「JP2021・印刷DX展」小間割を発表
2021年07月29日
 JP産業展協会(作道孝行会長)はこのほど、8月26(木)・27(金)の2日間、大阪市住之江区のインテックス大阪5号館で開催する「JP2021・印刷DX展」の小間割を発表した。
 今回で45回目を迎える「JP2021・印刷DX展」は、"発展の路は目の前にー変化は発展へー"をテーマに掲げ、64社の出展社が163小間の規模に最新機器・サービスを展示し、情報発信が行われる。
 2017年~2020年までの4年間にわたり、「JP・ICTと印刷展」の名称で開催してきました同展 は、2021年度からは「JP2021・印刷DX展」へと名称を変更することとなった。
印刷産業を取り巻く環境は激変し続けています。供給過剰・低生産性といった課題に対し、生産集約による高付加価値情報サービス産業への転換を図ることが急務となってきました。
今日まで構造改善に積極的な姿勢で取り組んできた印刷産業ではありますが、「零細過多性の克服」は依然として解消されずに至っています。
 出展各社から供給過剰・低生産性の課題に対して、生産集約による高付加価値情報サービスへの転換で新たな価値創造と生産効率の改革を目指すための最新情報の発信が行われとともに、近年の販促市場では消費者の購買意欲を高め、顧客との接点をより深いものとすることが重要 視されていることから、多様化する顧客ニーズへの対応を図るために印刷技術を核として開発された販 促アイデア商品を展示する「販促アイデアグランプリ2021」も実施される。
※小間割図はこちらから※