インプレスR&D 大日本印刷 「オープン本棚」のWindows用ソフトを無償公開
2012年02月16日

「オープン本棚」の仕組みインプレスR&Dと大日本印刷は共同で、異なる電子書籍販売サイトで購入した電子書籍を一元管理するソフトウェア「オープン本棚」の研究開 発を進めており、2011年12月にAndroid搭載端末向けに開発した試用版アプリを公開している。その後、Windows環境のパソコンでも利用し たいとの要望が多いことから、今回Windowsに対応した試用版ソフトウェアを開発し、2012年2月16日から一般ユーザー向けにテスト公開する。
「オープン本棚」は、読者の利便性を最大化するための電子書籍用ソフトウェアシステムで、文書フォーマットやビューワの異なる複数の電子書籍販売サイトで購入した電子書籍でも、一元管理できる。

「本棚」という、読者になじみのある外観を採用したことで、電子書籍という新しいパッケージコンテンツにおいても、これまでの本と同様に誰でも違和感なく利用できる環境を提供している。
Android用アプリに加えて、今回Windows用の試用版ソフトウェアも提供して、WindowsとAndroid の2つのOS(Operating System)に対応したことで、最新の本棚の環境を複数の端末で共有することが可能となる。例えば、家庭のWindows搭載パソコンで更新した本棚の 内容を、移動先のAndroid搭載のスマートフォンに自動的に同期して反映させることができる。
また、今回のWindows用の試用版では、本棚に登録した電子コンテンツ(ファイル)を、Windows OS に渡すことで、Windows OS上でファイルに関連付けられたプログラムを自動的に起動する。例えば、あらかじめEPUBファイルが閲覧できるビューワを、Windowsパソコンに インストールしておけば、EPUB形式の電子コンテンツを、本棚から直接読むことができる。
Windows用の公開に併せて、Android用アプリもバージョンアップした。「連想検索機能」で検索された本のリストから、読者が自分の関心に近い本を選んで、そのまま本棚に並べられる機能を追加している。

<オープン本棚の利用イメージと機能・特長>
●購入した「本」をまとめて管理
▽ストア連携機能で、各電子書籍販売サイトで購入した書籍情報を統合できるため、異な るサイトで購入した電子書籍コンテンツをまとめて収納することが可能。
▽オンライン書店での購入情報や書誌情報も反映される。
●自分の持っている「本」を整理
▽作家別やジャンルごとに仕切り板を置いて自分の好みに並び替えるなど、オリジナルの本棚管理(コンテンツ管理)を行うことができる。
▽以前購入した紙の「本」や自作した「本」、ビジネス文書などを登録することによりオープン本棚上に収納することができ、電子と紙の両方の書籍を一つの本棚で管理可能。
* ユーザーテスト開始以前に購入した電子書籍は、オープン本棚の適用対象外。
●新しい「本」との出会いをサポート
読者が選んだ複数のキーワードや文章をたよりに、100万冊以上の膨大な本の中から読者の関心に近い本を探し出す「連想検索機能」を提供する。
▽「連想検索機能」で検索された本のリストから、読者が自分の関心を持った本を選択し、本棚に並べることができる。(購入前のものは閲覧できない)
▽オンライン書店、出版社、個人などからの「オススメ」を受けることができる。今回は、インプレスグループのECサイト「インプレスダイレクト」と連携し、購入情報の反映や同ECサイトからのオススメ情報の配信を行う。
▽本棚に並んだ本の書誌情報に基づいたレコメンデーションを行う機能も提供する。
●「本」を読む
▽PDF形式の電子書籍を読むことができる。
▽連携する電子書籍ストアごとの専用ビューワ呼び出しによる閲覧についても順次対応予定。