業界ニュース
Industry news

トップ > 業界ニュース

業界ニュース一覧
751件中 11~20件を表示

2020年03月11日
コンバーティングの明日を考える会(田口 薫委員長)は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を鑑み、参加者および関係者の皆の健康・安全面を第一に考慮した結果、4月16日(木)に予定していた「第8回コンバーティングの明日を考える会」主催のセミナーの開催を延期することとした。 同セミナーにつきましては、日程を再度検討の上で、改めて開催の案内をする。 ≫ニュース全文を読む

2020年03月11日
一般社団法人日本印刷産業連合会(日印産連、金子眞吾会長)では、国内の印刷産業における生産機としてのデジタル印刷活用の状況と今後の導入意識を把握し、活用度をさらに高めるための調査研究を目的として2010年から毎年、「印刷業界におけるデジタル印刷に関するアンケート調査」を実施している。 例年だと、3月に「デジタル印刷の現状と展望」に関する調査報告会を開催し、アンケート調査の結果の報告と、最新の動向などに関するパネルディスカッションを行っている。本年も3月30日に開催を計画していたが、本年に関しては、来場される方々の健康と安全を考え、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、開催を取り止めることにした。 ≫ニュース全文を読む

2020年03月10日
 日本で唯一、「印刷」が学べる専門学校の学校法人日本プリンティングアカデミー(JPA、花井秀勝理事長)は3月6日、第42回卒業式を開催し、メディア・コンテンツ科の木村祐太郎さん(北陸サンライズ・石川)と坂井優介さん(昭栄印刷・新潟)の2名が卒業し、専門士称号が授与された。  第一部の卒業課題プレゼンテーションで、木村祐太郎さんは『全員でビジネスを創る組織を目指す』をテーマに行い、坂井優介さんは体調不良により欠席、当日は、『コンテンツによる 印刷「営業」の進化』をテーマにプレゼンテーションを行う予定だった。  第二部の卒業式で、曺 于鉉校長から卒業証書、花井秀勝理事長から専門士称号が授与された後、同理事長が式辞を述べた。来賓紹介・祝辞、保護者祝辞に続き、祝電披露、記念品贈呈が行われ、在校生のサルラさんが送辞を述べ、卒業生の木村祐太郎さんが答辞を述べ閉会した。  最後に卒業生、保護者、理事長などにより記念撮影が行われた。  花井秀勝理事長が式辞  記念撮影 ≫ニュース全文を読む

2020年03月10日
公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT、塚田司郎会長)は、2020年5月11日(月)~6月5日(金)まで第48期「印刷営業20日間集中ゼミ」を開講する。 JAGATでは、新人営業の育成を目的とした「印刷営業20日間集中ゼミ」を毎年5月に開催している。このセミナーでは印刷の基礎知識習得と並行して、具体的な課題案件に取り組みながら、営業プロセスを体得するカリキュラムになっている。 ビジネスの基礎をつくる必須知識として、印刷技術知識とともに、マーケティング戦略までを体系的に網羅している。実際のクライアントに対し、「ヒアリングから企画~販促物の制作・印刷~プレゼンまで」を体験するワークを通して、自ら考え、解決する力を養成する。身につけた知識をすぐに実践に活かすことで応用力を高め、即戦力としてクライアントの要望に柔軟に対応できる印刷営業担当者を育成する。「印刷知識+営業スキル+実践」でトータルに営業プロセスを習得する同講座は、新人営業職だけでなく、後継者・中途入社社員の即戦力強化プログラムとしても最適。 ■ 開催概要 ●主催:公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT) ●日時:2020年5月11日(月)~ 6月5日(金) 土・日を除く連続 20日間 ●会場:公益社団法人日本印刷技術協会(東京都杉並区和田1-29-11) ●参加費:JAGAT会員 594,000円(税込) 一般 770,000円(税込) ※セミナー詳細はWebを参照ください。https://www.jagat.or.jp/archives/72779 ■ 特徴 1.ビジネスの基礎をつくる必須知識(印刷知識+営業基本スキル)を体系的に学ぶ。 2.知識習得と実践力強化に並行して取り組むことで、営業プロセスへの理解を深める。 3.実際の顧客にヒアリングから販促物制作、プレゼンまでを行うワークで応用力を高める。 セミナー内容 1.基礎知識習得(必須知識を体系的に解説) A印刷知識 ①印刷物製作工程 ②文字処理・画像処理・デザイン③DTP制作実習 ④印刷実習 B営業基本スキル ①営業活動の基本プロセス ②営業の役割と業務の流れ③人間関係づくりのコツ ④情報収集+ヒアリング ⑤見積り仕様設計 ⑦デジタルデータ受発注 ⑧デジタル×紙の視点 ⑨印刷の強みをマーケティングに活かす考え方 2.実践力強化(課題案件をもとにグループワーク) C顧客のニーズを知る ①印刷会社に求められているもの ②ヒアリングの実践 ③課題抽出と分析 D提案の型を体験する ①提案のプロセスとプランニング ②企画の骨子づくり ③提案書作成ワークとフィードバック ④プレゼン E販促ツールの作成 ①提案にもとづいた販促実施手法 ②ヒアリング内容を基にした仕様設計作成 ③販促ツールを想定した見積り作成④販促物のラフ案作成 ⑤印刷実習 ≫ニュース全文を読む

