業界ニュース
Industry news

トップ > 業界ニュース

業界ニュース一覧
719件中 1~10件を表示

2020年01月17日
 埼玉県印刷工業組合(岩渕均理事長)は1月16日、ベルビィ大宮サンパレスで2020新春賀詞交歓会を開催し、組合員、関連企業、来賓など91名が参加した。  岩渕理事長は昨年暮れの新聞等で報じられた、「経済協力機構(OECD)が実施した学習到達度調査(PISA)で、日本の高校1年生の読解力が世界で15位に低下したことにふれ、「2012年は4位、2015年は8位だった。原因は何か。便利な道具ができ、こればかりやっていると読解力が低下する。じっくり読むのは紙の方が向いている。溝口社長(溝口洋紙)から『ペーパーレス時代の紙の価値を知る』という本を紹介された。パーパレス時代を迎え、紙の良さが再認識されている。紙はページを行ったり戻ったり、めくれる。さらに紙はシンプルな多機能で、考えながらメモができる。初等教育において、子供たちにはまず紙で読み書きを教えるべきだ」と述べ、「組合ではデジタルの良さと紙の良さをアピールし、業態変革して業績を上げていきたい」と抱負を語った。  次いで、来賓紹介に続き、来賓の宮﨑栄治郎埼玉県議会議員、関根信明埼玉県議員、田中良生衆議院議員(代理)、大野元裕埼玉県知事(代理)、埼玉県中小企業団体中央会の松本充良氏が祝辞を述べた。  引き続き、関連企業が紹介され、代表して溝口泰男社長は「印刷と紙の良さが見直されている。読解力の地下は数字的、科学的に大きく影響し、国家の衰退となる。全印工連のHappy Industryにあやかり関連企業も切磋琢磨していく」と挨拶した。  この後、新井正敏顧問から事務所が熊谷から大宮に移転し、事務局員も新しくなったことを報告し、「今日の参加者が91名。私が理事長、副理事長の時から一番多い参加者だ。埼玉工組あげて、今日のイベントに臨んだ」と述べ、乾杯し歓談に入った。  岩渕理事長  賀詞交歓会に先立ち、新春講演会が行われ、埼京印刷 代表取締役の惠勇人氏(埼玉県印刷工業組合 副理事長)が『誰でもわかる組合の魅力と価値』をテーマに講演した。講演では、まず「組合に入ったからには活かしきる、使いきる、情報を取りにいく。スケールメリットを活かしきることが大切だが、使いきっている人が少ない」と結論を述べ、非組合員と組合加盟企業の比較をした。惠氏は1968年生まれ、現在51歳。16歳で輪転会社に入社し、19歳の時に父親と印刷会社を始め、31歳で社長に就任した。埼玉県印刷組合には平成16年に加入したが、当時の組合員は160ぐらいいた。当時、下請け専門でやっていた会社は1社だったが、その後、様々なことに取り組むようになった。現在は2色刷り専門。そして、昨年で創立30周年を迎えた。  さらに、業界の現状、埼玉県印刷工業組合とは、今さら組合?魅力を感じるかなどについて説明し、「まずは青年部に参加してみませんか」と呼びかけた。  惠副理事長 ≫ニュース全文を読む

