業界ニュース
Industry news

トップ > 業界ニュース

業界ニュース一覧
434件中 11~20件を表示

2018年04月03日
公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT、塚田 司郎会長)は、2018年4月19日(木)に中国・台湾向けのインバウンドプロモーションをテーマにしたセミナー「インバウンドプロモーションと越境ECの動向~中国・台湾客を呼び込む施策と海外販売の可能性」を開催する。 2017年の訪日外国人旅行者数はおよそ2870万人。中国、韓国、台湾からの旅行者が全体の6割以上を占め、リピーターは地方にも足を運び、宿泊、食事、買い物などを楽しんでいる。地域に、店舗に、インバウンド客を呼び込むためにはその国に合ったプロモーションが重要になる。 同セミナーでは旅行者数が多い中国、リピーター率が高い台湾に注目し、中国最大のSNSである微博(Weibo)が中国のSNS事情と国内企業・自治体での活用事例を、多くの台湾ユーザーを持つテレコムスクエアが台湾人向けの各種プロモーション施策について解説する。さらに外国人旅行者が日本のECで商品を購入する「越境EC」についても越境ECをサポートするtensoから概況や事例を紹介する。 ■ 開催概要 期日:2018年4月19日(木) 14:00-16:40予定(受付開始:13:30より) 会場:公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT)3Fセミナールーム 東京都杉並区和田1-29-11 参加費:一般15,120円(税込)、JAGAT会員10,800円(税込)、 JAGAT印刷総合研究会メンバー無料(研究会のプランにより参加可能人数が異なる) ※セミナー詳細はWebを参照のこと。 https://www.jagat.or.jp/cm2018_inboundpromo ❏ セミナー内容・スケジュール (タイトル・内容は変更可能性がある) 【1】Weiboの力~中国SNS事情とWeiboによるプロモーション事例(新浪日本微博) 【2】台湾市場トップシェアだからこそできる、訪日プロモーション手法(テレコムスクエア) 【3】越境ECの動向とtensoのビジネスについてス(tenso) ≫ニュース全文を読む

2018年04月03日
一般社団法人日本印刷産業連合会(日印産連、山田雅義会長)は5月9日、第三回女性活躍推進セミナーを開催する。今回の講演テーマは、「ダイバーシティ経営の可能性~女性の登用は業績向上の特効薬!!」。  国内労働力人口の構造的な減少から、中小印刷事業者を中心に人材の確保がますます難しくなり、経営の危機に直面するのも時間の問題となっている。女性活躍推進やダイバーシティ経営が注目されるようになったいま、立教大学経営学部の尾崎俊哉教授を講師に招き、現状、ダイバーシティ経営がどのような成果をあげているか、その成功要因は何か、また実施するうえでの課題があるかなどについて明らかにする。  経営者・管理職はもちろん、一般層の方にも参加を呼びかけている。 開催概要は次のとおり。 ・開催日時: 平成30年5月9日(水)14:00~16:00(13:30開場) ・会  場: 日本印刷会館 2階大議室 東京都中央区新富1-16-8 ・対 象: 日印産連会員10団体の加盟事業者の皆さん ・参 加 費: 会員無料(先着定員80名) ・内  容: ■挨拶 (一社)日本印刷産業連合会 常任理事 企業行動委員会委員長 堆 誠一郎氏(宝印刷 代表取締役社長) ■「全日本印刷工業組合連合会におけるダイバーシティ推進への取組み」 全日本印刷工業組合連合会 ダイバーシティ推進委員会 委員長 小野 綾子氏(プライズコミュニケーション 代表取締役社長) ■「ダイバーシティ経営の可能性~女性の登用と業績の向上はどう結びつくのか」 立教大学 経営学部 教授 尾崎 俊哉氏 申込み締切日 :4月25日(水) ※定員に達した場合は、その時点で受付を終了 ≫ニュース全文を読む