2020年03月10日
公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT、塚田司郎会長)は、2020年5月16日(土)~2021年2月まで「第6期 工場マネージャー養成講座」を開講する。 過去 5 期にわたり開講してきた「工場マネージャー養成講座」は、第 6 期を5月16日に開講する。 工場マネージャー養成講座は、管理者に求められる工場マネジメントの知識と実践手法を学ぶ講座。品質管理、生産管理、原価管理、人事管理(リーダーシップやコミュニケーションを含む)、安全管理など、工場マネジメントという視点で管理者に求められる要素を体系的に学習する。講義とグループワークで改善手法を学び、自社への実践手法を体得するプログラムになっている。また、工場見学により事例をより体感することができる。 ■ 開催概要 ●主催:公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT) ●日時:2020年5月16日(土)~2021年2月 全8回(定員10社20名) ●会場:公益社団法人日本印刷技術協会(東京都杉並区和田1-29-11) ●参加費:JAGAT会員 1社385,000円(税込)一般 506,000円(税込) ※セミナー詳細はWebを参照ください。https://www.jagat.or.jp/archives/733 ■ セミナー内容 ■課題解決には全員参加の改善活動を目指す ・改善手法の習得 ・改善活動の目標設定 ・PDCA サイクルの実施 ・見える化による情報共通 ・原価管理の強化 ■改善活動の基礎から実践までの知識を学ぶ ・5S、PDCA など改善の基礎知識を講義で学び、工場見学で事例より見分を広める。 ・グループワークで実践トレーニングと課題解決策を討議する。 ・経営数字の読み方を学び経営感覚を学ぶ ・人材育成の基盤となるコミュニケーションを学ぶ ・1 社2 名の参加を原則に現場での実践力を強化する ・他社との交流で視野とネットワークを広げる ≫ニュース全文を読む

2020年02月26日
 全日本印刷工業組合連合会(全印工連、臼田真人会長)は、新型コロナウイルス感染拡大による今年度末における官公需対応要請文書を2月25日、梶山弘志経済産業大臣宛に提出した。  要請文書は次のとおり。 、日本全国の地場産業を代表する中小印刷業界は、大きな顧客となっている官公需受注の一大繁忙期(年間割合の 30%が集中)を迎えることとなります。  ご承知の通り、官公需における印刷物の発注・納品は年度末に集中し、それに対応するための人員確保、残業の増加など、現在においても解決すべき課題を多く抱えている状況にあります。当連合会では、これまでも「都道府県中小企業者調達推進協議会」ならびに中小企業庁事業環境部取引課に対しまして、年度末の集中発注を避けるため、発注の平準化、前倒し、年度に捉われない予算執行、複数年度にまたがる契約制度の実現、過度の校正や修正作業の見直しなどを要望してまいりました。 今回、この状況に加えての新型コロナウイルス感染拡大の影響は、用紙等原材料の調達から成果物の配送まで、印刷業務以外の影響も懸念され、これまでの官公需年度末集中の問題悪化にさらなる拍車がかかることは間違いありません。  つきましては、特に今年度末の官公需(印刷物の発注、納品)におきましては、翌年度への納期延長など、それぞれの事情に応じた柔軟なご対応につきまして、各段のご配慮を貴省をはじめ各関係省庁、全国各自治体へのご周知を賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。 ≫ニュース全文を読む

2020年02月26日
 全日本印刷工業組合連合会(全印工連、臼田真人会長)は2月25日、組合企業に対して、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた各社対策について要請した。 貴組合員企業において、従業員による石鹸やアルコール消毒などによる手洗いやうがい、正しいマスクの着用を含む咳エチケットの徹底と、併せてテレワークや時差通勤の積極的な活用を促進することも感染症の拡大防止に資するものと考えている。  ついては、この取り組みの趣旨を理解してもらい、下記の取り組みをお願いしたい。 ・石鹸やアルコール消毒による手洗いやうがいの徹底 ・正しいマスクの着用を含む咳エチケットの徹底 ・感染リスクを減らす観点からのテレワークや時差通勤の積極的な活用の促進 ≫ニュース全文を読む

