コニカミノルタジャパン・ニューノーマル時代の働き方を実現するオフィス「つなぐオフィス」をオープン
2021年07月20日
 コニカミノルタジャパン株式会社(東京都港区、大須賀健社長)はこのほど、浜松町オフィスの一部分をニューノーマル時代の働き方を実現するオフィス「つなぐオフィス」としてリニューアルオープンしたことを発表した。
 「つなぐオフィス」は、社員が働きながら、これからの時代の働き方に必要なオフィスの機能や価値を検証し、より良いオフィスへと 進化させ続けるオフィス。今後、この自社実践により得たノウハウのもと、ユーザーへより的確に新しい働き方の実現に向けた働く環境の提案を行っていく。
 同社は 2013年より働き方改革の取り組みを開始し、最適なオフィスデザインや ICTインフラ整備に加え、オフィス内に文書を保管しない「保管文書ゼロ化」などの施策を展開。さらに、2017年からは、テレワークの運用を開始した。
 こうした取り組みにより、新型コロナウイルス感染症の影響下においても速やかに在宅勤務へと移行でき、首都圏では 20%程度の平均出社率を維持しながら、8割の社員が生産性を維持または向上できているというアンケート結果が出ている。
 また、オフィスに出社する価値について全社アンケートを行ったところ、「円滑なコミュ ニケーションの実現」や「組織マネージメントの効率化」など、多くの社員がオフィスで働くことの価値を感じていることが分かった。
 これらの結果を受け、同社では、テレワークとオフィス出社のそれぞれの良い点を理解した上で、どちらか一方に集約するのではなく、その日に実現したい業務目的に合わせて両方の働き方を柔軟に使いこなすハイブリッドな働き方を目指す。
You Tube URL:https://youtu.be/w_BFrr5WPns