業界ニュース
Industry news

トップ > 業界ニュース

業界ニュース一覧
844件中 11~20件を表示

2020年09月07日
 CCGA現代グラフィックアートセンター(福島県須賀川市)では9月12日から12月20日まで、「ことばと版画:タイラーグラフィックス・アーカイブコレクション展Vol.33」を開催する。  もっとも古い時代の印刷物が仏教の経文と図像を木版であらわしたものであるという事実が示すとおり、版画はもともと文字や言葉とともにある存在として誕生し、以来、長きにわたってそれらと深い関わりをもってきた。技法や版種が発展しながらも、おもに書物の挿絵という目的で作られてきた版画は、美術表現であると同時に、言葉とお互い補完しあいながら宗教の教義や物語を伝えるための情報メディアでもあった。  近代以降、情報伝達の役割から解放されて独立した美術表現としての性格を強めた版画は、文字や言葉との関係が希薄になったようにも思える。とくに複雑な技法を用いて巨大なイメージが画面に展開する作品も制作されるようになった現代の版画は、かつての挿絵版画とはかけ離れたものにも見えるだろう。しかしながら、詩画集や挿画本といった形式の表現は独特の魅力をもつものとして今日でもさまざまな作家によって生み出されており、言葉と版画の関係はそれらの中に生き続けている。  いっぽう20世紀以降の美術全般では、新たな視点による文字や言葉との関係性が見られるようになる。たとえば1910年代のダダイズムや、これに影響を受けた第二次大戦後のポップアートやコンセプチュアル・アートなどでは、文字そのものをイメージ要素としてとらえる、あるいはイメージと言語の関係を問い直すといった動機から、作品の中に文字や言葉がしばしば積極的に導入された。版画においてもこうした試みの作品が作り出されるようになり、詩画集などとはまた違った形での言葉との関わりが見てとれる。  同展ではCCGA所蔵のタイラーグラフィックス・アーカイブコレクションから、ヘレン・フランケンサーラーやロバート・マザウェルらによる版画集や詩画集、あるいはロイ・リキテンスタインの文字が画面に描き込まれた作品などを紹介し、言葉と版画の関係について考える。この展覧会が多くのかたにとって、版画の魅力の新たな一断面をご覧いただく機会となれば幸いだ。 ≫ニュース全文を読む

