業界ニュース
Industry news

トップ > 業界ニュース

業界ニュース一覧
305件中 301~305件を表示

2015年06月10日
大阪府印刷工業組合 60周年記念事業で示した今後10年へのあるべき姿 魅力ある業界づくりを怠るなら、支持する人はいるだろうか 情報発信者に寄り添うコンテンツメーカーに 社会と産業における変化と 多様性に注目して対応図る  昨年7月に創立60周年を迎えた大阪府印刷工業組合(吉田忠次理事長)は5月22日、大阪市中央区のホテルニューオータニで来賓をはじめ、組合員や関連業界から452人の参加を得て60周年記念講演会・記念式典・記念祝賀会を挙行した。  印刷業界を取り巻く環境がここ10年間で大きく変化し、需要の減退や消費者ニーズの多様化、急進するIT・メディア媒体の登場によって大きな転換期に差し掛かっている。同工組は今後の印刷業が目指すべき方向性として「製造業」から「サービス業」への業態変革の重要性を示しながら、厳しい現状にあっても業界が一体となって常に前向きに躍進する必要性を組合員に訴えかけてきた。  今回の60周年記念事業では、「未来への礎~2015大印工組の新たなスタート」をテーマに設定し、実行委員会が一丸となって10年後の変化を見据えながら、「未来に向かって躍進する印刷の実現」「次世代が夢と希望を抱く業界であり続けるそのための礎づくり」を事業の目的として、さらに飛躍することを誓う場となった。  記念式典に先立ち記念講演が行われた。60周年記念事業実行委員会の作道孝行副実行委員長は「印刷業界を取り巻く環境は転換期にあり、組合のあり方も変わってきた。組合員企業が存続していくための新しい仕組みづくりや人材育成に力を入れなければならない。  次世代が夢と希望を持てる礎づくりを目指すとしても、これをやれば正解という安易な解決策はない。ともに悩み最善の方法を模索してこの厳しい時代を乗り越えていきたい」と開催趣旨について示した。  このビジョンを具現化するために今回の記念講演会では、川口盛之助氏(盛之助代表取締役社長、日経BP社未来研究所アドバイザー)を講師に招き、「2020年、産業界はこうなる。~日本企業は何で食っていくのか~」と題した講演会が行われ、社会と産業における変化の多様性を学んだ。  引き続き行われた記念式典では、吉田理事長のあいさつに続き、来賓を代表して近畿経済産業局産業部長の戸田美和、大阪府商工労働部長の津組修、全日本印刷工業組合連合会会長の島村博之の3氏が祝辞を述べた後、表彰式が行われ、過去10年に理事長・副理事長を歴任した人々をはじめ、同工組の発展に寄与した個人・企業を表彰した。  最後に大阪青年印刷人協議会のメンバーらが中心となって企画・制作した未来の印刷業に向けたメッセージビデオが流され、現在までの足跡を辿りながら先人に思いを巡らせるとともに、印刷業界発展に寄与した人々の功績を称え、今後も社会や会員企業から必要とされる組合であり続けるための決意を示した。  また、記念祝賀会では吉田理事長のあいさつに続き、国土交通副大臣・参議院議員の北川イッセイ氏と近畿地区印刷協議会会長の水落充氏が祝辞を述べ、近畿印刷産業機材協同組合の加貫順三理事長の発声で乾杯した。 夢が持てる印刷業の未来を次世代に 地域活性化リーダーを目指す 大阪府印刷工業組合 吉田忠次 理事長  60周年記念式典では、開会に先立ち吉田忠次理事長があいさつに立ち、変化の激しい時代にあって、印刷業が今後進むべき方向について、コンテンツメーカーとして歴史に裏付けられた技術と創造力を活かし、さらなる発展を目指すこと、組合員が一丸となって未来に向けて課題解決に果敢に取り組み、社会から必要とされる組織に成長していくことの必要性を参加者に熱く訴えかけた。  社会から必要とされる組織であり続ける  人に寄り添い、情報に寄り添い、私たち印刷人は「ものづくり」を極めてきました。  これからの印刷業の10年後、あるべき姿については、2014年に全印工連が発表した「印刷道」において、2020年に向けた印刷業の進むべき方向が示されています。  