業界ニュース
Industry news

トップ > 業界ニュース

業界ニュース一覧
377件中 311~320件を表示

2016年01月12日
一般社団法人日本印刷産業連合会(日印産連、稲木歳明会長)は1月8日、港区虎ノ門・ホテルオークラ東京で700人が集い2016年新年交歓会を盛大に開催した。  稲木会長は昨年をふりかえるとともに、2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックにふれ、「政府は『1億総活躍社会』を成長のエンジンとして位置づけている。日印産連としてもこれを機会に10団体が結束して業界全体の発展と次世代への橋渡しを行い、実り多き年にしていきたいと考えている」と抱負を述べた。  また、同連合会が印刷業界の未来を見据えて策定して『グランドデザイン』が2年目に入ったが、「初年度はグランドデザインの目的に応じて組織を見直し、5つの常設委員会と11部会の体制に再偏したが、いよいよグランドデザインを実行し、活動を深化させる年となった」と促し、「『印刷産業をリードする団体』をめざして着実にあゆみを進め、グランドデザインを成功させるため、引き続き努力していく」と決意を語った。  次いで、来賓の下村博文代議士、安藤久佳経済産業省商務情報政策局長が祝辞を述べた。 引き続き、来賓と稲木会長の14名が登壇し鏡開きを行い、高橋弘ニ印刷インキ工業会会長の発声で乾杯し祝宴に入った。 来賓と稲木会長による鏡開き 中央が稲木会長 ≫ニュース全文を読む

2016年01月07日
 東京都印刷工業組合(東印工組、島村博之理事長)は1月6日、千代田区丸の内・パレスホテル東京で来賓、組合員、パートナーシップ会員など580人が参加し、平成28年「新春の集い」を盛大に開催した。 島村理事長は「新年の挨拶周りを切り上げて頂き、新春の集いに参集して頂きありがとうございます。新春の集いも組合員の集いから変わって3回目となりました。毎年、大勢の皆さまに集まって頂き、年々参加者が増えて組合を盛り上げて頂きありがたく感じます。東印工組の組合員の為に、皆さまがさらに活躍できるように情報発信と情報収集をしていき、皆さまのお役に立つ組合になるよう今後もご協力を賜りますようお願い申し上げます」と述べた後、昨年1年間務めてきた執行部を紹介した。  さらに、昨年、新規加入した組合員のシオザワ(京橋支部)、東光紙工社(港支部)、優彩第一校正(新宿支部)、三黄商事社(山之手支部)、ホーナンドー(板橋支部)、村田工芸印刷(板橋支部)の6社を紹介した。  次いで、山本隆東京都産業局労働局局長は昨年の経済概況にふれるとともに「情報の伝達が多様化し、誰でも情報伝達でき、自分の考えや思いを伝えたいというニーズが高まる中、形にしてきた印刷業界の皆さんの役割は社会の大きな役割に流れ、今後も続くものと考えています」と語った。また、「東京のブランディング戦略」で定めたロゴ・キャッチコピー『& TOKYO』について紹介した。  この後、新春の集いを企画した組織・共済委員会所管の臼田真人副理事長は多数の参加者に感謝の意を示すとともに、「このようなオール東京、皆さんが一堂に会する機会はなかなかありません。ぜひ時間の許す限り親睦を深めてほしい」と述べ乾杯した。  歓談の途中で東京都印刷産業議員連盟議員の紹介が行われ、毎年恒例の抽選会が行われた。 挨拶する島村理事長 ≫ニュース全文を読む

2015年12月22日
一般社団法人日本印刷産業連合会 グリーンプリンティング認定事務局は、下記のとおり日本印刷産業連合会事務所から移転し、平成28年1月12日より新事務所で業務を行う。 ▽移転先住所 〒104-0041 東京都中央区新富一丁目16番8号 日本印刷会館3階  ※住所の変更はない。8階から3階へ移転。 ▽新電話番号 03-3553-6123 ▽FAX番号 03-3553-6145  ※電話・FAX番号とも変更になる。 ≫ニュース全文を読む