2020年09月04日
 一般社団法人日本印刷産業連合会(日印産連、藤森康彰会長)は、グリーンプリンティング認定制度「2020GP環境大賞」、「2020GPマーク普及大賞」及び「2020GP資機材環境大賞」の受賞者を決定した。  日印産連では印刷業界の環境配慮自主基準を達成した工場・事業所を認定するとともに、同基準に適合した印刷製品への「グリーンプリンティング(GP)マーク)」表示、並びに印刷工場が使用する資機材の認定など、印刷総合環境配慮制度「グリーンプリンティング(GP)認定制度」の取り組みを進めている。  GP環境大賞は、地球環境への負荷低減に熱心に取り組まれているとともに、GP認定制度への深い理解と制度の積極的活用をしていることに敬意と感謝の意を込めて贈るもの。2020GP環境大賞は、2019年度(2019年4月から2020年3月まで)にGPマークを表示した印刷製品をより多く発行した企業・団体に授与する。  また、GPマーク普及大賞は、GPマーク表示にもっとも貢献したGP認定工場を他の工場の模範として表彰するもの。2020GPマーク普及大賞は、2019年度(2019年4月から2020年3月まで)にGPマーク表示印刷製品をより多く受注し、GPマーク普及に貢献したGP認定工場(印刷会社)に授与する。  3年目を迎えるGP資機材環境大賞は、印刷工場の環境負荷低減及び作業環境改善に貢献し、GP資機材認定製品を積極的に提供している資機材メーカーに贈るもの。 2020GP資機材環境大賞は、2019年度(2020年4月1日現在)におけるGP資機材認定製品の登録が最も多い資機材メーカーに対し、資材、機材の部門別に授与する。なお、同賞については、過去受賞メーカーは表彰対象から外すことになっている。 関連URLhttps://www.jfpi.or.jp/greenprinting/ 2020GP環境大賞、2020GPマーク普及大賞及び2020GP資機材環境大賞の受賞者は次のとおり。(各賞とも五十音順) 【2020GP環境大賞】 GP環境大賞(4社・団体) NTTタウンページ株式会社  大阪商工信用金庫  埼玉県議会  東京都 GP環境準大賞(5社・団体) 株式会社ジェイアール東日本企画  東武鉄道株式会社 プレミアアンチエイジング株式会社  武蔵野大学  レインボー薬品株式会社 【2020GPマーク普及大賞】 GPマーク普及大賞(2社) NTT印刷株式会社 六三印刷株式会社 GPマーク普及準大賞(5社) 伊藤印刷株式会社 岩岡印刷工業株式会社 株式会社笠間製本印刷 株式会社太陽堂印刷所 株式会社文伸 GPマーク普及大賞奨励賞(1社) 精英堂印刷株式会社 【2020GP資機材環境大賞】 GP資機材環境大賞・資材部門(1社) 東京インキ株式会社 GP資機材環境大賞・機材部門(1社) 株式会社リコー ※過去受賞メーカーは選考の対象になっていない。  日印産連では、今後もGP環境大賞、GPマーク普及大賞、GP資機材環境大賞を推進することで、GP認定工場の活用、印刷製品への環境配慮、印刷工場の環境配慮がさらに促進され、GPマークの認知度向上に資するものと期待している。なお、GP環境大賞、GPマーク普及大賞、GP資機材環境大賞の結果は日印産連のホームページをはじめ、さまざまな機会に広報していく。 ≫ニュース全文を読む

2020年08月26日
  一般社団法人日本印刷産業連合会(日印産連)は、2020年8月25日に第59回グリーンプリンティング(GP)認定委員会において、新規で光村印刷川越工場(埼玉県川越市)、作道印刷本社・本社工場(大阪府東大阪市)の2工場、更新27工場合わせて計29工場を認定した。この結果、8月現在のGP認定工場の事業所数は全426事業所となった。なお、コロナ禍の影響で現地審査を一時中断していたため、6月予定していた認定委員会を8月に実施した。今回は、コロナ禍において新規認定が少なかったものの、SDGsの実現に向けて、印刷業界全体の環境配慮推進制度としてグリーンプリンティング制度がさらに浸透していくと見込んでいる。  また、同認定委員会において、GP資機材の認定を実施し、5社17製品(洗浄剤7製品、含浸型洗浄布3製品、エッチ液6製品、ドライトナー型デジタル印刷機1製品)を認定。これで、認定登録製品は722製品となった。 ≫ニュース全文を読む

2020年08月25日
公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT、塚田司郎会長)は、2020年9月30日(水)に研究会セミナー「最新調査結果にみる印刷経営と戦略、設備 ~印刷産業経営動向調査報告会2020 高収益印刷会社のかたちとその思考~」を、オンラインで開催する。 印刷会社の経営動向を業績・戦略・設備の面から総合的に網羅する『JAGAT印刷産業経営動向調査2020』がまとまりつつある。同研究会では、最新データからみえる印刷経営の最新動向トレンドと方向性を考察する。業績と戦略の相関に重点を置き、どのような思考と戦略が印刷会社の業績を高めるのか、通算14回の戦略調査結果からみえる傾向をもとに、高収益印刷会社のかたちと戦略、思考特性などについて解説する。 ■開催概要 主催:公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT) 日時:2020年9月30日(水) 15:00-17:00 定員80名(定員になり次第、締め切る) 形式:Zoomによるオンラインセミナー方式 参加費:印刷総合研究会メンバー:無料、調査回答社:無料、JAGAT会員:11,000円、 一般:15,400円(税込) 留意点:参加者以外の視聴、録画・撮影・録音、複製と二次利用は一切禁止する。 ■プログラム 15:00-17:00 最新調査結果にみる印刷経営と戦略、設備 ~高収益印刷会社のかたちと思考~ ①経営動向 P/L、B/S、各種指標(収益性・成長性・生産性・安全性等) ②経営戦略 経営・営業・生産・マーケティング戦略、働き方改革、補助金状況等 ③設備投資 オフセット機、デジタル機、新技術・新サービスへの取り組み等 公益社団法人日本印刷技術協会 研究調査部長 主幹研究員 藤井建人 氏 ※プログラム詳細はウェブサイトも合わせて参照のこと。 https://www.jagat.or.jp/pri ※講演タイトル・講師・構成・時間割は、やむを得ず一部変更する場合がある。 ≫ニュース全文を読む