この中で「印刷物」を作るのではなく、情報発信者に寄り添い、「コンテンツ」の魅力を最大限に引き出す「情報伝達物」をつくるソリューションプロバイダーとして印刷業を位置付け、その取り組み事例などが紹介されています。  地域経済に密接に関係する私たち印刷業は言い換えれば地域の活性化なくしては語れません。地域活性化の大きな基盤は、交流人口拡大であり、私たちの町、大阪は大きな潜在的力を秘めています。  「観光立国推進基本計画」の効果もあり、2013年度には初めて外国人観光客の数が1千万人を超え、2014年度は1340万人となり、大阪においても430万人にも上っています。  これは無形文化財として登録された「和食」「和紙」、そして食器や伝統工芸品などの職人技、アニメやマンガのサブカルチャーなどに代表されるジャパンコンテンツが世界各国で支持され、空前の日本ブームが起こっているからです。今後も日本に感動体験を求めて訪れる観光客は間違いなく増加するでしょう。  私たち印刷業は「コンテンツメーカー」であり、「情報発信者に寄り添う存在」として、歴史に裏付けされた技と創造力、斬新なアイデア、繊細な気遣いなどの特徴を持っているのではないでしょうか。  その特徴を活かしながら来日する外国人観光客に向けて「五感に触る感動」「心に触る感動」にフォーカスを当てた感動体験を私たちが顧客と共に演出していかなければなりません。このような活動が地域活性を現実のものとしてくれるのではないでしょうか。  「印刷道」はもとより将来の印刷業を考えるキーワードは身近な日常生活の中に存在するのかもしれません。  一方で、組合という組織が組合員や社員、家族から見て「魅力的な組織であり続けられるのか」という問いかけを考えた場合、60年と言えば、人間では還暦、還暦を迎えた組織が、これからも必要とされるためには「未来に向けて果敢に課題に立ち向かい、さらには業界のみならず社会から必要とされる組織」に成長しなければなりません。  そのためには、目的を同じくする同志が集う組織であり、その目的を常に確認する議論は避けて通ることはできません。  世間や組織への迎合ではなく、われわれの存在が印刷業界に留まることなく、社員はもとより、地域経済の活性化リーダーとして社会からも望まれているのかと向かい合うことを意味しています。  私たちがビジョンを描き、掲げ、公益活動を磨き、そして魅力ある組合、業界にするべく活動を怠るようであれば、一体誰が私たちを支持し、組合員も所属する意義を見出すのでしょうか。  同志が集うか否かは、われわれが印刷業界や社会が抱えている課題や問題を的確に捉えるだけの知識や見識を持ち合わせ、その解決に向けて大きくメスを入れる強い意志と実行力を持ち合わせているかにかかっています。  このことが組織の継続・発展の核心です。次世代に向けて私たちを育てていただいた印刷業界やそして組合を、夢が持て、そして実現ができる場所として健全に引き継いでいく責務があります。  60周年を期に未来への礎、そして新たなるスタートとして位置付け、「常に新しいことに挑戦し」、魅力ある組合組織として次世代へとバトンを引き継いで参りたいと考えています。これから5年後、10年後も一層のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。(2015年6月10日号掲載) ≫ニュース全文を読む

2015年06月10日
PrintNext2016開催へ 来年2月6日に東京で 印刷業界青年部3団体が合同で実施  PrintNext2016運営委員会(全日本印刷工業組合連合会・全国青年印刷人協議会、全国印刷緑友会、日本グラフィックサービス工業会・SPASE21の印刷業界青年部3団体、滝澤光正運営委員長)が運営する合同イベント「PrintNext2016」を2016年2月6日、東京・大手町サンケイプラザで開催する。  「新しい価値創造への挑戦!~印刷から始める、日本の新時代~」をテーマとして、全国から集う志の高いリーダー達が、新しい価値創造へ挑戦すべく、経済活動のエンジンとして希望の未来を創造する決意を持ち帰ることができるイベントになるよう準備を進めている。  