2020年01月17日
 一般社団法人日本印刷産業機械工業会(JPMA、宮腰巌会長)は1月16日、港区芝公園・東京プリンスホテルで2020年年始会を開催し、会員、関係省庁、需要業界、関係団体、来賓など320名が参加した。  宮腰会長は昨年を振り返るとともに、今年開催される東京オリンピック・パラリンピックが国内景気の起爆剤となる事を期待していると述べ、本年6月ドイツで開催されるdrupa2020にふれ、「メッセ・デュッセルドルフによると、昨年11月末現在の出展申込み状況で、日本企業の実質展示面積は21,452㎡となっており、国別出展規模はドイツに次いで、世界二位の出展規模となっている。これは我が国印刷産業機械が世界市場において重要な位置づけにあることの現れだ。drupa2020を通じて我が国印刷産業機械が、世界の印刷産業発展に貢献できる物と確信している」と促した。  さらに、同工業会の活動について述べ、本年から開始する新たな活動として「一つ目は経済産業省が推進している『技術等情報管理認証制度』に基づいた、情報管理の業界標準モデルの策定を行う事。三菱総合研究所の指導の下、JPMA情報管理標準モデルを策定し、委員会・部会を通じて普及に努めていく。二つ目が、アジアプリント連盟加盟国としての活動だ。今後、重要性が増す市場であるアジア市場に目を向け、アジア各国とのネットワークを強化するため、アジア13ヵ国の印刷関連団体が加盟するアジアプリント連盟に、昨年末加盟し、本年より、アジアプリント加盟国としての活動を行っていく」と抱負を語った。  次いで、来賓の安田正一経済産業省製造局産業機械課課長補佐と浅野健日本印刷産業連合会副会長が祝辞を述べた。  この後、森澤彰彦日本印刷産業機械工業会副会長の発声で乾杯し、歓談に入った。  宮腰会長 ≫ニュース全文を読む

2020年01月17日
 鈴木和男氏(=東京都印刷工業組合 元副理事長、港支部・オカモトヤ相談役)令和2年1月3日逝去。享年103歳。  葬儀は、故人の遺志により近親者にて相済まされ、また、御香典、御供物の儀は固く辞退している。  なお、「お別れの会」は後日改めて執り行われる。 ≫ニュース全文を読む

2020年01月16日
 神奈川県印刷工業組合(江森克治理事長)は1月15日、横浜市中区・ロイヤルホールヨコハマで令和2年新年賀詞交歓会を開催し、組合員、賛助会員、来賓など130名が参加した。  江森理事長は「今年の干支はネズミで、十二支の最初で何かが始まる年と言われる」と述べると共に昨年を振り返り「今年はいよいよオリンピックが開催される。オリンピックで何かレガシーが残り、次の時代が始まるきっかけとなる。経済、中でも製造業は元気学校ないが、横浜市周辺では大きなプロジェクトがあり、建設業中心に好調だ。オリンピックをきっかけに元気に駆け抜けてほしい」と述べた。  また、昨年の用紙値上げや製紙メーカーの減産にふれ、「紙の調達ができず注文が取れなかった、需要があるが供給できず悔しい思いをした。ぜひ製紙メーカーは社会的責任を果たしてほしい。また、紙の出口の古紙の回収も、中国が輸入しなくなり、それ以来、古紙市場が暴落し、古紙回収業は厳しい状況だ。紙のリサイクルは平安時代に始まり、江戸時代には仕事として成り立っていた。紙の再利用は日本の文化であり、紙が回収され紙になり、戻ってくる。神奈川工組では情報収集しながら対応していく。新しい時代に新しいことに挑戦して頂き、神奈川工組として事業の手伝いをし、知恵を出して展開していく」と抱負を語った。  次いで、来賓紹介に続き、来賓を代表して前田乾一郎神奈川県産業労働局産業部 産業振興課副課長、畠山淳一神奈川県中小企業団体中央会 連携開発部部長が祝辞を述べた。  祝電披露に続き、加藤元弥神奈川県議会議員の発声で乾杯し、歓談に入った。歓談の途中でお楽しみ抽選会が行われた。  江森克治理事長 ≫ニュース全文を読む

