金羊社 MJG常設展 4月~6月のテーマは『ANIMAL JACKET LP COLLECTION 』 
2013年04月10日

金羊社(東京都大田区、浅野健社長)の本社4階ギャラリーで開催の「ミュージック・ジャケット・ギャラリー(MJG)」常設展(4月~6月)のテーマは「ANIMAL JACKET LP COLLECTION 」と題して、動物をデザインテーマにした楽しいLPジャケットを選りすぐって展示する。
 MJG常設展は昨年の秋に5周年を迎えた。今回は4月春からのスタート、春は動物たちが互い冬眠から目覚める季節ということで、LPの平面陳列は動物ジャケットを集めてみた。動物ジャケットといっても様々なものがある。動物ジャケといえば、犬と猫によるものが一般的に親しまれており、特に猫ジャケは単独のジャケット集が出版されるほど人気があるようだ。ここでは、犬や猫に限らず、鳥類も含めた動物全体を網羅している。デザイン的にみると、ロックというジャンル、特にハード・ロック/へヴィ・メタルのジャケットはライオンやトラなどのパワフルな動物をモチーフにしたもの、これとは対照的にポップスにはネコやトリなどの親近感のある動物をモチーフにしたものが多くみられる。さしずめ今回の展示はジャケットによる動物園といえるかもしれない。ヴァラエティに富んだアニマル・ジャケットの世界を是非とも堪能しよう。
 今回の立体陳列(ガラス・ケース)は、動物つながりということで、木製(ウッディ)のCDボックスを集めてみた。金属製やプラスチック製の仕様と違って木製のパッケージには独特のぬくもりや安心するような質感がある。地球温暖化が危機的状況にある今日では、エコ(紙)パックと同様にエコロジー的にもフィットしたパッケージといえる。ここでは、本物のギター・アンプさながらのAC/DCの全世界5,000セット完全限定生産6枚組(3CD+2DVD+1LP)『BACKTRACS DELUXE COLLECTOR'S EDITION』(SONY 2009)、これまた本物のギター・ケースさながらのKISSの初回限定生産5枚組『KISS BOX/SPECIAL LIMITED EDITION』 (UNIVERSAL2001)、ドゥー・ワップの歴史を集大成した詳細な資料本も同梱された4枚組ボックス・シリーズ『THE ENCYCLOPEDIA OF DOO WOP/VOL.1~3』(COLLECTABLES2000~2002)など、特殊仕様による様々なウッディ・パッケージを堪能ください。
 各時間こと先着20名限定。詳細は金羊社のホームページを詳細のこと。

 www.kinyosha.co.jp/mjg/