主催者一同、全国より多くの同じ志を持つ仲間の参加を募りたいと考えており、各団体を通じて全国の青年部への発信などを積極的におこなって行きたいと考えている。  このほど、「PrintNext2016」のフライヤー・ポスターが完成した。  今回のPrintNext2016のロゴのコンセプトは「ネットワーク・シナジー」。PrintNextのダイナミックな活動による可能性の拡がりをデザインで表現した。  今後このフライヤー・ポスターは青年部3団体を通じて全国の各地域に配布していく。  また、公式HP、FBページも立ち上がっている。(2015年6月10日号掲載) ≫ニュース全文を読む

2015年06月10日
印刷産業のPRムービー制作 若手メンバーが新鮮な企画で 愛知県工組 ブランディングツール開発  愛知県印刷工業組合(木野瀬吉孝理事長)はこのほど、印刷産業のブランディングツールとして、印刷産業をPRするムービー【お客様と文化を共創するビジネス・コンシェルジュ】を制作した。ムービーはYouTubeチャンネルで公開。  同ムービーは、愛知県印刷工業組合ブランディング委員会(荒川壮一委員長)のミッション(社会の若い才能たちが、印刷産業に魅力を感じてくれるような施策を展開することへ注力し、印刷産業をブランド化、社会における「印刷産業へのプライオリティ」を向上させること)を念頭に、委員会内で企画を創案、シナリオ構築したうえで、映像制作会社のエイチアンドダブリュー株式会社(東京都目黒区)に制作を依頼し、愛知県印刷工業組合として監修を行っている。  このムービーを通して、社会に対して印刷産業の魅力を正しくPRすることで、印刷産業の認知度を向上させ、ひいては印刷産業へ優秀な人材流入を創出するきっかけとなるよう制作した。時期を同じくして、一般社団法人日本印刷産業連合会が、この度策定した「グランドデザイン」のミッションのひとつにも、「社会に向けて印刷産業をアピールすること」を掲げたが、「魅力ある印刷産業としてのPR活動は、人材獲得の面からも有効である」との日印産連の声明は、愛知県印刷工業組合の思い、並びにこのムービーの意図するところと、全く同じ。  今後、業界関連イベントや、就職・転職市場向けなど、さまざまな機会を通じて本ムービーを閲覧・拡散できるような関連企画を施策していく予定。  尚、このムービー制作にあたっては、同組合会員企業および全国の印刷関連業界企業の108社より協賛を得ており、ムービークレジットにはすべての協賛企業の社名が掲載されている。社会に対して印刷産業の役割をPRする重要性を認識する企業の多さを表していると考える。(2015年6月10日号掲載) ≫ニュース全文を読む

2015年05月30日
JP展14日に卒業生が集い「JPA・関西応援団」を立ち上げる 求められる新時代継承者の育成に動き出すJPA 浅野健理事長が結団式で激励講演  後継者育成を目指す日本プリンティングアカデミー(JPA・浅野健理事長、猪股康之学校長)が、5月14日、「JP2015情報・印刷産業展」の開催会場となったインテックス大阪の6号館2階会議室で、JPA関西卒業生が参集して、次世代経営者の誕生を支援する「JPA・関西応援団」を発足させた。  後継者育成に関心を持つ企業経営者や候補者、あるいはメーカーなどからも同じ志を持つ人なら誰でもが参加できる。すでにOB会が組織されているが、OB会の縦系列に加えて横のつながりを重視する応援団構想によって、後継者育成思想の広がりを期待している。今回の結成を皮切りに、順次、東京、名古屋などでの結成が計画されている。  全国応援団の団長となる浅野理事長は、同日の結団式で、JPAの誕生経緯を説明するとともに、時代が求める事業継承者のあるべき姿を基調講演の形で描いてみせ、企業及び業界再構築への意欲を促した。その主要部分を紹介する。 生産技術から経営技術にシフト企業引継ぎ再構築する力を養う  今、本科の1年生と2年生、合わせて10人です。1年生が5人、昨年の1年生がそっくり2年生になりました。