2020年01月15日
 東京都印刷工業組合(東印工組、臼田真人理事長)は1月14日、千代田区丸の内・バレスホテル東京で令和2年新春の集いを開催し、組合員をはじめ、議員、関連団体からの来賓など610名が参加した。  臼田理事長は新春の集いへの多数の参加と、昨年、東印工組が創立70周年にあたり記念式典、記念パーティや30年ぶりに開催された合同慰霊祭などの行事に多数の組合員が参加したことにふれ、「団結と協調を再確認し、この印刷産業に対する熱い思いを全組合員と共有でき非常に意義があった」と感謝の意を示した。  さらに、今年、2020東京オリンピック・パラリンピックが開催されることに対し、「ビジネスへの波及効果、そして多くの海外からのお客様を迎え、インバウンド需要に期待感が増す。これを期待に終わらせず需要の波を確実に捉え、確固たる成果につながるように東印工組は引き続き、『HAPPY INDUSTRY 人々の暮らしを彩り幸せを創る印刷産業へ』をブランドスローガンに組合員1社1社がハピネスカンパニーになるように、幸せな働き方改革、事業承継、そして東京都助成によるテレワーク導入支援など従来の事業に加えた事業を力強く推進していく。東印工組は印刷産業の輝く未来に向け、皆様と共に大きな変化を捉え、社会になくてはならない、新しい印刷産業の構築を目指し、幅広い事業を推進していく」と抱負を述べた。  次いで、来賓の大村功作東京都中小企業団体中央会会長は「今年はオリンピックの年で、相当の経済効果があるが、終わった後の景気の問題がある。2020年は当会において積極的に事業を計画していくので参加してほしい。今年は庚子の年、新たな変革を遂げる年にワンチームとなり発展してほしい」と祝辞を述べた。  引き続き、臼田理事長から昨年、都知事賞を受賞した浅野健参与理事へ記念品が贈られた。浅野参与理事は「ありがたいこと。一番大変だった時代、楽しい時代は過ぎている。当時お付き合いした何人かは天空の向こうで笑いながら見ていると思うが、ありたがった、いい経験をさせて頂いた」と謝辞を述べた。  この後、12社の新加入組合員が登壇し、滝澤光正副理事長の発声で乾杯し、祝宴に入った。祝宴の途中で小池百合子都知事がお祝いに駆け付けたほか、お楽しみ抽選会が行われた。  宴もたけなわ、22支部長が登壇し、白橋明夫組織共済委員長が中締めをした。  小池都知事と臼田理事長  謝辞を述べる浅野参与理事  新加入組合員12社が登壇し、滝澤副理事長の発声で乾杯  22支部長が登壇し、白橋組織共済委員長が中締め ≫ニュース全文を読む

2020年01月09日
 一般社団法人日本印刷産業連合会(日印産連、金子眞吾会長)は1月8日、港区虎ノ門・The Okura Tokyo(旧ホテルオークラ東京)で2020年新年交歓会を開催し、10団体会員、経済産業省をはじめとする政界、産業界、マスコミ業界からの来賓など650名が参加した。  金子会長は「社会の転換期に対応するため、日印産連では経営方針であるグランドデザインと国連のSDGsの考えを基本としており、今年も時代の変化を先取りし、さらに事業を進めていく」と述べ、重点として推進している地域創生について「全国の印刷会社がビジネスパートナーとして地域活性化に関わり地域社会に貢献できるよう、さらに事業を進めていく。新たなビジネスモデルを業界で共有し水平展開することで、日本各地の印刷会社による新たな自社製品やソリューションの開発促進に寄与していく。さらに、今後は地域の中小企業におけるデジタルトランスフォーメーションの活用が重要となると考え、印刷会社はその活用のサポートを展開することで、事業拡大ができると確信している」と促した。  また同連合会で推進しているグリーンプリンティング認定制度、プラスチックごみ問題や女性活用推進に述べるとともに、7月に開催される東京2020オリンピック・パラリンピックにふれ「この大会に関連するビジネスはもちろんのこと、多くの外国人観光客を迎えインバウンド需要も日本各地で期待できるはず。自治体、企業などあらゆるステークホルダーと連携し新たなビジネスモデルを私たちの手で生み出す年にしたい」と抱負を語った。  次いで、来賓の小笠原陽一経済産業省商務情報政策局審議官は「印刷業界は全国各地の地域に根ざした代表的な産業であり、地方の活性化に大きく貢献し、業界としてさらに発展することで日本経済の発展に不可欠である。経済産業省では昨年11月に印刷産業の取引実態の現状調査を行い、印刷産業のさらなる発展、様々な技術を生み出していく。そうした中で地方創生は今後の方向性の柱として期待している」と祝辞を述べた。  引き続き、宮腰巌一般社団法人日本印刷産業機械工業会会長は「今年は東京オリンピック・パラリンピックと、印刷業界にとってはdrupa2020がドイツで開催される。出展規模はドイツに次いで2番目であり日印機工の会員企業も出展しているのでぜひ大勢の方々に足を運んで頂きたい」と述べ、乾杯した。  宴もたけなわ、会員10団体の会長が登壇し、内藤正和全日本スクリーン・デジタル印刷協同組合連合会会長が中締めを行った。 金子眞吾会長 乾杯の発声する宮腰巌日印機工会長 10団体の会長が登壇し、中締め ≫ニュース全文を読む