2018年04月02日
環境保護印刷推進協議会(E3PA、松浦豊会長)は3月26日、自然保護活動を力強く推進している公益財団法人日本自然保護協会(NACS-J、東京都中央区新川116の10 ミトヨビル2階、理事長=亀山章東京農工大学名誉教授)に10万円を寄付した。  これは、寄付金額として、29年度定時総会で承認された「平成28年度決算の結果、生じた剰余金のうち、100,000円を限度に、社会的な環境保護活動に取り組んでいる公の環境保全事業団体等に寄付する」にもとづき同会に寄付をおこなった。  26日午後、E3PA事務担当者が東京・新川のNACS-J事務局を訪れ、同会担当者に寄付金を贈呈した。これに対し、NACS-JからE3PAに感謝状が贈られた。 E3PAでは、今回、寄付するのにあたって「会の運営方針として毎年事業活動の剰余金の一部を環境保護に関わる団体などに寄付することを掲げており、これまで森林やサンゴ礁の保護団体に寄付をさせていただいた。今年度は、自然保護活動を力強く推進しているNACS-Jに寄付させていただく。ぜひ、当会のコンセプトにあった事業活動に役立ててほしい」と要望した。 NACS-Jは、日本で最初の自然保護団体として1951年に設立され、1960年に自然保護団体として初の財団法人化。2017年3月末現在の会員数は、個人会員1万2985人、団体会員205団体、法人特別会員48法人、寄付サポーター1246人、アクションサポーター1万908人と2万人を超えており、個人の半数近くが自然観察指導員の資格を持っている。印刷業界では、大日本印刷や共同印刷などがNACS-Jと連携・協力している。 ≫ニュース全文を読む

2018年03月23日
 コンバーティングの明日を考える会(田口薫委員長)主催で、第6回セミナーを4月26日開催する。  このセミナーでは、グラビア印刷関連業界全体でこの貴重な知見と経験を共有し、食品パッケージの社会的責任の重さと価値の認識のレベルアップに繋げることが私たちの使命であるとしている。  それには大手も中小も企業の垣根を越え、ともに明日へ向かわなければならないと考え、サスティナブルな業界を目指し、さらなる進化を目指している。  第6回目の今回も、同業界が目指す「環境・品質・コスト」の調和と「安全・安心」をテーマとした。 内容は包装の未来、安全・安心、品質そして環境貢献に向き合う5講演と、今.脅威となっているサイバー犯罪の脅威についての解説となっている。  是非ともこの機会に同業界が直面する現状と進化を学び共に勉強するセミナーにしたいと思っている。 開催概要は次のとおり。 【開催日時】平成30年4月26日(木)午後1時30分~午後5時00分(午後1時受付開始) 【 会 場 】すみだリバーサイドホール(墨田区役所隣り) 東京都墨田区吾妻橋1-23-20 TEL03-5608-6430  【 主 催 】コンバーティングの明日を考える会(事務局 関東グラビア協同組合 ℡ 03-3622-1895) 【 定 員 】300名 (定員になり次第締め切る)  【申込方法 】申込書に必要事項を記入の上ファックスにて申し込む。 【参加費】5,000円/1名 【締め切り】4月21日(土) テーマ名、内容は次のとおり(予定) ■今、中小企業が狙われる! サイバー犯罪の脅威と現状 警視庁サイバーセキュリティー対策本部 (担当官) ■下請等中小企業の取引改善への取り組みについて  中小企業庁 事業環境部 取引課 (課長補佐 下請振興担当 仲 舎菜子) ■日本のポジティブリスト制度化に関する最新動向  日本包装専士会(顧問 西 秀樹) ■持続可能な社会に向けたESG投資・SDGsの動向と軟包装との関係 凸版印刷株式会社 (エコロジーセンター 環境政策部 部長 木下敏郎)      ■ドクターはグラビア印刷の生命線   PAG’S(パッグス)技術研究所(下村恭一) ■品質判定ガイドラインの展開状況について 全国グラビア協同組合連合会 (東包印刷株式会社 品質管理部 部長 高橋昌男) ≫ニュース全文を読む