2015年12月21日
一般社団法人日本印刷産業連合会(日印産連、稲木歳明会長)は12月7日開催の第38回グリーンプリンティング(GP)認定委員会において、新規7工場と更新36工場、合わせて43工場を認定した。その結果、GP認定工場は全355工場となった。  また、同認定委員会において、GP資機材の認定を実施し、7社14製品(洗浄剤7製品、プレート5製品、ドライトナー型デジタル印刷機一製品、VOC警報器1製品)を認定した。これで、平成27年度登録のメーカーは37社、認定製品は598製品となっている。  新規認定工場は次のとおり。 ▽〈オフセット〉清美堂 工場(全日本製本工業組合連合会) ▽〈オフセット〉富士紙器印刷 紙器工場(一般) ▽〈シール〉田中シール印刷 旭川工場(全日本シール印刷協同組合連合会) ▽〈グラビア〉橋本セロファン印刷 新郷工場(全国グラビア協同組合連合会) ▽〈グラビア〉グラビアジャパン 信州工場(全国グラビア協同組合連合会) ▽〈グラビア〉北四国グラビア印刷 本社工場(全国グラビア協同組合連合会) ▽〈グラビア〉アンド・アイ 羽曳野工場(全国グラビア協同組合連合会) ≫ニュース全文を読む

2015年12月18日
一般社団法人日本印刷産業連合会(日印産連、稲木歳明会長)では、Webで無料公開している「印刷用語集」(URL:http://www.jfpi.or.jp/webyogo/)について、より多くの方に活用していただくことを目指している。 このたび、これまでユーザーが検索した用語の各種分析結果や、印刷用語集のトピックスなど新たな情報を追加する。また、用語を選定するカテゴリーを拡大し、逐次、登録用語を追加するなど、利用者がより使いやすくすることで、印刷産業の理解促進につなげていく。 日印産連は、本年6月に設立30周年記念事業として「Web版印刷用語集」を公開したが、以降、月あたりの平均訪問者数は1万人、平均閲覧用語数は約5万用語にのぼっている。ユーザーの約7割は検索エンジンを介してのアクセスだが、「jfpi印刷用語集」の統一バナーを掲載している日印産連の会員10団体の参加企業、さらには協賛企業や関連団体等、数十社のコーポレートサイトや社内イントラネットからのアクセスも増加している。 今回、トップ画面を改良し、約6カ月間の活用状況の分析に基づいて、利用される頻度の高い用語、アクセスが急増した用語、関連する展示会などのイベントとの関係で追加や改訂された用語の情報などを公開する。今回の改良の多くは、利用戴いている皆のアイデアに基づく機能追加で、閲覧される方がより利活用しやすくなることを目指している。(2015年12月21日公開予定) また、既存の「書籍版印刷用語集」では、印刷技術の工程を中心に用語を紹介していたが、用語のカテゴリー構造を見直し、経営・CSR系のカテゴリーを追加した。新カテゴリーの追加に合わせ、印刷の経営全般やCSR活動関連の用語、さらには会員団体等の活動に関する用語(例えば「GCのトビラ(GCJの情報発信活動)」や「4VOC(印刷工業会の内装建材などの自主表示規定)」)なども追加・改訂をした。このことにより、印刷産業と社会の関わりなど、より広く印刷産業を理解することにつながるものと期待している。 今後も、会員団体や会員企業・関連団体の専門家のさらなる協力を仰ぎ、「Web版印刷用語集」の用語の追加・改訂活動の継続を通じて、印刷関係者だけではなく、印刷や印刷物などに興味のある一般の方や印刷物を発注する担当者などが必要となる情報をより的確に伝えるように努めていく。 ≫ニュース全文を読む