2020年01月09日
公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT,塚田司郎会長)は、『page2020』にて印刷・メディアビジネスの未来を語る基調講演を行う。 『page2020』は 2020 年 2 月 5 日(水)から 7 日(金)までの 3 日間、サンシャインシティコンベンション センターにて開催される、毎年開催では日本最大級の印刷メディアビジネス総合イベントだ。 『page』では、 印刷メディアにとどまらず、デジタルも含めた幅広い領域をテーマに各界の第一人者がディスカッションを 繰り広げるセッションを多数開催。中でも基調講演は未来の印刷・メディアビジネスを考える上で特に重要な テーマを取り上げるため、各方面から高い注目度と多くの参加者を集めている。 【基調講演 1】「デジタル×紙×マーケティング」決定版 日時:2月5日 10:00~12:00 【登壇者】 フュージョン株式会社 代表取締役会長 花井秀勝氏 株式会社グーフ 代表取締役 CEO 岡本幸憲氏 アビームコンサルティング株式会社 顧問 本間充氏 公益社団法人日本印刷技術協会 専務理事 郡司秀明氏 【趣旨】 JAGATでは「デジタル×紙×マーケティング」というテーマで、2年半にわたり、近未来の印刷ビジネスの姿を模索してきた。今回は近年の議論で中心的な役割を担った3名が登壇し、決定版的な内容の基調講演を行う。 花井氏はサービスプロバイダー的な立ち位置から、本間氏はブランドオーナー、マーケッターの立場から、そして岡本氏 はプラットフォーマーという観点から、それぞれ発言していく。 同セッションでは印刷ビジネスの近未来を見据え、具体的なビジネスに落とし込み、人材育成や設備導入や時期まで含 めて考えます。5年後の印刷会社の姿を考える上で必聴の基調講演だ。 詳細 https://page.jagat.or.jp/session/detail_7.html 【基調講演2】ライト出版市場の誕生と広がり ~縮小する既存出版の外側で膨らむ市場~ 日時:2月6日 10:00~12:00 【登壇者】 文学フリマ 望月倫彦氏 技術書典 高橋征義氏 ビズケット 坂本海氏 公益社団法人日本印刷技術協会 主幹研究員 藤井建人氏 公益社団法人日本印刷技術協会 研究員 松永寛和氏 【趣旨】 既存の出版市場が縮小する一方で新種の出版市場が誕生、急速な広がりを見せています。ここで活発に創作・印刷・売買されているのは、アニメ・マンガなどの二次創作を含む現代的な意味の同人誌ではなく、文芸書や技術書、ビジネス書と いった文字物が主体だ。 従来の正規出版とオタク的な同人出版の中間的な、いわば「ライト出版」とも呼ぶべき市場であり、より幅広い層が参加し て、会場は熱気に包まれる。代表的なライト出版の即売会コミュニティは、文芸書の「文学フリマ」、技術書の「技術書典」、 ビジネス書の「ビズケット」などが知られている。デジタル印刷の普及を背景の一つに生まれたこのライト出版市場の可能 性についてこれらコミュニティのリーダーが議論する。 詳細 https://page.jagat.or.jp/session/detail_8.html 【基調講演 3】事業創造のオープンイノベーション ~中小企業連携で復活する東東京下町のものづくり~ 日時:2月7日 10:00~12:00 【登壇者】 株式会社浜野製作所 代表取締役 CEO 浜野慶一氏 望月印刷株式会社 常務取締役 関信行氏 株式会社サンコー 取締役社長 有薗悦克氏 公益社団法人日本印刷技術協会 主幹研究員 藤井建人氏 【趣旨:】 板金を祖業とする浜野製作所は社屋の全焼によって社員2人になってから復活。潜水艇「江戸っ子1号」などの開発を 通して地元下請け企業ネットワークによる産学官連携を構築し、墨田区の地域一体型オープンファクトリー「スミファ」の立ち 上げと運営も主導した。 もはや社内の経営資源だけで他と差別化できる新規事業を創出することは難しくなっている。社外リソースの活用や 社内外連携によるアイデアの創発が求められる時代だ。 一度は壊滅しかけた東京下町のものづくりはなぜ復活しつつあるのか。新たな価値を生む組織のあり方、社内外ネットワークの構築手法、サービス開発体制、工場見学の手法、そして地域社会との接点など、墨田区・台東区のものづくり3社が 事例発表を通して議論する。 詳細 https://page.jagat.or.jp/session/detail_9.html ≫ニュース全文を読む