2018年03月23日
 色彩技術研究会(CTL:Color Technology Labo、武井満会長[日本平版機材(株)])は、2018年4月25日(水)、大阪・大国町で『(色彩計測機を利用した)初めての印刷「色彩管理」勉強会』を開催する。  近年、印刷産業でも色彩計測機器を使用して印刷物や色校正の色彩管理を行う場面が当たり前になってきた。今後「色彩管理」について標準的に数値化が必要で、クライアントを「色彩管理」でリードする立場になる人材の育成が必要だ。  これから現場で色彩管理を行う新人の方や、あらためて「色彩管理」について勉強をしてみたい方を対象に、基礎的な内容から実施例を公開して、現場で役立つ知識の習得を目的とした勉強会だ。  2017年8月、10月に東京で行った同勉強会は大変好評だった。関西地区での開催要望も多くあったので、この度、大阪で開催する。 開催概要は次のとおり。 ■タイトル  色彩計測機を利用した 初めての印刷「色彩管理」勉強会 ■日時  2018年4月25日(水) 13:00~17:15〔12:30開場〕 ■会場  株式会社モリサワ 本社  〒556-0012 大阪市浪速区敷津東2-6-25  (大阪市営地下鉄 御堂筋線・四ツ橋線 大国町駅 徒歩2分) ■勉強会内容(予定)  (1) 印刷物作成における色の基本      〔宇野則彦/ カラードック〕  (2) 分光光度計を使用した色彩管理(濃度設定編)      〔三好民/テシコン〕  (3) 色校正や印刷物の色の表示      〔大友秀樹/ロミクスCS〕  (4) デジタル印刷機の色管理(予定)      〔モリサワ〕  (5) 私の見た印刷業      〔武井満/日本平版機材〕 (※都合により一部内容が変更になることがある) ■参加費  1人 2,000円(税込) ■対象者  印刷オペレータ経験が5年未満の方 ■定員  80名(事前申込制・先着順) 〔申込締切:4月17日〕 ■主催  色彩技術研究会(CTL:Color Technology Labo)  [会員] (同)カラードック、(有)テシコン、日本平版機材(株)、(株)ロミクスCS ■協力  株式会社モリサワ ■勉強会の申し込み及び詳細は下記URLを参照のこと。  http://www.japanprinter.co.jp/pages/ctl_seminar1804.html ■問合せ  色彩技術研究会  [事務局代行]株式会社印刷学会出版部   TEL:03-3555-7911 / FAX:03-3555-7913 ≫ニュース全文を読む

2018年03月20日
公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT、塚田司郎会長)は、2018年5月12日(土)から2019年2月までの全8回で、印刷会社の工場・各職場の管理者、リーダー、ISO の管理者、改善リーダーの方を対象に「工場マネージャー養成講座」を開講する。 ■ 同セミナーの趣旨 利益を生み出す工場改善をテーマに、工場経営という視点で管理者に求められる要素を体系的に学習する。講座の成果を持ち帰った受講生を中心に、きれいで働きやすく、人が生き生き と育つ環境を作ること、その活動を通じて継続的にミスロスを削減し、利益を 生み出す工場を実現することが、同講座の目標だ。 ■ 講座の特徴 ●改善活動の基礎から実践までの知識を学べます。 5S、PDCA など改善の基礎知識を講義で学び、工場見学で知識の定着を促します。またグループワークで実践トレーニングができる。 ●経営数字の読み方を学び経営感覚が体得できます。 改善知識や手法だけ学んでも、工場全体の発展につながるとは言えない。数字を見える化し、収益改善に向けイメージできるようになる。 ●人材育成の基盤となるコミュニケーションが学べます。 改善手法や知識を社に持ち帰り、部員の皆さんに分かりやすく話すことができる。目標を共有し、モチベーションアップにつなげる。 ●1社2名の参加で万全の体制作りができます。 改善は一人ではできない。1 社2 名での参加で、協力し、共に励まし合う仲間ができる。 ●他社との交流で視野が広がります。 受講者同士の意見交換を通じて他社の工場環境と課題を知ることができ、取り組み意識を高めることにつながる。 ■ 開催概要 「工場マネージャー養成講座 第4期」 開催期間:2018年5月12日(土)から2019年2月 全8回 会場:公益社団法人日本印刷技術協会(東京都杉並区和田1-29-11)、および印刷工場 参加費(税込):JAGAT 会員:1社2 名 ≫ニュース全文を読む

2018年03月20日
公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT、塚田司郎会長)は、2018年6月22日(金)から10月13日(土)全11日間で、印刷会社の後継者および幹部の方を対象に「印刷後継者・経営幹部ゼミナール」を開講する。 ■ 同セミナーの趣旨 印刷企業における経営戦略、経営管理知識および経営マインドを総合的な視野で養い、経営者として必要な資質の向上、能力開発、実践能力をみがき、将来の経営者・経営幹部を養成する。第35期を迎える今期は、特に「自社の目指す方向性を実現する戦略立案を持ち帰る」を重点テーマに自社の課題を実際に持ち寄り、ブランド策定演習や新ビジネス開発演習も導入等によりブラシュアップを図っている。 「理論」と「(経営)実践」と「演習」を3つの柱として、自社の戦略立案やエッセンスを学ぶ。講師陣には、現役の印刷企業経営者を招き、自らの体験と経営哲学を語ってもらうとともに、講義聴講後に受講者自らがその経営戦略を分析することで、より理解を深める形式となっている。 ■ 印刷経営の「知識」ではなく「実践」を学ぶ!! 量より質へと市場の成熟化が進み、現在の厳しい経営環境を乗りきるため、従来以上に、環境変化を的確に捉えた経営が求められている。同講座では、一方通行の講義形式ではなく、双方向の実践形式を採用。トップマネジメントの職務遂行に必要な実務能力、知識・スキルを効率的に学習する。 ■ 人づくり、人脈づくりを学ぶ 答えのない変化対応が求められる経営環境では人脈は重要。合宿形式で行われる。印刷業界で同じ志を持つ受講者や講師とのコミュニケーションができることも特徴。共に過ごし、課題や悩みを共有できる。 ■ 開催概要 「第35期 「印刷後継者・経営幹部ゼミナール」」 開催期間:2018年6月22日(金)から10月13日(土) 1泊2日もしくは2泊3日 全11日間 会場:晴海グランドホテル(東京都中央区晴海3-8-1) 参加費(税込):JAGAT会員1名 680,400円/一般1名 884,500円 ≫ニュース全文を読む

