業界ニュース
Industry news

トップ > 業界ニュース

業界ニュース一覧
659件中 21~30件を表示

2019年06月25日
 東京地区印刷協議会(黒澤文雄会長)は6月24日、中央区新富・日本印刷会館で令和元年度上期東京地区印刷協議会を開催し、各委員会で討議した後、全体会議で全印工連事業説明、幸せな働き方改革STEP3の説明などした。  黒澤文雄東京地区印刷協議会会長は「全印工連が推し進めている内容を深く理解して頂きたい。用紙価格動向調査結果や働き方改革の案内や説明をする。積極的に挙手して質問して頂きたい。中身の濃い討議になれば幸いだ」と開会挨拶した。  次いで、臼田真人全印工連会長は「全体会議からパートナーシップ会員も参加している。会長、副会長の4名で各地区協に出向き、令和元年度事業の説明している。私は会長に拝命してから4年目、3年間、各地域、声をかけてきたが、改めて、東京、東印工組の経営者は気が短い。せっかちだ。東印工組の運営は先輩たちが築き上げたいいものは残し、無駄なものを省く。変わる時代、環境に合わせて情報を流し、伝えていく。印刷業界、勝ち負けが見えている。1社ではできないことを全印工連として国の方へ施策提言を準備している。そのために、7月終わりから8月にかけて全印工連で調査を行う。回収率100%を目指して展開する」と述べた。  次いで、全印工連事業説明に入り、①用紙動向調査結果(池田全印工連資材対策委員長)、②印刷営業講座・認定試験(土屋全印工連教育研修委員長)、③技能検定プリプレス職種(DTP作業)受験のすすめ(同)を説明した。 引き続き、池田全印工連常務理事が幸せな働き方改革STEP3 業務改革について説明した。今後、今年11月STEP4 就業規則、2020年3月STEP5 人事考察・給与規定が完成予定。  この後、東京紙器工業組合主催の「ハコの日2019」イベントの案内が行われた。「ハコの日2019」は、8月2日(金)、3日(土)の二日間、11:00~19:00東京駅丸の内南口前「KIITE」地下1階 東京シティアイパフォーマンスゾーンで開催される。同イベントは、東京のハコ屋さんによる、魅力的なハコをお披露目するイベントで、クイズやワークショップもあり、子供から大人まで楽しめる。また、ハコ屋さんの商品も販売される。Twitter、Facebook、Instagramで情報を更新。  黒澤文雄東京地区印刷協議会会長   ≫ニュース全文を読む

2019年06月24日
 豊島区印刷関連産業団体協議会(豊島区印刷関連協、亀井一司会長)は6月21日、サンシャイン クルーズ・クルーズで令和元年度 定時総会を開催し、原案どおり承認された。  亀井一司会長(亀井印刷・東印工組)は平成30年度の関連協の事業を振り返り、第12回『としまMONOづくりメッセ』(入場者数19,102名)、豊島区立小学校新一年生に「おおきくなあれ」ファイルを1,475冊贈呈、海外21カ国の子どもたちへ「リサイクルノート」がジョイセフをとおして贈呈したことを報告し、「皆さんの協力でここまできた」と感謝の意を示した。  議長に福田浩志常任幹事(ウエマツ・東印工組)を議長に選出して平成30年度事業報告並びに同決算報告および令和元年度事業計画並びに同収支予算が原案どおり承認された。令和元年度事業計画は次のとおり。 1.技術・経営および法令等の問題に対する研修会・見学会の開催。 2.会員相互の交流の緊密化と、情報交換のための懇談会の開催。 3.セーフコミュニティの推進。 4.印刷関連産業のPRとして、次の事業を行う。 ①豊島区リサイクル推進事業に協力 ②豊島区立小学校新一年生へのファイル寄贈の実施継続 ③第13回としまMONOづくりメッセ(令和2年実施、3日間の予定)への参加 ④国際アート・カルチャー都市構想推進のために実施する事業への協力 ⑤東アジア文化都市2019豊島への協力 5.行政並びに諸団体との連絡、協調の推進  総会終了後、懇親会に入り、前川光常任幹事(広研印刷・東印工組)の司会で進行し、昭和・令和クイズ、手品などで参加者は楽しんだ。  総会に先立ち、来賓の小池百合子都知事が「オリンピックの抽選があったが、パラリンピックを盛り上げたい。パラリンピックの会場を埋め尽くすことが成功になるので、チケットの確保をお願いする。オリンピックは2020年7月24日から始まり、9月6日まで交通規制が行われる。期間中、いろいろな規制をするが、来年7月の前に紙やインキの調達をして、大会期間中は会場もしくはテレビで楽しんで頂きたい」と挨拶した。  亀井一司会長 ≫ニュース全文を読む