2019年12月24日
 電子出版制作・流通協議会(電流協)は2020年1月27日、オープンセミナー「デジタルファースト/ライツファースト時代の出版ビジネスモデル―2020年のトレンドを予測する―」を開催する。  出版ビジネスの構造が、大きく変容しようとしている。容易でなかったこの分野への参入障壁はほとんどなくなり、一方でこれまでにはなかった新たなプラットフォームも続々生まれつつある。  その新しい出版ビジネスのキーワードとなっているのが「デジタルファースト」そして「ライツファースト」だ。 新たな環境において出版ビジネスの形はどのような形で動いていくのか。事例を基に2020年の出版市場を展望する。 【タイトル】 デジタルファースト/ライツファースト時代の出版ビジネスモデル―2020年のトレンドを予測する― 【内容】 1.デジタルファースト/ライツファースト時代の出版ビジネスモデル    堀 鉄彦氏(コンテンツジャパン代表取締役) ○2019年はどんな年だったか   ニュースを振り返りつつ、出版ビジネスの構造変化を解説 ○デジタルファースト出版の歴史と出版ビジネスモデルの変化 ○何か無くなるのか、何が重要になるのか ○デジタルファースト型ビジネスモデルの具体例──急成長する新しいプレーヤー ・投稿サイトの今(小説家になろう、エブリスタ他)が象徴する変化 ・漫画動画、SNS漫画などに見る出版マルチプラットフォーム戦略の今 ・海外出版企業の「拡出版戦略」顧客/ライツファーストの先進事例「Meredith」 ・GAFAだけでない、今生まれつつある新たなプラットフォーム ○デジタルファースト出版を支えるテクノロジー ○デジタルファースト時代の原理 ○2020年の出版市場予測 2.デジタルファースト型PODプラットフォーム「Seln」が目指すもの    豊川 竜也氏(ニューブック代表取締役社長) 【開催日時】 2020年1月27日(月)15:00~16:30(14:30 開場・受付開始) 【開催場所】 〒102-0082 東京都千代田区一番町25番地 JCIIビル 6階会議室 アクセス:https://aebs.or.jp/access.html 最寄駅:東京メトロ・半蔵門線  半蔵門駅 4番出入口より徒歩1分 ※ JCII…Japan Camera Industry Institute       一般財団法人 日本カメラ財団 【講師】 株式会社コンテンツジャパン代表取締役 堀 鉄彦 氏 株式会社ニューブック代表取締役社長 豊川 竜也氏 【参加費】 電流協会員社:無料、非会員社:3,000円(当日会場にて支払う) 【定員】 100名 ※ 定員を超過した場合は断る場合がある。 【お申込み方法】 申込みは下記より申し込む。 https://aebs.or.jp/seminarreport.html ≫ニュース全文を読む