2015年12月17日
全日本印刷工業組合連合会(全印工連、島村博之会長)では、12月14日に外部の有識者で構成する第11回全印工連CSR認定委員会を開催し、横浜市立大学CSRセンターの審査報告をもとに、厳正な判定を行った結果、ワンスター認定(新規)に、日本印刷(岐阜県本巣市)、明新社(奈良県奈良市)、ザ・デジタルソリューションズ(東京都品川区)の3社が認定され、ワンスター認定(更新)に、創文印刷工業(東京都荒川区)、豊橋合同印刷(愛知県豊橋市)、伊藤印刷(三重県津市)の3社が認定された。これで、2015年12月現在79社がワンスター認定となった。なお、今回、ツースター認定への申請はなく、2015年12月現在14社となっている。 QCD(品質・納期・コスト)の競争から企業価値の競争へ。企業としての信頼性や社会的責任が問われる中、全印工連では、CSR(企業の社会的責任)研究の第一人社である横浜市立大学の影山教授監修のもと中小印刷業CSR規格を策定し、地域に密着したCSRに取り組み顧客・社会から必要とされるパートナーとして成長する企業のCSRに取り組んでいる。  全印工連CSR認定の標準認定であるワンスター認定の第12期認定募集を2016年1月31日まで募集している。 ≫ニュース全文を読む

2015年12月17日
公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT、塚田司郎会長)は、JAGAT中部地区の集い「JAGAT中部大会2016」を“印刷の「未来を創る!」”をテーマに、2016年1月28日に名古屋市中小企業振興会館(吹上ホール)において「Print Doors 2016」第52 回光文堂新春機材展と併設で開催する。さらに、翌1月29日に「ジョイントセミナー」をメディアージュ愛知にて開催する。 『未来を破壊する』で話題となったジョー・ウェブ博士の新刊『未来を創る』(JAGAT刊)は、業界を取り巻く経営環境が急速に変化する現代において、どのような方向で経営マインドのチェンジを図っていくべきかにスポットをあてており、我々の未来を真剣に考える最適なツールだ。 よりJAGATらしさを追求し、JAGATならではの情報提供・議論・交流の場とすべくJUMP中部からJAGAT中部大会と改称した今回は、『未来を創る』をモチーフとして、業界動向の最新の調査・研究から見えてくる"事実"を知るとともに、本書を通じて従来とは違った知見やヒントを得て、未来を考え、議論することで「自社のビジネスをどう変えていけばよいのか?」という課題解決に向けた気づきやきっかけを掴む場にしたいと願っている。 [JAGAT中部2015&ジョイントセミナー開催概要] ●主催:公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT) 協力:愛知県印刷工業組合、岐阜県印刷工業組合、三重県印刷工業組合、光文堂 ●JAGAT中部大会企画推進メンバー(氏名50音順・敬称略): 大洞 正和[大洞印刷]/小川 優二[協同印刷]/鳥原 久資[マルワ] 長苗 宏樹[長苗印刷]/松岡 祐司[アサプリ]/山田 慎二[二和印刷紙業] 山田 圭則[竹田印刷]/若山 雅彦[日本印刷] ■ JAGAT中部大会2016 ●テーマ:印刷の「未来を創る!」 ●開催日時:2016年1月28日(木)15:15~20:00 ●講演会場:名古屋市中小企業振興会館(吹上ホール) *「Print Doors 2016」第52回光文堂新春機材展に併設 ●対象:印刷および関連業の経営者、後継者、幹部社員、幹部候補、各部門リーダー ●参加費:JAGAT会員、愛知県印刷工業組合員、岐阜県印刷工業組合員、 三重県印刷工業組合員、光文堂の紹介 1名様9,180円(税込) *講演会のみ:3,240円、懇親会のみ:5,940円 ●プログラム 1. 開会の辞 15:15~15:20 松岡 祐司氏[JAGAT中大会部企画推進メンバー代表] 2. Keynote 「印刷業界に求められるイノベーション」 15:20~15:40 森澤 彰彦氏[JAGAT副会長/モリサワ 代表取締役社長] 3.JAGATからの報告 15:40~16:55 1)「印刷ビジネスの最新動向2016(印刷白書+経営力調査分析+地域活性)」 藤井 建人氏[JAGAT研究調査部部長/主幹研究員] 2)「未来を創る-印刷会社がこの数年間で取り組むべきこととは!」 郡司 秀明氏[JAGAT専務理事/首席研究員] 4.ディスカッション 17:05~18:10 “新しいビジネスの構築はゼロベース発想から! ~共に考えよう2020年の印刷会社の成長戦略” モデレータ:郡司 秀明氏[JAGAT専務理事] スピーカー:大洞 正和氏[大洞印刷]、長苗 宏樹氏[長苗印刷]、 松岡 祐司氏[アサプリ]、森澤 彰彦[JAGAT副会長/モリサワ] 6.懇親会(名古屋ビール園「浩養園」)18:40~20:00 ■ JAGAT中部大会2016ジョイントセミナー ●開催日時:2016年1月29日(金)14:00~19:00 ●講演会場:メディアージュ愛知(愛知県印刷会館) ●対象:第1部:印刷会社の経営者、経営幹部、制作部門、企画・編集部門のマネージャー、 ディレクター、リーダーなど 第2部:クロスメディアに興味をお持ちの方、課題解決手法に興味をお持ちの方、 受験を検討されている方、新たな人材育成に携わる教育担当者の方など ●参加費:第1部:JAGAT会員、愛知・三重・岐阜県印刷工業組合会員、光文堂紹介 1名様9,720円/一般 12,960円 第2部:無料(会員、組合員、ご紹介、一般ともに) ●プログラム 第1部 【実践マネジメント研修】 14:00~16:30 「実例から学ぶ制作現場の収益改善」~デザイン料金をとるためのクリエイティブマネジメント 講師:アイディーエイ デザインコンサルティング部 藤原 崇史 後藤 佑紀 ■どんぶり経営から論理的経営へ■ものではない「デザイン」の扱い方■デザイン料金の考え 方 ■制作現場のディレクションとは? ■ディレクター・マネージャーの役割・考え方 ■制作 現場の「見える化」:各仕事の標準(物差し)をつくる/時間管理の考え方、運用/社員教育 (等制制度)、スキルアップ/モチベーション(評価制度)/成長する組織づくりとは 第2部 【無料セミナー】 17:30~19:00 「クロスメディアエキスパート認証試験ガイダンス」~メディア戦略のコーディネーターへ~ 講師:JAGAT資格制度セミナー担当 ■試験概要説明:カリキュラムの解説、合格率や受験者の傾向/前期試験講評/試験詳細 ■第1部試験問題(択一式)のトライアル(模擬試験の抜粋/持ち帰り可) ■第2部試験問題(記述式)の説明とポイントの解説 ≫ニュース全文を読む