2020年02月26日
 全日本印刷工業組合連合会(全印工連、臼田真人会長)は、新型コロナウイルス感染症の国内感染状況を踏まえ、3月末日までを期間として、下記の通り開催を延期または中止することとしたと、2月25日、全国の理事長に要請した(全印工連指針)。  現段階での公衆衛生上の目標は、国内での感染拡大を防ぐことであり、全国都道府県に於いて事業規模及び就労者が多く、わが国の基幹産業である印刷産業が率先して感染の機会を減らすこと、特に感染者が一度に多くの人を感染させる機会を減らす為の行動を起こすことが大変重要であると考える。その為にも事業者団体として自主的にこのような措置を講じることに理解と協力を呼びかけている。 【全日本印刷工業組合連合会における会議・セミナー等、開催に関するガイドライン】 1.すでに開催が決定し、開催案内が発出されている委員会、セミナー等 ①一般(組合員企業の社員を含む)の参加者を含む場合、原則中止または延期とする。 ②参加者が、明らかに 20 人を超える場合は中止及び延期とする。 ③参加者が 20 人以下の場合、十分な配慮の上で原則開催とする。 ※十分な配慮とは、「消毒液の設置」、「咳エチケットと頻繁な手洗いの推奨」等 2.これから開催案内を発出する委員会、セミナー等については上記の対応を踏まえ、開催案内に「新型コロナウイルス感染症を踏まえ、発熱等の症状が見られる方は出席をお控えください」旨を付記する。 ≫ニュース全文を読む

2020年02月25日
学校法人日本プリンティングアカデミー(JPA、花井秀勝理事長)は2月28日15時から開催を予定していたJPA感謝会を、新型コロナウィルスが日々拡散している状況を考慮し、開催を中止とした。 ≫ニュース全文を読む

2020年02月21日
公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT、塚田 司郎会長)は、 新入社員、中途社員を対象にした新入社員研修プログラムを 4 月に開催する。この講座は新入社員の早期育成を目的に、①印刷技術基礎 ②ビジネスマナーの基礎 ③コミュ ニケーションスキル向上を柱として、これから印刷会社で働く新入社員が知っておくべき基本的 な事項を網羅しており、印刷関連企業に入社した方々の教育に最適なプログラムとなっている。 [詳細 Web ページ]https://www.jagat.or.jp/cat3#semi01 ■プログラム ●新入社員養成講座 【日程】4月 2日(木) 10:00~17:00 知っておきたい印刷技術の基礎や業界の動向など、わかりやすく解説する。また社内外で円滑な人 間関係を築くために必要なビジネスマナーの基本を体得する。 https://www.jagat.or.jp/archives/3671 ●人間関係と仕事が上手くいくコミュニケーション講座 【日程】4月3日(金) 10:00~17:00 自立した社会人としての考え方や信頼される人間関係の作り方、組織人としてのルールを学ぶ。 自信をもって企業の一員として働き、職場や社外のお客様とよりよい関係を築くためのコミュニケー ションの活かし方を習得する。 https://www.jagat.or.jp/archives/3809 ●印刷製作入門講座<講義編> 【日程】第1回 4月 6日(月)~ 7日(火) 10:00~17:00(2日間)、 第2回 4月13 日(月)~14 日(火) 10:00~17:00(2日間) デザイン・制作・印刷・製本加工の製造工程や印刷材料など、新入社員に必要とされる必須知識を網 羅。多様化するメディアの技術動向の分野も押さえ、幅広い知識の習得を目指す。 https://www.jagat.or.jp/archives/3801 ●印刷製作入門講座<実技編> 【日程】第1回 4月 8日(水)~10 日(金) 10:00~17:00(3日間)、 第2回 4月15 日(水)~17 日(金) 10:00~17:00(3日間) 第3回 4月22 日(水)~24 日(金) 10:00~17:00(3日間) DTPのアプリケーションソフト(Illustrator・Photoshop・InDesign)を実際に操作しながら基本を 学び、DTPの制作イメージへの理解を深める。また、印刷機に直接触れ、インキや紙の扱い方を学 び、実際に製造現場への理解を深めることによって、職種を問わず今後の実務に活用できる。 https://www.jagat.or.jp/archives/3807 ■会場: JAGAT セミナールーム(東京都杉並区和田 1-29-11) ※「印刷製作入門講座<実技編>」3日目(4/10、4/17、4/24)の印刷実習は リョービMHI グイラフィックテクノロジー株式会社(東京都北区豊島5-2-8)内で実施 ≫ニュース全文を読む