2020年08月24日
 全日本印刷工業組合連合会(全印工連、滝澤光正会長)では「すべての人に優しく、誰もが快適に利用できること」を目的としてデザインや文字など、より多くの人に伝わる情報を提供する「メディア・ユニバーサルデザイン(MUD)活動」に取り組んでいる。この取り組みをより強固なものとするために、今年も「第14回メディア・ユニバーサルデザインコンペティション」を開催し、高齢者・障がい者や子ども、外国人などに対して見やすさ・伝わりやすさに配慮したアイデアに富んだ作品を募集する。 「第14 回メディア・ユニバーサルデザインコンペティション」募集要項 ■募集期間 2020年9月1日(火)~11月30日(月)〔当日消印有効〕 ■募集作品(例):高齢者・障がい者や子ども、外国人などに対して、見やすさ・伝わりやすさに配慮したデザイン手法を用いて制作されたもの。  〔例〕・カレンダー・地図・パンフレット・サイン・パッケージ・チラシ・ポスター・ラベル・カードゲームなど ■募集部門 ①グラフィックテクニック(DTP)   文字、組版、図表、イラスト、色使いなどを工夫した作品 ②商品企画   種別、分野は自由でMUDを活用したオリジナル作品 ③製本、加工技術   折、製本、形態など後加工で使いやすさに工夫をした作品。 ※自社制作の成果物として既に流通している製品でも応募可能。 ※ 既成の自社作品について、MUDに配慮し再制作した“before and after”の作品でも構わない。 ※既成の作品の改善提案の場合は、知的財産権への抵触に注意ください。 ■応募資格 一般の部:プロ・アマを問わず、誰でも応募できる。 学生の部:大学・短期大学・専門学校・高等学校に在籍している学生・生徒。 ■応募対象作品: 2019年7月以降に制作されたもの。 ■応募方法:作品1点とデータ1点(CD-R、DVD、USBメモリ等の記録媒体にai/eps/jpeg/pdfいずれかの形式でアウトライン化して保存したもの)を出品申込書とともに送る。 ※受賞作品に選ばれた場合、提出したデータをもとに受賞作品集の制作を行う。 ■出品料: 一般の部:3,000円(応募作品1点につき)  学生の部:無料 出品料  ※2020年11月30日(月)までに振り込む。 ■振込先:口座名義:全日本印刷工業組合連合会      三菱UFJ銀行   八重洲通支店 当座預金 9007457      みずほ銀行     京橋支店   当座預金 0114231      りそな銀行     東京中央支店 当座預金 1362911      商工組合中央金庫  本店     当座預金 2021935   ※振込手数料は負担のこと。 ■授与賞 ◆一般の部   ・経済産業大臣賞 : 表彰状、賞金100,000円 ・優秀賞     : 表彰状、賞金 50,000円 ・佳 作     : 表彰状、賞金 10,000円 ◆学生の部   ・経済産業大臣賞 : 表彰状、図書カード30,000円分 ・優秀賞     : 表彰状、図書カード10,000円分 ・佳 作     : 表彰状、図書カード 3,000円分 ≫ニュース全文を読む

