業界ニュース
Industry news

トップ > 業界ニュース

業界ニュース一覧
684件中 21~30件を表示

2019年09月05日
 一般社団法人日本グラフィックサービス工業会(ジャグラ、中村耀会長)主催、NPO法人日本自費出版ネットワーク(中山千夏・川井信良代表理事)主管の第22回(2019年)日本自費出版文化賞」の最終選考会が9月4日、吉祥寺・東急REIホテルで開催され、508点の応募作品の中から大賞に岡村啓佐氏(高知県高知市)の「NO NUKES ビキニの海は忘れない」(グラフィック部門)が決定した。この他、部門賞(7点)、特別賞(7点)が決定した。表彰式は10月13日アルカディア市ヶ谷で行われ、大賞には賞状と賞金20万円が贈られる。  主催者を代表して中村耀ジャグラ会長が挨拶し、鎌田慧審査委員長は「22回目になり、順調に進んでいる。出版は不況、雑誌や単行本の発行部数が減り、これはスマホの影響と言われている。しかし、活字文化は滅びることはない。なぜなら、活字文化によって人間の知性が磨かれ、感性が広がる。商業的な出版物は減っても表現したちという欲求は減らない。形として残したい、本を読む手触りはずっと続いていく。自費出版ネットワークがあることは大きな励みとなり、活字文化を広げていく」と述べた後、鎌田委員長から大賞、部門賞、特別賞が発表された。  鎌田委員長は大賞作品について「被爆者を写真にした作品。貴重な自費出版であり、今の出版界に対して、極めて明確に示している」と審査講評を語った。 大賞作品を発表する鎌田慧審査委員長 入賞作品は次のとおり(敬称略) ■大賞  〈グラフィック〉NO NUKES ビキニの海は忘れない(岡村啓佐・高知県高知市) ■部門賞  〈地域文化〉朝日人―ふるさとの心を伝えるー(齋藤幸子・山形県鶴岡市)  〈個人誌〉サクラサク 青春の記憶(本間淑子・東京都江東区)  〈小説〉教室の座敷童子(にむらのりよし・長野県松本市)  〈エッセー〉BUNJI劇場(酒匂鶴子・山形県新庄市)  〈詩歌〉小山榮治歌集 流離(小山榮治・東京都多摩市)  〈研究・評論〉中・近世における寺社造営と様式に関する建築史的研究(東野良平・大阪府吹田市)  〈グラフィック〉大蛇のすむ森 私のアマゾン(陣内すま・東京都千代田区) ■特別賞  〈地域文化〉天草キリシタン遍路―世界文化遺産への道―(玉木譲・熊本県天草市)  〈個人誌〉千年浪漫 山川設計五○○棟の軌跡(山川幹夫・東京都港区)  〈小説〉ハチドリの歌(松田潤治郎・東京都豊島区)  〈エッセー〉ゆるり良寛さんー玉島円通寺のゆかり(器楽堂ゆう子・岡山県倉敷市)  〈詩歌〉ドロップ缶(中村ひろ子・神奈川県川崎市中原区)  〈研究・評論〉新島襄の教え子たち(本井庸博・京都府京都市)  〈グラフィック〉『祈りの彫刻リーメンシュナイダー3部作』(福田緑・東京都清瀬市)  10月13日開催の2019日本自費出版フェスティバルで、第1回自費出版即売会が開催される。第1回の即売会は20余年の歴史を持つ日本自費出版文化賞の受賞作品が34点販売される。手に入りづらい各分野の貴重な本が著者とともに登場。 開催概要は次のとおり。 ▽日時=10月13日(日)12:00~16:30 ▽場所=アルカディア市ヶ谷(私学会館)  なお、同日12:30~13:00に、自費出版アドバイザーによるワンポイントアドバイスセミナーが開催される。「少しでも安く本をつくりたい方にアドバイス」「書店流通を考えている方にアドバイス」など、参加無料。 ≫ニュース全文を読む

