日印産連・フジサンケイビジネスアイ 「第62回全国カレンダー展」入賞作品が決定
2021年03月26日
今年で62回目を迎えた全国カタログ展【主催 一般社団法人日本印刷産業連合会(日印産連、藤森康彰会長)、フジサンケイビジネスアイ(鶴田東洋彦社長)】の入賞作品が決定した。
後援団体=経済産業省/文部科学省/独立法人国立印刷局/日本商工会議所/日本製紙連合会/公益社団法人日本マーケティング協会/全国中小企業団体中央会

審査会は2021年3月16日(火)、東京大手町サンケイプラザにおいて実施されました。クリエイティブ関係者としてはデザイナーの浅葉克己氏らや学識経験者、経済産業省ほかの後援団体関係者、広告団体、消費者団体と主催側印刷関係代表の計19人の審査委員が新型コロナウイルスの感染予防対策をしながら審査会に来場し、投票による選考で各賞を決定した。
コロナの影響で今年は新規のカタログ制作を中止した企業も少なくない中、実行委員が中心となって応募活動を続けた結果、今回の応募点数は277点(前年324点)と前年比で14.5%の減少に留めることができた。金賞・銀賞の入賞点数は49点(前年42点)となり、その中で最優秀と認められた大臣賞入賞作品は以下の通り(作品名/発行者名)。

【図録部門】
経済産業大臣賞 「分離派建築会100年 建築は芸術か?」
朝日新聞社
文部科学大臣賞 「印刷博物館コレクション」
凸版印刷(株)印刷博物館

【カタログ部門】
経済産業大臣賞 「江戸からかみ総合集」
(株)東京松屋
文部科学大臣賞 T form FAUCET CATALOGUE
         大洋金物(株)

 なお表彰式と展示会は、コロナ感染拡大防止のため中止とするが、上記の大臣賞を含めた上位賞、特別賞、及び審査員特別賞受賞作品に関しては、印刷図書館(日本印刷会館3階)において4月19~28日の期間のみ展示する予定。