小森コーポレーション virtual.drupaにゴールドパートナーとして出展
2021年04月07日
 株式会社小森コーポレーション(東京都墨田区、持田訓社長)(以下、KOMORI)は、来る2021年4月20日(火)~23日(金)にオンライン開催されるメッセ・デュッセルドルフ主催のvirtual.drupaに出展する。

 印刷業界の最大の見本市であるdrupaは、2020年に発生した新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受け、リアルイベントを開催する代わりにバーチャル形式での開催となった。KOMORIは、このvirtual.drupaに印刷機メーカーとしては最高位のゴールドパートナーとして出展する。

■KOMORIコンセプト『Connected Automation』
 昨今の急激な社会・経済環境の変化に伴い、印刷業界も大きな変革が求められている。
特に生産性をいかに上げ、利益を創出するかという課題が印刷会社経営の最重要課題になっている。これを解決するには、生産工程全体のデジタルトランスフォーメーション(DX -Digital Transformation)によるイノベーションがキーとなる。

 KOMORIが提唱する『Connected Automation(コネクテッド・オートメーション)』は、個々のシステムで連携が分断されている経営情報システム(MIS)、プリプレス、プレス、ポストプレスの工程を中核ソフトである「KP-コネクトプロ」で統合管理し、シームレスにつなぎ最適化・自動化することで、印刷工場をスマートファクトリー化する考え方だ。実際に世界中のお客への導入が進んでおり、印刷会社のDXはすでに現実のものとなっている。
 KP-コネクトプロはオープンプラットフォームで、各メーカーやベンダーとの接続が可能なシステムだ。つまり、お客の既存の機器はもちろんのこと、新しい機器とも自由に組み合わせてつなぐことが可能なシステムだ。

 virtual.drupaで、『スマートファクトリーを実現するコネクテッド・オートメーション』による革新的なソリューションをぜひ体感ください。