そして編入が1名、久々の二ケタです。そんなことで喜ぶのかと思うかもしれませんが、久々の二ケタで、学生が10人いてくれることでどれだけ学校が楽しいか。劇的に変わっています。  ありがたいことに、過去の蓄積があったので無借金、資金を使わないようにしてきました。何かのときのためにと思って減らさないようにしてきました。そして今、それを積極的に投資しています。設備投資、改修投資、そして人材投資。投資のないところにリターンはない。しかし投資リスクはあります。投資しても学生数は増えないかもしれない。どうしますか。そのときはやめたらいいじゃないか。もう役目を果たしたと思うしかない。  学校の前のマンションの1階に使わなくなったスペースがありました。そこをなんと兵庫県、大阪府、群馬県、青森県の卒業生たちが自分たちの東京事務所にしたい。4者が集まれば知恵も出てくるだろう。そんなことでこの4月から使ってくれました。そこを使ってもらうための投資もしました。その方たちも投資をしてくれて、学生と一緒に現実の苦労の話をしてくれています。  対象者はこれから印刷会社を引き継いでいきたい人たち。もっと言えば、従来型の印刷会社であることを打ち破って、もっとダイナミックに、自分が経営して喜べる、楽しめる。そして、仲間たちにもそう思ってもらえる企業にリニューアルしたい。もうリフォームでは間に合わない。一度更地にして、そこに再度建物を構築する。そんな覚悟を持ってくれる人に育てたい。  今までは、印刷物を製造するための勉強でした。しかし、これからは経営をサポートするための技術教育。例えば印刷現場の温湿度管理は工場マターですか。私はそうは思わない。  これは経営マターです。メンテナンスはどうですか。メンテナンスは時間がかかります。その時間を生産時間からどう作りだして、その時間は何が何でもメンテナンスにあてる。その覚悟は工場マターですか。経営マターでしょう。  実際にメンテナンスは何をやるのですか。温湿度管理を前提として、例えばドットゲインの管理は月に1回でいいのですか。濃度管理だけでいいのですか。さまざまなチェックポイントがあります。それをチェックしないと、それが少しでもぶれると、どんな現象が出てきますか。裏付き、ムラ、さまざまな現象が出てきます。だからメンテナンスが必要になります。  しかし、そのメンテナンスは時間も明確に与えられていない。しかし、メンテナンスのチェック表だけはある。どうなりますか。やったことにしてしまいます。忙しいからできなかった。明日も忙しいに決まっている。納期がずれたやつがまた入ってくるのだから。そうすると最初に決めたものが形骸化していきます。そうするとどうなるか。あとで高い請求書が回ってきます。機械の修繕費です。10年もつ機械が、なぜうちは6年なのかということになる。だから経営マターです。それを今からわかってほしい。理解してほしい。 先輩の苦労を醍醐味に変えて 自ら考え行動する経営者目指す  素晴らしい印刷機のオペレーターになりたい。そういう人は、技術を学べるところに行けばいいと思います。小森さん、あるいはハイデルに行って、毎日OJTで先輩から教わりながら、盗みながら、スキルの高い印刷オペレーターになってください。でもわが校はそれとは違います。経営というサイドで、もう一つは発注者の視点で印刷を知ってもらいたい。なぜなら、発注者の上を行きたいからです。だから提案につながるのです。  今までは内向きの教育でした。今やっていることは違います。外向きです。単に経営者の養成、経営者の予備軍の養成ではありません。先進的な経営者になってもらうために、この学校で時間を費やしている間にその覚悟を決める。その醍醐味を先輩たちから耳にして、俺もやるぞ、困ったときは仲間がいるじゃないか。こういうことです。自分で考える。自ら考えます。学校の中では学校長と呼んでいません。われわれが主役ではない。主役は学生、お客さまは学生です。自分たちはスタッフです。コーチです。猪股さんはヘッドコーチと呼んでいます。  自分たちだけで教えきれるものではないから、さまざまな方のご協力をいただいています。