2019年09月03日
公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT、塚田司郎会長)は、JAGAT会員の集い「JAGAT大会2019」を、10月23日(水)にホテル椿山荘東京において開催する。 例年通り、参加者にはJAGATの最新刊『印刷白書2019』が配付される。 JAGATが標榜する「デジタル×紙×マーケティング」は単にスローガンに留まるものではなく、新たな印刷ビジネスを生み出すために、実践につなげてこそ意味をなすものだ。「JAGAT大会2019」では、実際に"飯のタネ"となった、豊富な実例を交えながら、これからの経営・成長戦略について考えていく。 今回、特別講演として外食産業のカリスマとも言われる横川竟氏に登壇いただき、82歳にして現役バリバリの氏の経営哲学を伺う。 [JAGAT大会2019開催概要] ●開催日時:2019年10月23日(水)14:00~19:15(予定) ●会場:ホテル椿山荘東京(東京都文京区関口2-10-8) ●対象:印刷産業・同関連業の経営者、経営幹部並びに人事・労務・営業責任者 ●定員:200名 ●主催:公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT) ■プログラム: ◇第1部 ■ご挨拶 14:00~14:10 (公社)日本印刷技術協会 塚田 司郎会長 ■講演1 14:10~14:40 「JAGAT最新調査から読み解く印刷業界の最新動向」 ~『JAGAT印刷産業経営動向調査2019』+『印刷白書2019』にみる業界動向 (公社)日本印刷技術協会 研究調査部部長 藤井 建人氏 ■特別講演 14:40~15:40 「商売と経営~売れて・喜ばれて・儲かる」 (株)高倉町珈琲 代表取締役会長 横川 竟氏 ファミリーレストランという言葉を生んだ「すかいらーく」の創業者にして、現在「高倉町珈琲」を展開し現役で活躍する横川 竟氏が、60年の商売と経営の経験で得た、業種に関係ない「原則」を皆と一緒に考える。 ■休憩(コーヒーブレイク) 15:40~16:00 ◇第2 部 ■ディスカッション 16:00~17:40 「実践!デジタル×紙×マーケティング+AI」 アウトブレイン ジャパン(株) 顧問/アビームコンサルティング(株) 顧問 本間 充氏 SENSY(株) 代表取締役CEO 渡辺 祐樹氏 (公社)日本印刷技術協会 専務理事 郡司 秀明 氏 AI の活用等、印刷ビジネスの新たな源泉を発掘すべく、デジタルマーケティング推進者、AI ソリューションの専門家を招き、ディスカッションを行う。 ◇第3 部 懇親パーティー 17:55~19:15(80 分) ■詳細URL:https://www.jagat.or.jp/jagattaikai2019 ≫ニュース全文を読む

2019年09月02日
電子出版制作・流通協議会(電流協)は9月26日、電流協オープンセミナーを開催する。 【タイトル】 「電流協アワード受賞者が語るデジタルパブリッシングの未来」 【内容】 電流協アワード2019受賞者に受賞案件の概要を紹介し、目指す方向、狙いを通してデジタルパブリッシングの未来を語ってもらう。 また、電流協アワード選考委員長の植村八潮氏をコーディネータにトーク形式で受賞者のお話を伺いながら、参加者も交えた質疑応答を通して、デジタルパブリッシングの未来を探っていく。 【コーディネータ】  植村八潮氏 (専修大学教授、日本出版学会会長) 【登壇者】  14:00-14:20 鈴木綾一氏 (講談社              ヤングマガジン編集部 少年ジャンプ+ 副編集長)         電流協大賞:「DAYS NEO」  14:20-14:40 籾山悠太氏 (集英社 週刊少年ジャンプ編集部 主任)         電流協特別賞:少年ジャンプアプリ開発コンテスト、及び、                マワシヨミジャンプ  14:40-15:00 水野圭輔氏 (ピースオブケイク ディレクター)         電流協特別賞:noteクリエイター支援プログラム  <休憩>  15:10-15:30 五木田隆 氏(ベネッセコーポレーション                     まなびライブラリー開発室 室長)         電流協特別賞:電子図書館まなびライブラリー  15:30-15:50 伊東 敦氏 (出版広報センター、集英社 編集総務部)         選考委員会特別賞:ABJマークの推進、及び                  STOP!海賊版キャンペーン  15:50-16:10 クロージング 植村八潮氏  16:10-16:40 電流協の活動の紹介(電流協事務局) 【開催日時】 2019年9月26日(木)14:00-16:40(13:30 開場・受付開始) 【開催場所】 〒102-0082 東京都千代田区一番町25番地 JCIIビル 6階会議室 アクセス:http://www.jcii-cameramuseum.jp/map/map.html 最寄駅:東京メトロ・半蔵門線  半蔵門駅 4番出入口より徒歩1分 ※ JCII…Japan Camera Industry Institute       一般財団法人 日本カメラ財団 【参加費】 電流協会員(一般会員):無料 電流協会員(賛助会員):無料 その他:1名につき2,000円(当日会場にて支払う) 【定員】 100名 ※定員を超過した場合は断る場合がある。 【申込み方法】 下記URLより申し込む。 https://aebs.or.jp/seminar20190926.html ≫ニュース全文を読む

