日本HP・HP DesignJet大判プリンターの新製品を発表
2021年09月15日
 株式会社日本HP(岡隆史社長)は、9月16日よりグラフィクス市場向け大判プリンターの新製品として「HP DesignJet Z9+ Pro」の販売を開始する。
 同製品は、プリントサービスプロバイダー(PSP)や地理情報システム(GIS)事業者にプロフェッショナルな写真品質の印刷と高精度で色鮮やかな地図の作成を可能にする最新のソリューションとセキュリティ機能を提供するもの。
 「RGB HP Vividフォトインク」を採用することにより、PANTONE色域の93%が再現できるようになり、前世代よりも色域を26%向上。高精細ノズルアーキテクチャー(HDNA)のプリントヘッドやデュアルドロップ技術などの追加機能によって、ライト系のインクなしでも明瞭なディテールと鮮やかなコントラストによる印刷を実現する。
 対象カテゴリーで最大の色域を誇る同製品は、プロフェッショナルな写真品質のプリンターを求めるPSPに最適なものとなる。ユーザーは印刷ジョブに合わせてICCプロファイルをカスタマイズし、色精度と一貫性が実現できる。
 また、上質で均一な光沢を生み出すために、オプションでHPのグロスエンハンサーアップグレードキットを搭載することも可能となる。
 さらに、HP PrintOSのモバイルアプリにより、PSPはパフォーマンスの監視、問題の対処、メディアプリセットのリモート共有など、印刷オペレーションの管理性が向上できる。
 同製品の希望小売価格(税込)は239万5800円となっている。