2020年08月24日
公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT、塚田司郎会長)は、2020年9月11日(金)に研究会セミナー「フリーペーパービジネスの最新動向2020 ~フリーペーパーを活用して社会貢献と業績向上の両立を目指すには~」を、オンラインで開催する。 フリーペーパーの使われ方が変化しつつある。発行企業がデジタル事業も積極的に展開しており、「紙とデジタル」それぞれの特性を組み合わせた効果最大化が狙われているためだ。広告費の減少幅は縮小する一方、新聞や雑誌など他メディアとのコラボレーションは増加しています。広告主復調の動きもある(電通「2019年 日本の広告費」)。 印刷会社では、フリーペーパーを地域活性化、顧客接点の構築、事業プラットフォームとして位置付ける場合も多い。仙台発のフリーペーパー「まなびのめ」は、地域の学術界と市民を、紙とウェブで結ぶ機能を持っており、社会貢献と業績向上の両立を目指している。コロナ禍が図らずも促す格好となっているローカルビジネス再構築時代のあり方を考える。 開催概要 主催:公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT) 日時:2020年9月11日(金) 14:00-16:40 定員40名(定員になり次第、締め切る) 形式:Zoomによるオンラインセミナー方式 参加費:印刷総合研究会メンバー:無料、調査回答社:無料、JAGAT会員:11,000円、 一般:15,400円(税込) 留意点:参加者以外の視聴、録画・撮影・録音、複製と二次利用は一切禁止する。 ■プログラム 14:00-14:40 フリーペーパーの全体動向2020 広告市場の動向/フリーペーパー市場の全体動向/フリーペーパー事例 電通メディアイノベーションラボ 主任研究員 森永陸一郎 氏 14:50-15:30 印刷会社のフリーペーパー動向2020 第6回 全国印刷会社フリーペーパー調査に基づく40紙誌の分析報告 公益社団法人日本印刷技術協会 研究調査部長 主幹研究員 藤井建人 15:40-16:30 フリーペーパーを通した社会貢献と業績向上の両立 仙台発「まなびのめ」とは/種はJAGATセミナーから/社会貢献と業績向上の両立手法など 笹氣出版印刷株式会社 営業部営業課長「まなびのめ」編集長 川又進 氏 ※プログラム詳細はウェブサイトも合わせて参照のこと。 https://www.jagat.or.jp/pri ※講演タイトル・講師・構成・時間割は、やむを得ず一部変更する場合がある。 ≫ニュース全文を読む