2018年03月16日
 一般社団法人日本印刷産業連合会(日印産連、山田雅義会長)は、平成30年3月15日開催の第49回グリーンプリンティング(GP)認定委員会において、新規4工場と更新15工場、合わせて19工場を認定した。この結果、GP認定工場は全391工場となった。  また、同認定委員会において、GP資機材の認定を実施し、7社30製品を認定した。これで、平成30年度(4月1日~)の認定登録製品は671製品となる。  なお、新規4工場のGP工場認定式は、平成30年4月24日(火)15時~17時30分に日本印刷会館大会議室(東京都中央区)で開催する第34回GP工場交流会において執り行う。 第49回グリーンプリンティング(GP)認定委員会による新規認定は次のとおり。 ▽ オフセット:川内印刷株式会社 本社(宮城県登米市)全日本印刷工業組合連合会 ▽オフセット:ジェイティービー印刷株式会社 越谷工場(埼玉県越谷市)全日本印刷工業組合連合会 ▽オフセット:ジェイティービー印刷株式会社 松伏工場(埼玉県北葛飾郡)全日本印刷工業組合連合会 ▽オフセット:光文堂コミュニケーションズ株式会社 社工場(沖縄県島尻郡)全日本印刷工業組合連合会 【新規GP資機材認定製品】 1.洗浄剤:ウエノ株式会社1製品、富士商興株式会社1製品、 株式会社モリタファインケミカル3製品、清匠株式会社10製品、株式会社オノダ10製品 2.セッター:株式会社SCREENグラフィックソリューションズ1製品 3.インクジェット・液体トナー型デジタル印刷機: 株式会社SCREENグラフィックソリューションズ2製品 4.ドライトナー型デジタル印刷機:富士ゼロックス株式会社2製品 ≫ニュース全文を読む

2018年03月08日
 印刷博物館P&Pギャラリーでは3月24日から6月10日まで「進化するデジタル印刷―オンデマンド出版からバリアブル印刷までー」を開催する。共催に凸版印刷 印刷博物館、(一社)電子出版制作・流通協議会オンデマンド制作流通部会、後援に(一社)日本印刷産業連合会、(公社)日本印刷技術協会。  同展では、デジタル印刷が広がることにより、私たちの身の回りにある印刷物はどのように変化していくのかを考える。 「オンデマンド印刷」「プリントオンデマンド」といったデジタル印刷の名称をよく見かけるようになった。 デジタル印刷は従来の印刷とは異なり、「版」を使用しない無版の印刷だ。コンピュータでつくったデータを、デジタル印刷機を使って直接、用紙などに出力する。  最近では出版印刷、商業印刷、パッケージ印刷などの分野で、幅広く活用されるようになってきた。デジタル印刷が進化することで、印刷物はどのように広がり、私たちの暮らしはどう変化していくのだろうか。  デジタル印刷によって製作された多くの事例を紹介する。 会期中、講演会とデジタル印刷実演が行われる。開催概要は次の通り ■講演会 1、これからの出版とデジタル技術の活用   -電子出版・オンデマンド・ショートラン-   講師 : 植村八潮(専修大学文学部教授・日本出版学会会長)   日時 : 4月21日(土)14:00~15:30  2、デジタル印刷出版の海外事例   -オンデマンド・ショートランを活用した事例を中心として-   講師 : 辻本英二(デジタルタグボート株式会社 代表取締役社長)   日時 : 5月12日(土)14:00~15:30  3、デジタル印刷情熱大陸! 実践者語る (1)「WEB×デジタル×パッケージ ハコプレサービスのご紹介」    講師 : 鍛治川和広(株式会社共進ペイパー&パッケージ 常務取締役) (2)「クリエーターの絵本による地域創生」    講師 : 木全哲也(株式会社三恵社 代表取締役) (3)「地域コミュニティとのコンテンツ活用戦略」    講師 : 富沢充芳(朝日印刷工業株式会社 経営企画部部長) (4)「アジアの子供達へ! PODを活用した教材支援」     講師 : 吉江則子(富士ゼロックス株式会社 CSR部部長) ●ファシリテーター:杉田晴紀(富士ゼロックス株式会社 GCS事業本部GCフロンティア部部長)   日時 : 5月19日(土)14:00~15:30 4、出版におけるデジタル印刷活用   -講談社ふじみ野工場5年の取り組みから-   講師 : 土井秀倫(株式会社講談社 業務企画部副部長)   日時 : 6月9日(土)14:00~15:00 ■デジタル印刷実演 展示しているキヤノンのオンデマンドプリンター(imagePRESS C750)を使って、『北斎漫画』(印刷博物館所蔵)の印刷を行う。 ▽日時 : 4月21日(土)13:00~13:30、16:00~16:30      5月12日(土)13:00~13:30、16:00~16:30      6月9日 (土)13:00~13:30、16:00~16:30 ≫ニュース全文を読む