2019年08月30日
公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT、塚田司郎会長)は、2019年10月8日(火)に研究会セミナー「プロセスオートメーションがもたらす未来」を開催する。 印刷業界において大ロット生産から小ロット生産へのシフトが進んでいる。 件数の多い小ロットの仕事を効率的にこなすには生産方式の対応だけでなく、ワークフロー全体での対応が求められている。スケジューリングの効率化、工程間での滞留ロスの削減、低コストで高精度な品質検査など従来とは異なるニーズが増えてくる。 それらに対応すべく、RPA、FA、MIS、自動検査・・・様々なアプローチがされている。 IT技術、AIアルゴリズムなどを活用して、総合的に印刷業務全体のプロセスをオートメーション化する将来像を思い描くヒントを提供する。 ■ 開催概要 ●主催:公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT) ●日時:2019年10月8日(火) 14:00-17:10(定員40名) ●会場:公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT)3Fセミナールーム 東京都杉並区和田1-29-11 ●参加費:JAGAT会員:11,000円、一般:15,400円(税込) ■ セミナー内容・プログラム ※詳細はWebを参照のこと。https://www.jagat.or.jp/tg101520266 ●14:05-14:35 ネットワークカメラ/画像処理による工程自動化 キヤノン株式会社 ●14:40-15:10 印刷画像検査へのディープラーニング適用 タクトピクセル株式会社 ●15:20-16:10 PrintOS による印刷業務効率向上 株式会社日本HP ●16:20-17:10 3つのキーワードで示す印刷業界の将来像 富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ株式会社 デジタルプレス事業部 山中翔太 氏 ≫ニュース全文を読む

2019年08月27日
公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT、塚田司郎会長)は、9月24日(火)に研究会セミナー「印刷の価値を変える、デジタル印刷事例」を開催する。 印刷需要の成長が見えにくい中、デジタル印刷の活用が着実に広がりつつある。バリアブルや小ロットなどオフセットでは実現できない、デジタル印刷の強みを発揮した新たなビジネスが本格化している。 ねこのしっぽは同人誌印刷を得意とする企業だ。コミケに出展する個人ユーザーの求めに応じてデジタル印刷とオフセット印刷を使い分け、成長を続けている。 連帳型インクジェット印刷機を導入した東洋美術印刷では、保険会社の約款やマニュアル・取説など小ロットの冊子印刷で業績を上げている。 吉村は日本茶パッケージの軟包装デジタル印刷に 10 年ほど前から取り組んでいる。多品種少ロットを積み重ね、同機種での世界 No.1 の生産量を誇っている。 さまざまな切り口でデジタル印刷に取り組む事例から、今後の方向性と可能性を学ぶ機会とする。 ■ 開催概要 ●主催:公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT) ●日時:2019年9月24日(火) 14:00-17:00(定員40名) ●会場:公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT)3Fセミナールーム 東京都杉並区和田1-29-11 ●参加費:JAGAT会員:10,800円、一般:15,120円(税込) ■ セミナー内容・プログラム ※詳細はWebを参照のこと。https://www.jagat.or.jp/tg101520265 ●同人誌出版におけるデジタル印刷 有限会社ねこのしっぽ 代表取締役 内田朋紀氏 ●マニュアル・冊子分野のインクジェット活用 東洋美術印刷株式会社 代表取締役社長 山本久喜氏 ●日本茶パッケージとデジタル印刷活用 株式会社吉村 取締役生産本部長 植田勝利氏 ≫ニュース全文を読む