2019年12月20日
公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT、塚田司郎会長)は、2020年1月 22日(東京)・24 日(大阪)の2日間、2会場において研究会セミナー「印刷ビジネスの動向と展望2019-2020」 を開催する。 2019年は用紙不足と天災に悩まされる反面、改元、選挙、増税など、例年になく景気の刺激材料に恵まれた年で もあった。一方では、大手企業の減益決算報道が増え、IT企業もその例外ではなくなり、世界経済の牽引役だ った中国も失速するなどした。世界のどこにも明確な成長領域のない時代を迎えつつある。 新たな十年紀が幕を開け、五輪イヤーでもある2020年は、印刷会社にとってどのような年になるか。政治・経 済・法改正・メディア・関連市場、需給バランスなど、印刷ビジネスに影響を与える材料を洗い出し、米国市場 の状況も参考に分析。来たる2020年の市場規模と環境変化の方向と対応を予測する。 ■ 開催概要 ●主催:公益社団法人日本印刷技術協会 ●日時と会場 東 京:2020年1月22日(水) 15:00-17:00 定員40名 公益社団法人日本印刷技術協会 〒166-8539 東京都杉並区和田1-29-11 大 阪:2020年1月24日(金) 11:00-13:30 定員20名(昼食付き) 大阪印刷会館 〒534-0027 大阪府大阪市都島区中野町4-4-2 ●参加費:一般 15,400円、JAGAT会員11,000円(税込) ■ セミナー内容・プログラム ※詳細はWebをご参照ください。https://www.jagat.or.jp/pm20200122 印刷ビジネスの動向と展望 2019-2020 ~2019 年総括と 2020 年展望~ (1) 2019 年総括(印刷産業・印刷市場・印刷メディア・印刷経営ほか) (2) 2020 年展望(経済予測・印刷関連予定・経営者予想・印刷市場規模予想ほか) 公益社団法人日本印刷技術協会 研究調査部 藤井建人 氏 ≫ニュース全文を読む

2019年12月20日
 一般社団法人日本印刷産業連合会(東京都中央区、日印産連)は、2019 年 12 月 19 日開催 の第 57 回グリーンプリンティング(GP)認定委員会において、共同印刷(株)五霞工場をはじめ、新規 7 工場と更新 27 工場、合わせて 34 工場を認定した。この結果、GP 認定工場は全 417 工場となり、 SDGs の実現に向けて、印刷業界全体の環境負荷低減がますます加速するものと思われる。  また、同認定委員会において、GP 資機材の認定を実施し、4 社 11 製品(洗浄剤 5 製品、ドライトナ ー型デジタル印刷機 4 製品、インクジェット式デジタル印刷機 4 製品)を認定した。これで、 認定登録製品は 692 製品となる。  新規 7 工場のGP工場認定式は、2020 年 1 月 24 日(金)15 時~17 時 30 分に日本印刷会館大会議 室(東京都中央区)で開催する第 41 回GP工場交流会において執り行う。 第 57 回グリーンプリンティング(GP)認定委員会による新規認定は次のとおり。 ▽オフセット: 共同印刷株式会社 五霞工場 (茨城県猿島郡) ▽オフセット: 大日印刷株式会社 東京営業所 (東京都墨田区) ▽オフセット: 兵田印刷工芸株式会社 本社・本社工場 (兵庫県西宮市) ▽オフセット : 株式会社東文社 (東京都北区) ▽オフセット:有限会社ニシツジ 本社・本社工場 (東京都江東区) ▽シール:株式会社友功社 本社・工場 (東京都練馬区) ▽シール: 株式会社友功社 河北工場 (山形県西村山郡) ≫ニュース全文を読む