2018年03月07日
 印刷工業会(山田雅義会長)では女性が生き生きと働くことで、『印刷を魅力ある業界に』の実現を目指し、2013年度より女性活躍推進部会(初代部会長:共同印刷 新井妙子氏)として活動を進めている。3月6日、中央区新富・日本印刷会館で、第3期の分科会活動の成果を報告するとともに、活動の中で共通の課題として議論してきた「上司と女性部下のコミュニケーション、キャリア形成支援」について、交流会(ワールドカフェ)を行った。  女性活躍推進部会は、9社13名の委員会を選出して2013年9月に女性活躍推進準備委員会を立ち上げ、現在は女性活躍推進部会として活動している。現在の加盟社数は18社、大日本印刷の金田由美氏が部会長を務めている。  冒頭、小澤典由専務理事が女性活躍推進部会の経緯を紹介し、最終報告会に入った。第一部の分科会活動報告会では、1多様な働き方への意識改革、2キャリアデザイン、3職場のコミュニケーションの三分科会の報告が行われた。1多様な働き方への意識改革分科会では、自分達でできる業務改善の事例を収集し、実際に取り組んでみることで、誰もが継続して働ける職場環境の構築や意識改革を繋げることを重点課題とし、①「職場環境の改善」に繋がる取り組みを行っている企業へ取材し、冊子にまとめて紹介し、②取材や事例研究などで知り得たツールを、メンバーで使ってみて効果を想定した。取材先は、(印刷関係)大洋印刷、水上印刷、千修、トッパン・フォームズ、(他業種)で第一生命保険、三州製菓。取材できなかった日本レーザー、良品計画は事例紹介した。そして、『生の声』をまとめた冊子『Voice』を製作した。活動を通じて見えてきたことは、①トップダウンとボトムアップ、②チーム制・多能工化、③働きやすい環境との三つで、働き続けるため、上司との関わり、キャリアビジョン、広い多様性と共に、個人の能力を最大に活かしていくことが必要という結論に達した。  2キャリアデザイン分科会では、個人と組織の意識改革とコミュニケーションの充実を重点課題に、商談の際に使えるコミュニケーションツールの作成を行った。また、重点課題の背景には①女性自身の目標が不明確、②会社が女性に求めることが不明確、③目標・求めることが共有できていないとし、矛盾点を分析するため、既存のツールを用いた自己分析の有無や満足、問題点、コミュニケーション機会の満足度や問題点を探るアンケートを実施した。  3職場のコミュニケーション分科会では、女性社員が仕事に対し前向きな意識を持って活躍するには、男性上司と女性部下の職場におけるコミュニケーションが充実し、両者が尊重し、今日観・許容し合える良好な関係が作られている状態が必要であると考えた。そして、本音アンケートを実施し、「知って活かせる職場のキモチ」というコンパクトガイドを作成した。そして、アンケートに協力した男性上司と女性部下の方にコンパクトガイドを配布し、同ガイドを使用し、行動変容ができたか事後アンケートを行った。  報告会終了後、金田由美部会長は「しっかりゴールを決め、発表も自分たちでやりながら成長している。今日、改めて最終報告や成果物がわかりやすく、成長を嬉しく感じる。今日はスタートであり、これまで勉強したことを会社に持ち帰ってほしい」と総括を述べた。  休憩を挟んで、交流会(ワールドカフェ)と懇親会が行われた。 報告会  金田由美部会長が総括を述べる ≫ニュース全文を読む