2015年12月16日
全日本印刷工業組合連合会(全印工連、島村博之会長)は、12月10日に常任役員候補者選考委員会(四橋英児委員長)を開催、次期会長候補者に臼田真人氏(東京工組・アドピア)を推薦することを全会一致で決定した。臼田会長候補者からは、副会長候補者として、大阪工組および愛知工組の理事長候補者と東京工組の副理事長候補者の合わせて3名を副会長候補者に、また、専務理事候補者は、東京工組の専務理事候補者を推薦したいとの意向が示され、承認された。その後に行われた第5回常任役員会に四橋委員長が選考委員会での決定事項を報告して承認を得た。今後は、三役候補者により、基本方針の策定、運営機構、事業計画の立案など、新年度に向けての準備を進めることになる。 なお、来年5月24日の通常総会および理事会で、臼田氏の会長就任を正式に決定する。 ≫ニュース全文を読む

2015年12月04日
一般社団法人日本印刷産業連合会(日印産連、稲木歳明会長)は12月10日から12日の間、東京ビッグサイトで開催される環境展示会「エコプロダクツ2015」に出展する。(ブース番号1-064)  今回の展示では、『エコな地球を印刷からー地球環境委員会』をテーマに掲げ、印刷業界全体のエコ活動を地球規模で展示する。中央の地球の周りに印刷技術と印刷工場が集結。エコな印刷製品から先端な印刷製品、宇宙に広がる印刷製品を展示するとともに、環境表彰大臣賞受賞工場や環境配慮基準を達成したGP認定工場など、環境配慮に優秀な印刷工場を紹介する。  また、環境コミュニケーションとして印刷製品の環境ラベルに注目が集まる中、GPマークをはじめとした環境ラベルを展示。20種類に及ぶ環境ラベルを掲載した『印刷製品の環境ラベル概説ブック(2016年版)』を無料配布する。さらにGPマークでは、GP環境大賞を本年に新たに創設。GPマーク表示に貢献したタカラトミー、本田技研工業、丸井グループをはじめ、15社(団体)が大賞、準大賞に輝いた。大賞受賞者へのインタビューの模様の放映と受賞企業のGPマーク表示印刷製品を展示する。 なお、今回の展示では、AR技術を活用し、ジッピー(GP認定制度キャラクター)が飛び出す記念写真コーナーを設けている。  展示物は次のとおり。 ① GP環境対象の受賞者紹介 ・GP環境大賞の概要、受賞企業一覧、受賞者インタビュー ・受賞企業GPマーク表示製品の展示 ② GP認定工場一覧、環境優良表彰工場紹介 ③ 先端及び環境配慮の印刷製品の展示 ④ 印刷業界の環境活動製菓―自主行動計画の紹介 ⑤ 印刷製品の環境ラベル紹介、「印刷製品の環境ラベル概説ブック」無料配布 ⑥ 飛び出す十ビーとの記念写真コーナー(AR技術使用) ≫ニュース全文を読む

2015年12月04日
一般社団法人日本印刷産業連合会(日印産連、稲木歳明会長)は第15回印刷産業環境優良工場表彰制度の応募工場の募集を12月1日から開始した。また、昨年同様に小規模事業所振興部門を設置した。  同制度は、印刷産業における各企業の環境問題に対する取り組みを推進するとともに、印刷工場の環境改善及び印刷企業に対する社会の一層の支持・理解を獲得することを目的に、平成14年からスタート。経済産業省の支援を受け、過去14回、延べ223工場が受賞している。  今回は、平成27年12月1日から平成28年1月29日まで第1次審査の応募を受け付ける。第2次審査応募受付期間は平成28年2月22日から4月22日までとなる。なお、第1次審査を通過した工場が第2次審査の応募資格があり、過去受賞工場は第2次審査から応募することができる。  また、昨年に続き印刷産業全体の90%以上を占める従業員規模29人以下の事業所(企業全体で49人以下)を対象に、環境配慮を促進することを目的に小規模事業所振興部門を設置し、表彰する。  表彰は、経済産業大臣賞、経済産業省商務情報政策局長賞(以上申請中)、日本印刷産業連合会会長賞、同特別賞、同奨励賞が授与される。表彰式は、2016年印刷の月記念式典(平成28年9月14日ホテルニューオータニ)にて行われる予定。 受賞工場は印刷産業界のモデル工場として見学会や講演会が催されるほか、受賞後は社会に対し広くアピールすることができる制度となっている。 (応募資格) ▽印刷産連の会員である10団体傘下の会員企業の工場であること。 ▽工場稼働後3年以上経過していること。 ▽過去5年間環境法令等に基づき操業停止等の行政による処分を受けていないこと。 (審査の対象) ▽工場の周辺環境対策、広域な環境対策、工場内における作業環境管理。 ▽環境管理体制の整備と環境対応の企業経営上の明確な位置づけ。 ▽環境対応が企業経営上具体的効果をもたらしていること。  ※選考の際には、工程の環境負荷を考慮し、環境配慮に努力している点を評価する。  ※詳細は、日印産連のホームページを参照のこと。 ≫ニュース全文を読む