凸版印刷  店頭販促ツールを最適生産するシステム「エプリザ」を提供開始
2013年04月18日

 凸版印刷(金子眞吾社長)は、POPやチラシ、パンフレットなどの店頭販促ツールを最適生産するシステム「エプリザ」の提供を、2013年5月中旬より開始する。
 「エプリザ」は、導入企業が流通・小売店舗に提供する店頭販促ツールの拠点ごとの発注情報をWeb上で集約し、発注数量に応じた最適生産を行うシステム。印刷単価は、集約した発注数量をもとに、システム上で最適な生産方法を自動選択する変動単価制を採用。オンデマンドプリントを活用した少部数生産から、オフセット印刷機などを用いた大量生産まで幅広く対応する。導入企業は、同システムを活用することにより、数量に応じた変動単価制によるコスト削減と、最適生産による余剰在庫と在庫廃棄量の削減、Webオーダー型システムによる管理作業の負荷軽減を実現できる。

■ 開発の背景
 生活者のライフスタイルの多様化により、商品に対する市場のニーズが多角化している。これに伴い、店頭 で他社の類似商品と差別化するためにも、店頭販促ツールの重要さが増している。通常、店頭販促ツールの生産は、メーカーや流通などが使用量を予測して一括発注し、流通・小売店舗からのオーダーにより分配するという手法が一般的。そのため、見込み違いによる過剰生産や、過少生産による少部数生産の積み重ねなど、在庫負荷やコスト負荷を抱えてしまうという課題があった。また、これらをWeb上で管理できるサービスはあったが、生産量や生産方法が変わっても単価が同一であったり、数量が少ないと大幅に単価が高くなってしまったりといった課題があった。
 同システムは、発注数量に応じて最適な生産方法を自動で選択する変動単価制を採用しているため、導入企業のコスト負担を軽減できる。また、これまで培ってきた印刷会社としてのノウハウを活かした高品位印刷により、色調など品質面でも高いクオリティを提供。さらに、制作から印刷・納品まで、全体最適化に向けた効率と利便性の良いワークフローを実現する。

■「エプリザ」の特長
・発注数量に応じた変動単価制を導入
店頭販促ツールの発注数量に応じて、オンデマンド印刷とオフセット印刷を最適に使い分けることで、数量に応じた変動単価制を実現。印刷費のトータルコストを削減できる。
・少部数から大部数生産まで幅広く対応
最新鋭のオンデマンド印刷機や大量生産用のオフセット印刷機を用い、部数に応じた最適生産を行うことにより、1部から大量生産まで幅広く対応できる。
・余剰在庫と在庫廃棄量を削減し、環境負荷を軽減
発注ごとに、発注された数量のみ生産するため、余剰在庫と在庫廃棄量を削減。環境負荷を低減する。
・さまざまな仕様のPOPにも対応
チラシやパンフレットのみならず、店頭で使用するさまざまな形状のPOPも、数量に応じた最適生産が可能。
・導入企業が希望する納入方法に対応可能
通常の印刷物と同様、配送センターにてセット、配送、納入を管理。導入企業の要望に応じて、拠点納入や店頭へ直接納入といった納入方法に対応できる。
・Webシステムにより、発注管理者の業務負荷を軽減
シンプルな画面構成でユーザビリティの高いインタフェースを実現。印刷単価や梱包・発送費は自動計算されるため、販促予算の管理も容易。
・高いクオリティを実現
これまで培ってきたノウハウを活かし、色調など品質面でも、印刷会社ならではの高品位な店頭販促ツールを提供する。
・デザイン制作の指示・スケジュール管理も可能
導入企業が、広告代理店やデザイン会社などの店頭販促ツール制作者を利用者登録することにより、デザイン制作の指示やスケジュール管理が行える。

■ 価格
 基本システム利用料 15万円/月~。
 ※仕様により異なる。