2020年08月19日
・(一社)電子出版制作・流通協議会(以下、電流協)では、2018年より、公共図書館の電子図書館(電子書籍貸出サービス)(以下、電子図書館サービス)数を、電流協電子図書館・コンテンツ教育利用部会にて集計し公表している。 ・2020年7月1日現在の集計は、電子図書館サービスを導入している自治体は100自治体、電子図書館数97館 となり、導入自治体数が100自治体となった。 ・図書館及び電子図書館を有する自治体(1385+1)における電子図書館サービス導入比率は7.2%となっている。 ・すでに電子図書館サービスを導入している自治体においては、新型コロナ問題で多くの図書館が閉館するなか、電子図書館サービスの利用が増加している。 ・今回の集計においては、「オーディオブック」の電子書籍貸出サービスが2自治体で導入されている(八王子市図書館オーディオブックサービス、奈良市立図書館オーディオブックサービス)。 ※注  全国に公共図書館数は3,296館(2019年日本図書館協会調べ)あります。ただし、この数は各自治体が複数の図書館を設置しているケースが多々ある。 電子図書館サービス導入は、各自治体単位での導入がほとんどですので、集計や比較は自治体を単位として行っている。 よって、電流協の電子図書館サービス導入数の公表では、導入比率についての分母数を図書館を有する自治体数としている。 (1)公共図書館、電子図書館(電子書籍貸出サービス)導入数(自治体基準)について  一般社団法人 電子出版制作・流通協議会(以下、電流協)は2020年8月18日、有料で販売されている電子書籍を無料で貸出するタイプの電子図書館(電子書籍貸出サービス)(以下、電子図書館サービス)を2020年7月1日現在で導入している自治体の公共図書館の情報を更新した。  2020年7月1日時点で電子図書館を実施しているのは100自治体97電子図書館となり、全国の図書館を持つ自治体(1,386自治体 )のうち、7.2%が「電子図書館(電子図書館サービス)」を導入しています(別紙添付資料参照)。 今回の集計では、青森県おいらせ町が青森県ではじめて「電子図書館(電子書籍貸出サービス)」の導入となった。 また、今回から「オーディオブック」タイプの「電子書籍貸出サービス」が、八王子市と奈良市で開始されている(下記URL参照)。 https://www.kccs.co.jp/news/release/2020/0601/ (2)コロナ渦における、電子図書館利用の増加、サービスの拡充 新型コロナ問題で、多くの図書館施設が閉館し、図書館サービスが中止・縮小するなか、電子図書館サービスを導入している自治体での電子図書館サービスの利用は増加しており、図書館流通センターの電子図書館サービスの場合5月貸出実績が前年比526%増と、3月以来電子書籍の貸出が大幅に増加している(下記URL参照)。 https://www.trc.co.jp/information/pdf/20200616_TRCrelease.pdf また、電子図書館サービス「OverDrive Japan」を提供するメディアドゥでは、今年で創立75周年を迎える(株)少年画報社と共同で、Overdrive Japanが導入されている公共図書館において、少年画報社の名作漫画雑誌250タイトルを読み放題とする期間限定のキャンペーンを8月14日より開始している。(下記URL参照)。 https://mediado.jp/group/3073/ (3)集計後(7月1日以降)の電子図書館導入館の増加について 今回の電子図書館サービス導入館を集計後(7月1日以降)においても、7月15日に広島県福山市、7月22日に大阪府茨木市、7月24日に広島県三原市、7月29日に広島県立図書館、8月1日に兵庫県川西市、8月12日に埼玉県神川町、が電子図書館サービスを開始し、福岡県立図書館でも電子図書館サービスが開始が予定されるなど、多くの自治体で電子図書館を開始している。これらの数値は次回(10月1日)の集計時に追加する予定。 (4)公共図書館 電子図書館の地域ブロック別導入数ついて 今回は、全国の都道府県別電子図書館サービスの導入した表も集計し公表した(添付の都道府県別で集計参照)。 全国的に、公共図書館における電子図書館サービスの導入がすすんでおり、導入の多い都道府県としては、兵庫県が12館、埼玉県8館、東京都8館、茨城県が7館、栃木県・大阪府と愛知県が5館の順となっております。一方、まだ導入がない府県は12府県(宮城県、秋田県、群馬県、新潟県、福井県、京都府、鳥取県、岡山県、佐賀県、長崎県、宮崎県、鹿児島県)となっている。 (5)電流協電子図書館アンケートの実施と公表、『電子図書館・電子書籍貸出サービス調査報告2020』発売予定について 電流協では、2013年より継続して、公共図書館における電子図書館サービス・電子書籍貸出サービスのアンケート調査を行っています。 今年も6月から8月にかけて、全国の約1000の図書館(各自治体ごと1図書館)にアンケートの依頼を行い、約480館(自治体図書館)からのご回答を得ている。 今回のアンケートでは、コロナ渦における図書館の対応なども聞いており、アンケートの結果については、11月初旬に発行予定の『電子図書館・電子書籍貸出サービス調査報告2020』((株)樹村房 発売)にて公表・販売する予定。 (6)公共図書館における電子図書館サービスの調査・発表について 電流協では、電子図書館・コンテンツ教育利用部会が中心になって、電子図書館の調査及び、アンケートの実施、「電子図書館・電子書籍貸出サービス調査報告書」の発行をおこなっています。 公共図書館における電子図書館サービスの調査結果は2018年7月分から、年4回(1,4、7、10月)の各1日を基準に調査を行い、集計結果を電流協ホームページで公表している。(https://aebs.or.jp/Electronic_library_introduction_record.html) ≫ニュース全文を読む