2019年06月21日
公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT、塚田司郎会長)は、7月16日(火)に研究会セミナー「動画マーケティングの先進事例と活用」を開催する。 スマートフォンが普及したことで日常的に動画を視聴する機会が増えた。たとえ数秒であっても動画が伝える情報量は多く、インパクトが大きいことは明らかだ。成長が著しいインターネット広告も動画広告が中心だ。テレビ放送と違い、ターゲットを絞って送り届けることも可能だ。つまり、動画を通じたマーケティングはさまざまな手法・スタイルで応用され、活用範囲が広がっている。 例えば、ビデオリリースとは、企業の伝えたい内容を伝えたい相手に配信するサービスだ。また、動画の自動生成ツールによって、低コストでタイムリーな動画の情報発信が可能になる。 さらに、近年では採用動画が、企業のリクルート活動の成否に与える影響も大きくなっている。活動のステップや対象に応じて、採用動画で伝えるべき内容や焦点も変わってくる。 さまざまな動画マーケティングの事例から、その現状や今後の活用を考察する。 ■ 開催概要 ●主催:公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT) ●日時:2019年7月16日(火) 14:00-16:40(定員40名) ●会場:公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT)3Fセミナールーム 東京都杉並区和田1-29-11 ●参加費:JAGAT会員:10,800円、一般:15,120円(税込) ■ セミナー内容・プログラム ※詳細はWebをご参照ください。https://www.jagat.or.jp/cm20190716 ■ ターゲットにダイレクトに伝えるビデオリリース制作・配信 株式会社 NewsTV 代表取締役 杉浦健太氏 ■ 動画広告の自動生成ツール「RICHKA(リチカ)」 カクテルメイク株式会社 カスタマーサクセス・マネージャー 毛利直矢氏 ■ 採用動画の現状とクリエイティブ 株式会社プランナッシュ 代表取締役 山崎準也氏 ≫ニュース全文を読む

2019年06月19日
「Yamanote Yamanote」は、東京を走るJR山手線の全29駅を探検し、29駅とそれぞれのエリアが持つ雰囲気をポスターで表現するというもの。このプロジェクトはJulien WulffさんとJulien Mercierさんの二人のスイス人グラフィックデザイナーによって行われている。 このほど、24駅目となる田端駅ポスターデザインが完成し、次のとおり展示イベントを開催する。 これまでも各駅の特徴を活かしたデザインを作ってきた二人がどんな斬新なポスターを作り上げたのか。「田端」からイメージされるのはどんなものだろうか。 今回の会場は、日本一小さくて、日本一やさしい映画館Cinema Chupki Tabata(シネマ・チュプキ・タバタ)。会場では映画館の特徴を活かしたユニークな展示が企画されている。 彼らがこれまで作り上げた24駅分の世界観を楽しもう。 ■日時:6月27日(木)19:30~22:00 ■会場:Cinema Chupki Tabata(シネマ・チュプキ・タバタ)    東京都北区田端2-8-4 JR山手線「田端駅」北口から徒歩5分  なお、次回25駅目は西日暮里駅で、8月下旬開催予定。 ≫ニュース全文を読む

2019年06月19日
 一般社団法人日本印刷産業機械工業会(JPMA,宮腰巌会長)が運営するJapan Color認証制度は、印刷に関わる方への情報発信ならびに皆との情報共有を目的としたFacebookならびにTwitterを7月1日より正式にスタートする。これは印刷に関わる皆にJapan Color認証制度への理解を深めてもらいたいということから実施するもので、2月より情報発信および認証企業のアカウントのフォロー活動を実験的に行ってきたが、この度、次の内容でスタートする。皆からのフォロー、情報提供をもらい、コミュニティとして盛り上げていきたいと考えている。 発信・共有内容は次のとおり。 1Japan Color認証制度の新規取得、更新会社の紹介 2 Japan Color認証制度セミナー日程の案内、セミナーの実施報告、参加者の感想紹介 3 Japan Color認証制度に関する情報や質問の紹介 4業界ニュースの紹介 5関係企業・団体の活動紹介 など ≫ニュース全文を読む