2019年08月23日
 日本フォーム印刷工業連合会の夏季講演会終了後、場所を移動して、関東フォーム印刷工業会(林陽一会長)は2019年度「夏季懇親会」を開催した。  林会長は「我々、フォーム工連は寺子屋プロジェクトを始めてから1年半が過ぎた。プロジェクトでは経営力、技術力、マーケティング力の3本柱を軸にいろいろなセミナーや勉強会を開催し、会員の方々が参加している。今まで以上、正会員は積極的に企業力、企業の価値の向上に努めてほしい。今日の講演会では、理性と感性の話しだったが、我々の業界は体質が古く、新しい仕事やイノベーションを起こしていかなればならない。情報をお客から預かっており、ただ紙に印刷する作業だけでなく、蓄積や分析を超えてサービスのはばを広げていかなればならない。いろいろな形で同業他社と協業して新しいビジネスを展開し、付加価値を高めたサービスをしていかなければならない。厳しい時代になっているが、ビジネスチャンスは必ずある。ユーザーとともに作り上げて具現化していく業界にしたい」と挨拶した。  次いで、来賓の櫻井醜日本フォーム印刷工業連合会会長は「感性や美意識は経営に非常に役立つ。同業との差別化ができないのはなぜか。感性、品性、独自性、これらに貫くのは美意識だ。但し、いろいろなことを勉強しないとダメだ」と述べ、講演会の感想を語った。  引き続き、宮腰巌日本印刷産業機械工業会会長は「PODiの最近の情報で、今、アメリカでは紙の印刷が重要視され、DMは今後伸びていくであろうと言われている。購買を決定する60%が家庭内だという。従って、購買意欲を誘発する企画やデザインをすることで、ますますDMは伸びる」と述べ、印刷業界における統計を紹介した。  この後、杉村亥一郎日本印刷産業連合会専務理事の発声で乾杯し、歓談に入った。  歓談の途中で、講演会の講師の山口周氏と新会員の吉澤和江太陽堂封筒社長が紹介された。 林陽一会長 ≫ニュース全文を読む

2019年08月23日
日本フォーム印刷工業連合会(櫻井醜会長)は8月22日、文京区関口・ホテル椿山荘東京で「2019年度夏季講演会」を開催、120名が参加した。同連合会では毎回素晴らしい方々を招き、講演会を開催しているが、今回は「ビジネス書大賞2018」で準大賞を受賞した『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?』で、「これからの時代、企業人は“美意識”が最も重要になる」と訴え続けている著者の山口周氏(ライプニッツ代表)を講師に迎え、『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?“世界は変わり、戦い方も大きく変わる”』をテーマに講演した。 まず山口氏は準大賞を受賞した著書にふれ「微妙な売れ行きをした。クリエイティブ産業の方々が、この本はとても大事なことを言っているとクチコミで読まれるようになり、売り出してから半年、アマゾンでベストセラーになった」と述べ、「スペースコロニーに移住するとし、一つだけ持っていくとしたら何を持っていくか」という問いに対して「答えた人の8~9割が18世紀以前に作られたもの、例えば城や和食などをあげる」と語った。 また、日本人は美意識が高いと言われるが、電線の地中化率は東京8%、大阪5%だ。パリ、ベルリン、ワシントン、ロンドンでは100%、東南アジアにおいてもジャカルタでは50%という現状を紹介し、現代という社会の特徴として、モノが過剰でありモノを無くす方がいいと、世界でコンマリ(近藤麻理恵)著の片づけの本が売れていると紹介した。 さらに、「役にたつこと」に意味がなく、「意味があること」に価値が生まれる時代であり、大きな価値を生み出すものは理性と感性であると強調した。 山口周氏 ≫ニュース全文を読む

