凸版印刷、NHK、NHKプロモーションと共同でVR映像作品『貴婦人と一角獣へのオマージュ』を製作
2013年04月19日

 凸版印刷(金子眞吾社長)は、NHK、NHKプロモーションと共同で、VR(バーチャルリアリティ)映像作品『貴婦人と一角獣へのオマージュ』を製作、このたび完成した。
 同VR映像作品は、2013年4月24日から国立新美術館で開催される『貴婦人と一角獣』展で初公開する。
 
 同VR映像作品は、フランス国立クリュニー中世美術館が所蔵する6面の連作タピスリー《貴婦人と一角獣》の高精細デジタルアーカイブを実施し、VR映像で再現するもの。最新のデジタル撮影による約204億画素におよぶ膨大なタピスリーの高精細デジタルアーカイブデータを活用することで、肉眼では見ることができないほど細部まで拡大し鑑賞できる。
 また、展示室では作品保護を目的に、明るい照明環境での鑑賞を控えているが、本VR映像作品では、通常では難しい明るさでの鑑賞が可能。
さらに、高い位置にある図柄を正面から鑑賞できるほか、貴婦人の顔や装飾品など6面のタピスリーに描かれる同じ図柄を比較する。デジタル映像ならではの演出を施し、通常の展示では観ることが難しい細部やモティーフの鑑賞を可能にした。
 国立新美術館の展覧会場に設置されるシアターでは、6台のハイビジョンプロジェクターを用い、幅約11m、高さ約3mの大型スクリーンで本VR映像作品を上映する。臨場感あるシアターでタピスリーの世界を大画面でじっくりと観ることができる。
 同VR映像作品は、同展覧会が巡回する大阪・国立国際美術館でも公開する。