2019年06月14日
 公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT、塚田司郎会長)は6月13日、同協会で第52回通常総会を開催し、原案どおり承認された。  塚田会長は「ブランケットの廃棄が難しくなり、従来のように処理できない。環境衛生が強化され、プラントが閉鎖され、インキの原材料も高騰し、インキのコストも上がるのではないか。現代は紙メディアとデジタルメディアが共存しているが、ますます印刷物は価値のあるものを作らなければならない」と挨拶した。  次いで、塚田会長を議長に選出して議事に入り、平成30年度事業報告並びに決算が原案どおり承認された。  引き続き、2019年度事業計画並びに収支予算が報告された。2019年度事業計画の基本方針は、まだ正式名称ではないが、「デジタル×マーケティング2.0」「デジタル×紙×マーケティングNext Step」として、このベクトルを発展させる活動を行っていく。  前年度に続き、「エキスパートDAY」を11月に受験者増を第一目的として開催する。また、夏フェスは今回で3期目となるが、事業化を意識して、有料セミナーとメーカーセミナー等を考えていく。  具体的な施策として、夏フェスの継続、自社ビルをフル活用し、事業化を最優先課題にして実施し、エキスパート認証試験を様々な方法でPRする。そして、JAGATが目指すものは、「デジタル×紙×マーケティングfor Business」だ。   2019年度の夏フェスは8月22・23日の2日間開催。Page2020は2020年2月5~7日の3日間開催。  力点をおくべき事業として、①『みんなの印刷入門』発刊、②『DTPエキスパート受験サポートガイド(改定)』の活用、③エキスパートDAYによる受験者増、④通信教育のリニュアール。 塚田司郎会長 ≫ニュース全文を読む

2019年06月14日
一般社団法人日本印刷産業連合会(日印産連、金子眞吾会長)は、6月13日開催の第54回グリーンプリンティング(GP)認定委員会において、新規3工場と更新28工場、合わせて31工場を認定した。この結果、GP認定工場は全399工場となった。 また、同認定委員会において、GP資機材の認定を実施し、4社8製品(洗浄剤3製品、インクジェット・液体トナー型デジタル印刷機1製品、ドライトナー型デジタル印刷機4製品を認定した。これで、認定登録製品は680製品となる。 新規3工場のGP工場認定式は、2019年7月25日(木)14時~16時30分に日本印刷会館大会議室(東京都中央区)で開催する第39回GP工場交流会において執り行う。 第54回グリーンプリンティング(GP)認定委員会による新規認定は次のとおり。 ▽オフセット・瞬報社写真印刷 本社・工場(山口県下関市) ▽オフセット・アロー印刷 本社(山口県下関市) ▽オフセット・アロー印刷 東京支店(東京都渋谷区) ≫ニュース全文を読む

2019年06月13日
 一般社団法人日本印刷産業連合会(日印産連、金子眞吾会長)は6月12日、千代田区紀尾井町・ホテルニューオータニで第34回定時総会を開催し、原案どおり承認された。  議長に金子会長を選出して議事に入り、平成30年度事業報告並びに決算報告および2019年度事業計画並びに収支予算が原案どおり承認された。  2019年度事業計画の基本方針は、日本印刷産業連合会のグランドデザインを基本的な指針とし、SDGs(持続可能な開発目標)を踏まえて3つのテーマで事業を推進する。1.「地方創生」に関わる事業を推進し、全国の印刷会社がこれまで培ってきたビジネスを展開することにより、地域活性化という顧客の課題解決に貢献する。2.「印刷産業で働く女性のネットワーキング」を目標に、女性リーダーを中心として連携を強化し、女性活躍推進のための活動をさらに拡大する。3.「地球環境」に配慮した印刷会社の活動の支援を、環境優良工場表彰・グリーンプリンティング認定・海洋プラスチックごみへの対応などを通して推進する。 また、2019年度は「9月印刷の月」において、4年に一度の「印刷文化典」を開催する。 具体的な施策として、常設委員会活動、1SDGs推進プロジェクト、2価値創出委員会、3企業行動委員会Ⅰ、企業行動委員会Ⅱ、4地球環境委員会、5広報委員会の各委員会で推進するとともに、1プライバシーマーク審査認定事業、2グリーンプリンティング認定審査事業の審査・認定事業活動も行っていく。  役員選任の件も承認され、常任理事に新たに内藤正和氏(全日本スクリーン・デジタル印刷協同組合連合会)が就任した。任期は6月12日~2020年定期総会開催日。  総会終了後、場所を移動して懇親会が開かれ、金子会長は昨年1年間をふりかえると共に、「今、社会は急激に変化している。印刷産業はこの変化に対応し、顧客の課題と社会の課題を先取りし、ビジネスパートナーとして顧客に貢献することで、社会から求め続けられる企業となると考える。日印産連では2019年度もSDGsとグランドデザインに基づき、印刷産業の発展に資する活動をここにお集まりの皆さんのご支援を引き続きお願いする」と挨拶した。 金子眞吾会長 ≫ニュース全文を読む