2019年08月23日
活版TOKYO運営事務局主催、千代田区、千代田区商工業連合会後援で、「活版TOKYO2019」が8月30日(金)、31日(土)、9月1日(日)の3日間、神保町三井ビルディング/テラススクエアで開催する。入場無料。 活版TOKYOとは、活版印刷という昔ながらの、そして最近あまり見なくなった技術に再び光を当て、活版印刷の魅力を様々な世代の人達に知って欲しいという思いから、2015年より始まったイベント。 印刷に関わる作り手と、印刷や紙に興味のある方が直接出会い、 より身近に活版印刷の魅力を感じ触れる場として、 またこれからの活版の在り方を様々な形で発信していくイベント。 開催内容は次のとおり。 ■活版マーケット 総勢48組の出展者が一同に集まる活版マーケット。 ■活版TOKYOで体験できるワークショップ 箔名入付手製本ジャバラノート/ドット文字を活版でつくる/筑紫書体見本カードをつくる/ 美篶堂製A7のノートに名入れ/活版TOKYO清涼うちわ ■世界の活版展 〜アジアンマーケット〜 アジアを中心に活躍されている5スタジオを招く。 海外の素晴らしい活版印刷作品を「世界の活版展 ~アジアンマーケット~」にてお楽しみください。 ■活版トークショー トークショー 溝活版の流儀ー素人活版の55年ー ゲスト:横溝健志氏 クロストーク 文字の魅力ー活版活字からデジタルフォントまでー ゲスト:藤田重信氏/関口浩之氏 ■活版展示 フォントワークス/溝活版/研究社印刷 ≫ニュース全文を読む

2019年08月20日
公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT、塚田 司郎会長)は、若手、中途社員を対象にしたフォローアップ教育プログラム全8テーマを10月に開催する。  若手、中途社員の早期育成を目的に、①印刷技術基礎 ②営業活動の基本 ③ビジネス基礎力強化の3つの視点から、印刷物を製作するための基本的な技術知識、印刷営業の基本的な考え方、組織人としての信頼関係を作るための意識の持ち方などを再確認する。  今年度は「DTP基礎」「デジタル印刷」「製本加工」の3講座を新設した。「DTP基礎講座」では基礎の総復習とともに、さまざまな場面に対応できる応用力を養う。「デジタル印刷講座」では技術基本に加え印字できる媒体の幅が広がったことや、オフセット印刷とデジタル印刷の違いを取りあげ、デジタル印刷の特長を活かした使い方を学ぶ。また、「製本加工講座」では工場見学を交えて、印刷物を最終製品に仕上げる工程を学べる内容になっている。 [詳細Webページ]https://www.jagat.or.jp/archives/65100 ■プログラム ●新人・若手社員「基礎力向上」講座 10月 8日(火) 10:00~17:00 <組織><個人><人間関係>の3つの視点から、組織人としての意識づけや職場での信頼関係の 作り方、成果を出す仕事の進め方などを解説する。 https://www.jagat.or.jp/archives/24768 ●必須!基礎から学ぶ印刷技術 10月 9日(水) 10:00~17:00 印刷物製作の技術革新が進む一方、作業間の連携をスムーズに行うためには、ベースとなる基礎知識を整理する必要がある。印刷の基本の再確認、フォローアップ教育に最適。 https://www.jagat.or.jp/archives/17577 ●DTPの基礎総点検 10月10日(木) 13:00~17:00 DTPの工程概要からソフトの機能、データの入出力に関するチェックポイントを確認し、印刷用データ作成に必要な専門的知識や注意点を確認する。 https://www.jagat.or.jp/archives/64819 ●デジタル印刷の基礎を知ろう 10月15日(火) 13:00~17:00 デジタル印刷の基礎知識と新しい技術の特長を学び、営業マンや企画担当者が自社の技術と顧客のニーズとの調和をはかった営業活動をするためのヒントが得られる。 https://www.jagat.or.jp/archives/65634 ●基礎から学ぶ製本加工 10月16日(水) 13:00~17:00 エンドユーザーに刺さる効果的な製品を短納期、低コストで実現するためには製本加工の正しい知識が必要です。製本加工を基礎から学習し、簡単な実習や工場見学を通じてスキルを高める。 https://www.jagat.or.jp/archives/65643 ●印刷営業の基本プロセスと実務知識 10月17日(木) 13:00~17:00 中途入社社員や印刷営業の経験が浅い方を対象に、印刷営業の基本的な業務の流れを再確認するとともに、顧客との人間関係づくりや日常活動のポイントについて解説する。 https://www.jagat.or.jp/archives/42957 ●印刷見積り基礎講座 【講義編】 10月28日(月) 11:00~18:00 印刷見積りの背景や項目を解説し、平版オフセット印刷およびデジタル印刷について、体系的な知識を身につけることを主眼としている。 https://www.jagat.or.jp/archives/2967 ●印刷見積り基礎講座 【演習編】 10月29日(火) 10:00~18:00 商業印刷物(チラシ・パンフレット)や出版印刷物(書籍・雑誌)の事例を元に、見積り計算必須項目を確認し、積算方法を実践的に学ぶ。 演習を通して実務能力を高めるセミナー。 https://www.jagat.or.jp/archives/2978 ■会場: JAGATセミナールーム(東京都杉並区和田1-29-11) ※「基礎から学ぶ製本加工」は加藤製本セミナールーム(東京都新宿区水道町4-3)内で実施する。 ≫ニュース全文を読む

