リコー 映像や音声のリアルタイム配信機能を提供する「RICOH Live Streaming API」を提供開始
2021年04月05日
 株式会社リコー(山下 良則社長)は、安定した接続品質に加え、映像や音声のリアルタイム配信機能を提供するAPI を利用して簡単にアプリケーションやWeb サービスに埋め込むことができる「RICOH Live Streaming API」を4 月6 日から提供開始する。

 RICOH Live Streaming API は、リコーのRICOH Smart Integration プラットフォームのサービスの一つとして、安定した接続品質を実現した映像・音声のリアルタイム配信機能を提供する。API 連携により、アプリケーションやWeb サービスに短期間で埋め込むことができる。
 RICOH Live Streaming API は、リコーのテレビ会議・Web 会議システムなどで培ってきた動画や音声などのメディア帯域制御の技術により、映像を高品質と低遅延を両立している。4G などのモバイルネットワーク環境においても安定した接続が可能。4K(3840×1920)画質まで対応し、リコーの360°カメラ「RICOH THETA」などとの組み合わせで、臨場感あるライブストリーミングも実現する。

 映像と音声の双方向配信を実現、さまざまな空間と空間をリアルタイムにつなぐことで、リモートワーク下における遠隔コミュニケーションを活性化する。映像/音声/アプリケーション共有によるオフィスと現場をつなげる遠隔業務支援、遠隔トレーニング、遠隔臨場サービス、お客の業務をどこでも可能にする遠隔医療診断、遠隔接客サービスなどでご活用いただくことを想定している。さらに、今後拡大が見込まれる高速・低遅延な5G インフラを活用することで、さまざまな現場や用途への展開が期待される。

 同サービスは、これまでにアライアンスを結んだパートナー企業との検証を重ね、すでに株式会社ユニリタのStore+やInfoScoop など複数のクラウドサービスでご利用いただいています。この度、接続時間やデータ量に応じた従量課金という形態で正式にサービスの提供を開始する。
リコーは今後、API 経由でパートナーにさまざまな機能を提供するビジネスモデルを構築し、今後の自社プラットフォーム展開の強化を図るとともに、デジタルサービスの会社へと進化していく。
RICOH Live Streaming API のURL: https://livestreaming.ricoh/


ライブ配信のイメージ



クラウド上で提供できるRICOH Live Streaming API の仕組み