合会副会長 浅野健氏(金羊社代表取締役社長) ■「女もヒーローになる時代」~女性脳を活性化するコツ、男性脳を活性化するコツ (株)感性リサーチ代表取締役 黒川伊保子氏 ▽締切日:4月19日 但し、定員になり次第、締め切る。 【黒川伊保子氏のプロフィール】 脳科学の見地から「脳の気分」を読み解く感性アナリスト。 「市場の気分」を読み解く感性マーケティングの実践者であり、「男女脳の気分」を読み解く男女脳論の専門家、「ことばが脳にもたらす気分」を読み解く語感分析の専門家でもある。人工知能(AI)エンジニアを経て、2003年、世界初の語感分析法サブリミナル・インプレッション導出法を発表、独自の感性分析術が注目を浴び、感性研究の第一人者となる。 脳の研究からくりだされる男女脳の可笑しくも哀しいすれ違いを描いた随筆や恋愛論、脳機能から見た子育て指南本、語感の秘密を紐解く著作も人気を博し、日本テレビ「世界一受けたい授業」、フジテレビ「さんまのホンマでっか!?TV」に出演、NHK教育テレビ「日本語なるほど塾」の講師として起用されるなど、TVやラジオ、雑誌にもたびたび登場。アカデミックからビジネス、エンタメまで、広く活躍している。 1959年長野県生まれ、栃木県育ち。1983年奈良女子大学理学部物理学科卒。 【近著】 「日本語はなぜ美しいのか」(集英社新書) 「恋愛脳 ~男心と女心は、なぜこうもすれ違うのか」「夫婦脳 ~夫心と妻心は、なぜこうも相容れないのか」「運がいいといわれる人の脳科学」「家族脳 ~親心と子供心は、なぜこうも厄介なのか」新潮文庫) 「しあわせ脳に育てよう」(講談社)、「脳育ての黄金ルール」(芽ばえ社) 「ことばに感じる女たち」(ワニ文庫)、「無邪気な脳で仕事をする」(ファーストプレス社)、 「いい男は「や行」でねぎらう いい女は「は行」で癒やす」(宝島新書) 「キレる女 懲りない男 ~男と女の脳科学」(ちくま新書) 男女脳マニュアル決定版! 「ちょっとしたことで 大切にされる女ひと 報われない女ひと」(三笠書房、2015年2月発売) 「鈍感な男理不尽な女」(幻冬舎、2015年8月発売)女の機嫌の治し方完全マニュアル! 「英雄の書 ~人生に立ち向かうための脳科学」(ポプラ新書、2015年9月発売) ≫ニュース全文を読む

2016年03月14日
一般社団法人日本印刷産業連合会(日印産連)と新コスモス電機は、オフセット印刷工場における有機溶剤等による健康障害防止のため、あらかじめ決められたVOC気中濃度を越えると警報を発する「VOC警報器」XH-981G(以下「VOC警報器」)の説明用ビデオを制作し、インターネットより配信開始した。 このビデオは、オフセット印刷工場における「VOC警報器」の必要性、その使い方、取扱にあたって注意する点等をナレーション付きで、4分50秒に簡潔にまとめてあり、さらにインターネット経由で簡単にアクセスでき、印刷現場の社員教育・ミーティング等でも活用できるよう工夫されている。また日印産連のホームページにある「印刷用語集」からも、同説明用ビデオにアクセスすることができる。 「VOC警報器」は既に、日印産連の一部の会員団体経由で先行販売が始まっており、当説明用ビデオを活用して、より安全で安心できる職場環境作りを目指していく。 ○「VOC警報器」説明ビデオ 1.印刷用語集「VOC警報器」URL: http://www.jfpi.or.jp/webyogo/index.php?term=4202 2.「VOC警報器」説明ビデオURL: https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=5cawaFK0IWg 3.題名:印刷事業所で社員の健康を守るために オフセット印刷工場用VOC警報器XH-981G 4.上映時間:4分50秒 5.監修:一般社団法人日本印刷産業連合会 制作:新コスモス電機株式会社 ≫ニュース全文を読む