2020年08月11日
 一般社団法人日本印刷産業連合会(日印産連、藤森康彰会長)では、昭和61年以来、印刷産業に対する社会の理解と認識を深めて頂くことを目的に、毎年9月を「9月印刷の月」と定め、関係各位の協力のもと各種行事を開催してきた。  今年度も「2020年9月印刷の月」として9月16日に記念式典の開催を予定していたが、新型コロナウイルスの感染が拡大している状況を鑑み、参加頂する皆の安全確保を最優先に考慮し、講演会・表彰式・懇親会という記念式典の全ての開催を中止することとした。  なお、8月5日に開催された第3回理事会において日印産連表彰の受賞者が決定した。受賞者は同連合会のホームページを参照のこと。 ≫ニュース全文を読む

2020年08月06日
 東京都印刷工業組合(東印工組、滝澤光正理事長)は、新型コロナウイルス感染症が拡大する中、組合員支援策の一環として消毒用エタノール代替品「エタノール79霧ポンプタイプ(800ml)」を組合員企業全社に無料で届ける。感染防止策に使ってほしいと呼び掛けている。  「エタノール79」の配付は、ウエノ営業担当者または宅配便(西濃運輸便)にて組合員各社に届ける。 配付期間は8月7日~31日を予定。8月31日までに届かない場合は、東印工組(電話03-3552-4021)まで連絡する。  また、東印工組は文化産業信用組合と連携して、「コロナ対策融資相談窓口」を設置する。国および東京都は新型コロナウイルス感染症対策として、さまざまな金融支援策を講じているが、自社にとって最適な金融支援の選択で迷われている方が多くいる。 ▽メインバンクが十分な対応をしてくれない ▽保証協会枠が上限に達している ▽リスケ中だけど大丈夫? など、各社の実情に合わせ、文化産業信用組合の専門家が融資相談に応じる。直接問い合わせをするので、東印工組が相談内容を把握することはない。 下記窓口へ問い合わせること。 ■東印工組組合員専用新型コロナウイルス対策融資相談窓口 文化産業信用組合営業企画推進部門内東印工組コロナ対策融資相談室 連絡先電話:03-3292-8281 ≫ニュース全文を読む

2020年08月06日
 一般社団法人日本印刷産業連合会(日印産連。藤森康彰会長)の「第19回・印刷産業環境優良工場表彰」は、2019年11月18日(月)より第1次の応募を開始し、その後第1次審査、第2次応募、第2次審査を経て、経済産業大臣賞並びに経済産業省商務情報政策局長賞に該当する工場に対して行う現地審査を、5月25日(月)~6月12日(金)で実施する予定にしていたが、新型コロナウイルスの影響で外出自粛要請が出されていたこと、及びその後も東京都を始めとする首都圏で感染者の増大が続いていることから、現地審査を延期することにした。 現地審査の実施時期は2020年の秋以降とし、その時点の新型コロナウイルスの状況や社会情勢をふまえ実施の可否を判断することとし、現地審査終了後に賞候補の審査・選考を行い、日印産連の理事会で承認を得た上で経済産業省への申請を行う。  従って今年度中の表彰は行わず、2021年9月に開催予定の「印刷の月、記念式典」において、「第19回・印刷産業環境優良工場表彰」の受賞式を執り行うことに変更した。 また、「第19回・印刷産業環境優良工場表彰」の現地審査並びにその後の予定が延期されたことに伴い、2020年11月から開始する予定であった「第20回・印刷産業環境優良工場表彰」についても予定を1年繰り延べ、2021年11月から応募を開始することとし、それまでの期間は今後の応募拡大やレベルアップに向けた活動を展開することにした。 【今後のスケジュール】 ・現地審査     …2020年秋以降で問題ないと判断した時期に実施 ・審査委員会    …現地審査終了後に臨時で開催 ・選考委員会    …審査委員会終了後に開催 ・日印産連理事会  …選考委員会実施後の次の理事会で承認 ・経済産業省への申請…理事会終了後ただちに申請 ・表彰式      …2021年9月「印刷の月、記念式典」で表彰 ・第20回応募    …2021年11月開始予定 ≫ニュース全文を読む