いただいているのではなくて、いただけるようになりました。それは何よりも学生たちの熱意です。今日の話の中にもありましたが、先生がビックリします。「いろんなところで教えているが、ここの学生は、数は少ないが目の輝きが違う。また来るよ」と、一人の学生の補講のために朝8時から来てくれる先生はいません。しかも謝礼はほとんどなしです。  われわれの先輩には、自分たちが経験したことの中で大切なことは伝えていきたいという思いがあります。親子だと伝わりにくい。ついつい「そんな甘いものではない。俺の若いころは」と私でも出そうになります。だから「あのバカ」と言ってしまう。同じような星の下に生まれて、そこから逃げ出せない宿命を持った子たちが、せっかくその星の下に生まれたのなら、そうではない人に失礼のないようにしたいじゃないか。自分たちはなんと恵まれているのかということを肌で感じてほしいじゃないか。そのためには今までのことから学びましょう。親の背中を学びましょう。最初は今までの領域を守り、それを破って最後には離陸、テイクオフしていく。それを2年間、自らたたき込んでもらいたい。そんな環境に今はなっています。  少数だからできる。確かにそのとおりです。マックス25人、1年生15人、2年生10人、これが猪股さんの限界。教室はもっとあります。一時は1学年30人を超えていましたが、猪股さんの情熱、曹さんの情熱、野口さんの情熱、東京でがんばってくれている先生、留守をしてくれている先生、その方たちの情熱の限界です。正直だと思う。普通の学校だったら面白くも何ともない。何よりも、38期の卒業生たちはほぼ全員が現役です。こんな学校がありますか。OBのほとんどがこの産業の中にいて現役。しかも、それぞれ色が違います。個性が違います。そんな人たちが今、教壇に立っています。それも昔のイメージの教壇ではない。フラットな状況の中で自分の失敗談を語り、自分の思いや情熱、さまざまなことを伝えてくれています。  カリキュラムは毎年変えます。今年と同じカリキュラムで来年もやるなんていうのは講師たちの怠慢です。世の中は動いています。一番主のところ、一番大事なところ、昨年と同じなんてありえない。そんなものを学生たちにぶつける。それでいてコーチたちは学生からいろんな刺激を受けて、僭越な表現ですが、成長してくださる。そんな環境です。  残り15人、早い者勝ちです。「どうだ」と皆さんにお伝えするので、皆さんもぜひ、なるほど面白そうだと思ったら、とにかく一度来てください。見事に明るくなりました。ぜひおいでください。そして、学生たちの目を見てやってください。そのときに許される時間、1時間でも2時間でも3時間でも、学生たちに語ってやってください。ぜひお願いします。  この印刷業界に残り、印刷産業を建てなおして、新しい産業界をつくっていく。そのための原動力に必ずなる。必ずしてみせる。そういう思いを講師たちは持っています。学生たちも持ってくれています。ぜひ、皆さんのご理解、ご協力をいただければ大変ありがたい。どうぞよろしくお願いします。(2015年5月30日号掲載) ≫ニュース全文を読む

2015年05月14日
JP展速報 会場案内  この新聞は、ご来場の方それぞれに異なるバリアブル情報を提供しています。「バリアブルスタンプラリー」の赤字表記「エントリーナンバー」によって、あなただけがJP展会場で使える「特典情報」であることを保証しています。 写真は5号館の入口前で開催された開会式でのテープカットの様子(キャプション) 印刷と電子メディア 共存発展の時代を先駆ける 変わる業界を反映し、JP展会場も変化 開会式に各界から来賓が列席  5月14日午前9時30分、「JP2015情報・印刷産業展」が開幕した。  近畿経済産業局、大阪市経済戦略局振興部、大阪府商工労働中小企業支援室ものづくり支援課をはじめ大阪府印刷工業組合、近畿印刷工業会など来賓80名を迎えた開会式が行われ、16日まで3日間にわたる「収益に転嫁できる付加価値づくり」に向けた市場活性化策が88社235小間の規模で来場者を迎え入れた。  