2019年08月16日
 CCGA現代グラフィックアートセンター(福島県須賀川市)では9月14日から12月22日まで「柔らかな版:タイラーグラフィックス・アーカイブコレクション展Vol.32」を開催する。  木版画や銅版画が、硬い版材の表面から紙へとインクを写し取る技法であるのに対し、スクリーンプリント(シルクスクリーン)は、柔らかい布の織り目を通してインクを転写するという点が大きな特徴だ。  古来より各地でおこなわれてきた繊維の型染めに起源をもつともいわれるスクリーンプリントは、19世紀から20世紀にかけてのヨーロッパやアメリカにおいて発展した、版画・印刷の技術としては新しいものだ。スクリーンプリントでは、メッシュとも呼ばれる薄い布を枠に張ってスクリーンとし、その一部に目止めを施す。スクリーン全体の上からスキージという道具でインクを下に押し出すと、目止めのない部分の布目を通してインクが支持体に転写されて絵柄になる。他の版種より比較的手軽なうえ、紙以外にもさまざまな素材に刷ることができるこの技法は、最初に商業印刷や工業の分野で活用されるようになった。  感光乳剤を使って目止めをおこなう写真製版技術の確立を経た1960年代以降、スクリーンプリントは美術表現のための版画技法としても大きな注目を集めることになった。とくに、広告や漫画からの直接的な引用を現代のイメージを表現する手法として用いたポップ・アートの作家たちは、写真製版により既成の画像を転写することが容易な点に注目し、スクリーンプリントを作品制作に積極的に取り入れた。また、ハード・エッジとも呼ばれた幾何学的抽象絵画の作家たちも、インクを厚く盛ることによりフラットで物質感の強い色面を得られる点を生かして、スクリーンプリント作品を数多く制作した。その後も、独特の明瞭な画面を実現できるこの技法は、さまざまなアーティストを惹きつけてきた。  同展では、CCGA所蔵のタイラーグラフィックス・アーカイブコレクションから、アメリカ現代美術を代表する作家たちがニューヨークのタイラーグラフィックス版画工房を舞台に生み出したスクリーンプリント作品を展示する。また、商業印刷の分野におけるスクリーンプリントの使用例として、日本のグラフィックデザイナーたちがこの技法を用いて制作したポスター作品の小展示を同時開催する。同展が、スクリーンプリントの幅広い魅力に触れる機会となれば幸いだ。 ≫ニュース全文を読む