凸版印刷 新群馬工場の緑化計画が「都市開発版SEGES」の認定を取得
2013年04月12日

凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)は、2014年3月の竣工を目指し、新群馬工場(仮称)(群馬県邑楽郡明和町、以下 新工場)の建設を進めている。このたび、新工場の緑化計画が、財団法人都市緑化機構による「社会・環境貢献緑地評価システム(SEGES:シージェス)」から「緑の保全・創出により社会・環境に貢献する開発事業(都市開発版SEGES)」として認定された。  なお、工場敷地内における緑化計画として「都市開発版SEGES」の認定取得は初めてとなる。

 

■新工場の緑化計画 と 評価ポイント  

 今回、新工場では、「地域の生態系ネットワークの生産拠点」をコンセプトに、敷地内の緑化計画を立案、工場緑地により地域環境に貢献する。  

新工場の周辺地域では、冬季、北西からの季節風「からっ風」が有名。また過去には、夏季に利根川の氾濫による水害が発生するなど、厳しい環境の中で培われた風土がある。  

地域の家々では、北西側にカシなどによる防風林をつくり、米や味噌など生活必需品を、堤防と同じ高さの堤の上に築いた「水塚」(ミズヅカ/ミツカ)に収蔵して守っていた。  

また周辺は、敷地南側に利根川、北側には多々良沼など湿地を伴う沼地が点在し、特に湿地にはオオヨシキリやセッカなど特徴的な鳥類が多く確認されている。

 そこで緑地計画では、敷地全体に高木で約500本、中木で約2,000本、低木で約5,000本を植樹して、30%以上の緑地率を確保。また雨水を有効利用した湿地エリアの「レインガーデン」を採り入れ、雨水が地面に浸透する透水面積率で約50%を目指す。  

具体的には、防風林と水塚による景観をデザインに取り込む「風の森ゾーン」、生態系ネットワークを意識した地域植生による郷土の森づくりをコンセプトとした「雑木の森ゾーン」、このエリアでは、河畔林としての湿性環境を再現し、希少な蝶であるミドリシジミの誘引も目指している。また竣工後には、「雑木の森ゾーン」を中心に、緑地内での発生材有効活用や生物多様性促進の設備を活用した所内および、近隣住民も含めた、環境教育イベントなどの企画運営についても検討している。その他、「花の森ゾーン」として、桜並木を中心に、「県立つつじが岡公園」で有名なツツジや、特産物であるシクラメンを導入、花や緑の多様な特性を活かし、地域景観に貢献していく。  これらの社会貢献を具現化した緑地計画が高く評価され、社会環境貢献緑地として認定された。

■都市開発版SEGESとは  

SEGES(シージェス:社会・環境貢献緑地評価システム)は、財団法人 都市緑化機構が貢献度の高い優れた緑を評価認定する、いわば「緑の認定」。 SEGESでは、企業などが積極的に保全・維持・活用に取り組む優良な緑地を認定している。「都市緑化版」SEGESは、都市開発での緑地創生計画を評価し、緑の保全・創出により社会・環境に貢献する開発事業を評価認定するもので、既存の緑地を良好に維持管理する「そだてる緑」に対し、「つくる緑」と呼ばれている。

 

■凸版印刷の生物多様性に関する取り組みについて  

凸版印刷は、生物多様性の保全や自然の恵みの持続的な利用に、積極的に取り組んでいくため、2010年4月に「生物多様性に関する基本方針」を策定した。「生物多様性に関する基本方針」では、凸版印刷が考慮すべき生物多様性として、紙などの原材料調達、水の利用・排水、化学物質の排出、事業所が立地する土地と周辺の環境など に対する規定をしている。  

新工場の建設にあたり、事業所が立地する土地と周辺の環境に配慮した緑地を立案、建設を進めている。

 

■新工場 について

・事業主体名凸版印刷株式会社

・所在地:群馬県邑楽郡明和町大輪(明和第三工業団地 内)

・緑地面積:約45,000平方メートル

・竣工予定:2014年3月

・製造品目:包装材料