受注産業から創注産業への転換を宣言して、新たな営業手法に糸口を見つける第2世代型の「印刷とデジタルの融合化」に取り組むJP2015展は、マーケティング営業を基本として、紙媒体とインターネットをつなぐ融合技術を、ARポスターとスマートフォンを介した「ビーコンチャレンジ」やバリアブルインクジェットヘッドを既存オフ輪に追設して一人一人が異なる訪問先情報でスタンプを集める「バリアブルスタンプラリー」の2つの企画で、スマホ有りとスマホ無しのデジタル融合策を比較できる試みが組み込まれた会場を演出した。  挨拶に立った西井幾雄JP産業展協会会長は「足元を固めた新しい風は大阪から発信される。印刷を刷る技術の産業から、お客様の側でお役立ちする産業に。多くの方々の体験から明日につながるご意見がもたらされることを期待したい」と出展各社と一体化したJP展の内容に自信を示していた。 企画提案営業の新たな展開 印刷と電子の融合をベースに バリアブル機能をラリーで体感 スマホとARでO2O誘導も 2つのラリーでデジタル融合の形を比較体験  社会環境の変化に影響を受ける印刷需要。印刷物は購買行動の活性化に直結、結びついてきているだけに、爆発的な伸びを示すスマホユーザーと共存する媒体機能が求められてきてもいる。  今年のJP展は「ものづくり大阪・生活を彩る印刷技術」を主題テーマに掲げ、印刷技術が市民生活の中に色濃く、より深く浸透させることで、日常生活に豊かさを届け、同時に地域経済の活性化を促す使命を再提示していく。同時に、印刷企業が具体的にどのようなカタチで、「生活に彩りを添えるのか」についても、サブテーマである「付加価値づくり」を追求することによって、印刷物を発注するクライアントが意図する「増客増収」を具現化する仕組みによって寄与していく考えを示していく。  「伝えたい情報の固定化」によって多数の人々に同一情報を間違いなく伝える印刷物の特性と、「その場のニーズをすくい取り」伝えることで購買能力を高めるデジタルメディアの特性をどのように融合させ得るのか。JP展では、主催者企画として「来場者参加型の2つの試み」を実施し、印刷とデジタル機能の融合化の実効性を検証してもらうイベントを実施する。  1つはスマホなどの特別な通信機器を使わずに、バリアブル印刷機能を搭載した商業オフ輪で速報版として会場受付で配布する「印刷タイムス・会場案内版」の1面に掲載する「バリアブルスタンプラリー」で、来場者の一人一人に異なるラリー先が指定された可変情報印刷物の基本ケースを体験してもらう。  もう1つは、iBeaconを装着したARポスターとiPhoneの組み合わせで、主催者サイドのサーバーと結び、会場出展企業8社のポスターを閲覧することで、それぞれのポイントを獲得、8つのポイントを獲得すると今回のJP展テーマ「印刷の価値と付加価値づくり」の考え方を記載した電子ブックをダウンロードする資格が与えられる「アイビーコンチャレンジ」ラリーとなっている。  スマホが普及しているとは言え、来場者すべての人が常時携帯しているとは限らない。またARアプリのダウンロードを面倒と感じる人もいる。しかし、オンラインから実店舗に直結することで得られるメリットも多くある。JP展ではスマホを使わない「バリアブルスタンプラリー」とスマホとARに依存する「アイビーコンチャレンジ」の2つの事例を用意し、それぞれの利便性を体験しながら対比、実感してもらう企画としている。  JP展に出展する88社のブースは、基本的な「収益に転嫁できる付加価値づくり」への支援技術やソリューションが235小間のスペースで公開されている。生産コストの見える化を図る各種ソフトから、現場作業での省資源化を図ることで実益を追求するトータル提案、差別化技術やニッチ技術の提案、多機能化製品、アナログ機能とデジタル機能を組み合わせたハイブリッド製品、拡散する販売店を統一管理すると同時に各店舗独自のデータを差し替えるデータベース化ソフトなど、収益確保に向かう印刷業界に新たな視点から有益な提案が行われている。(2015年5月14日号掲載) ≫ニュース全文を読む