RMGT・「HOPE2021」でA3縦通し「RMGT 340CR-1」で封筒印刷を実演へ
2021年08月29日
 リョービMHIグラフィックテクノロジー(RMGT)は、9月3(金)・4日(土)の両日、札幌市のアクセスサッポロで開催されるHOPE 2021(HOKKAIDO PRINT EXPO)に出展する。
 「HOPE」は、印刷機資材・情報機器・印刷サービスの展示とセミナーで構成し、情報の発信と収集の場として位置付けられており、道内から多くの印刷関係者が一堂に集う展示会。昨年は中止となったが、今回は感染対策を講じた上で開催される。
 RMGTの出展ブースでは、A3判縦通しオフセット印刷機「RMGT 340CR-1」(封筒フィーダー付)の実機を出品し、封筒の2色印刷を実演。高品質、高生産性を訴求するとともに、横針を用いた印刷による高い見当精度を披露する。
 このほかにも、コストパフォーマンス・自動化・スキルレス・環境対応に優れた菊全紙ジャストサイズ「RMGT 970」モデル、印刷準備時間の短縮による生産性アップとオペレーター支援機能を強化した「RMGT 1020V2モデル」による自動印刷機能などをVTR映像で紹介。印刷サンプルの展示、商品やサービスもパネル展示で紹介する。