2019年06月13日
  一般財団法人印刷図書館(金子眞吾代表理事)は6月12日、千代田区紀尾井町・ホテルニューオータニで2019年度定時評議員会を開催し、原案どおり可決された。  金子眞吾代表理事の挨拶に続き、浅野健評議員(金羊社会長)を議長に選出して議事に入り、平成30年度事業報告並びに決算報告が原案どおり可決された。理事、評議員の一部役員選任についても承認された。同評議員会をもって、吉見正彦理事、新村明義評議員が辞任し、内藤正和氏(内藤プロセス社長)が新たに理事に就任した。  また、平成30年度事業計画並びに収支予算が報告された。2019年度事業計画は、印刷図書館の役割はこれからも幅広い利用者への情報提供にあるが、昨今では、インターネットの普及、デジタルメディアの広がりなどにより、紙を使わない情報の提供が隆盛となり、これらへの対応強化も必要となっている。それと同時に、これまで収集してきた資料の保存方法を見つめ直す時期に差し掛かってきたといえる。デジタル化が進む一方で、現存する紙の資料をどう保存し、利活用していくかが今後の印刷図書館の活動の大きな課題となっている。  具体的な施策として、(1)図書館運営事業、(2)広報活動事業、(3)その他の事業の3つを挙げているが、重点テーマとして、1専門図書館としての整備充実の強化―近代印刷産業の黎明期から、現代の多様化する印刷産業の活動を俯瞰的に閲覧できる150年分の史料が保管されているのは、国内でも印刷図書館だけだ。所蔵している資料の保存方法を見つめ直す必要があり、その第一歩に、資料の劣化防止策として、簡易なブックカバー作成システムのコリブリシステムを導入する。2図書館活動の活性化―印刷図書館への関心・利用度を高めるために、関連する団体等とのネットワークの提携・協力関係を構築し、図書館活動の活性化につなげていく。その一つとして、2019年2月、印刷図書館と印刷博物館で「印刷関連専門図書館交流会」を開催した。今後も定期的に開催し、印刷技術・文化に関する知識の収集と保存、公開活動に役立たていく。   左から金子眞吾代表理事、杉村亥一郎常務理事、浅野健評議員 ≫ニュース全文を読む

2019年06月13日
日本フォーム印刷工業連合会(櫻井醜会長)の業務委員会は8月から10月まで3回にわたり、『サーバントリーダーシップ連続講座』を開催する。 今年の夏季講演会で講演する山口周氏の著書『劣化するオッサン社会の処方箋』にも、処方箋の一番目に取り上げられている「サーバントリーダーシップ」についての「連続講座」を開催する。 この連続講座ではロバート・K・グリーンリーフ氏の著書『サーバントであれ』をテキストとし、ワークショップを中心に「リーダーとしてのサーバント」を学んでいく。 また サーバントリーダーシップを企業経営に活かしている経営者を招いた講演も予定している。 ビジネス環境が大きく変化する中『リーダーシップのパラダイムシフト』への変革が求められており、この連続講座を通して、魅力ある活力に満ちた職場を創りの原動力となることを願っている。 開催概要は次のとおり。 ■日 時 第一回目:8月 2日(金)15:00~18:00 開場 14:30 第ニ回目:9月19日(木)15:00~18:00 開場 14:30 第三回目:10月4日(金)15:00~18:00 開場 14:30 ■講 師 広崎 仁一 氏 (PHP 研究所ゼミナール講師) 1975年 日本オリベッティ㈱オフィス・コンピューターのシステム営業に従事 1982年 現・東芝ソリューション販売㈱営業推進部スタッフとして営業社員教育、人材 開発室長、人事グループ長を歴任 2004年 研修講師としてヒューサーブを起業 ■会 場 日本印刷会館2階会議室 ■定 員 50名 ■参加費 10,000円(3回通し) ■締切り 7月19日(金)(定員になった時点で申し込みを締め切る) ※ テキスト『サーバントであれ―奉仕して導く、リーダーの生き方』 著者:ロバート・K・グリーンリーフ 出版:英治出版 ≫ニュース全文を読む