大日本印刷 未来の“本を通じた新しい体験”を体験する「バーチャル書店」の開発を開始
2021年03月26日
大日本印刷株式会社(DNP,:北島義斉社長)は、2021年3月27日にオープンする株式会社テレビ東京(東京都港区、石川一郎社長)運営のバーチャル空間「池袋ミラーワールド」に参画する。DNPグループのジュンク堂書店池袋本店を「バーチャルジュンク堂書店池袋本店」として「池袋ミラーワールド」に構築し、本というコンテンツと書店というメディアの新たな価値を提供する「バーチャル書店」の事業化に取り組む。本を基軸としたイベントやサロンなどの新しいコミュニティモデルの開発、リアルとバーチャルを連動させた広告・プロモーション事業の開発、ハイブリット型総合書店「honto」やジュンク堂書店池袋本店との連動による書籍拡販モデルの開発等を行う。




「バーチャルジュンク堂書店池袋本店」 内観イメージ

■DNPグループが推進する「バーチャル書店」の特長
DNPは書店を、生活者が本をきっかけに「知」や「人」と出会えるコミュニケーションメディアと捉え、より自由度の高いバーチャル空間においても、コンテンツとメディアの新たな体験価値を提供します。生活者は「バーチャル書店」に自宅等からWebブラウザでアクセスし、アバターを通してバーチャル空間に作られたフロアやイベントコーナー等を回ることで、多様な体験に出会うことができる。

(1)“読む”だけでない、「本」を軸とした新しい体験価値とコミュニティの提供
本の魅力は、ストーリーや読み物としての面白さだけでなく、作者・ファン・登場人物・物語の世界観・関連する事象や場所・創作過程などの多様な要素で構成されている。「バーチャル書店」では、それらの魅力を「読書」以外の形でも体験できるコンテンツとして提供する。例えば、キュレーターによる本の魅力の解説、動画や音声の活用、オンラインサロンの開催といった多様な手法で本の新しい楽しみ方を提供していくことを目指す。また、書店員や著名人などが独自のテーマでお薦めの書籍を紹介する「ブックツリー」や「AI書店員」など、ビジュアル化された検索機能やレコメンド機能を通じて偶発的なコンテンツとの出会いが楽しめる機能を開発する予定。同じコンテンツに興味関心を持つ人同士がつながる場を提供し、共感度の高いコミュニティ形成にもつなげていく。

(2)バーチャルとリアルを組み合わせた企業・地域とのコラボレーション
DNPは、「バーチャル書店」をバーチャルな都市空間における開かれたメディアとし、地域の魅力を発信する拠点としていく。自治体をはじめ、多様な業界の企業や団体等とコラボレーションして、リアルな空間と連動したエンターテイメント性の高いイベント等を行うことで、生活者と企業、地域をつなぎ、地域の経済活動を支援する。

(3)DNPグループのオンライン書店やリアル店舗との連携による書店での販売を促進
バーチャル空間に陳列する書籍などから、紙とデジタルの両方に対応するハイブリット型総合書店「honto」や、丸善ジュンク堂書店のリアル店舗への誘導を図り、各書店の販促につなげていく。

■「池袋ミラーワールド」と「バーチャルジュンク堂書店池袋本店」について
◆池袋ミラーワールド (URL:https://www.mworld.jp/)
テレビ東京と、DNPを含む企業10社は、現実の街と並列(パラレル)で存在する、自治体や施設オーナー公認の仮想の街・施設である「池袋ミラーワールド」として、池袋の街をバーチャル空間に構築していく。
DNPは、その中に「バーチャルジュンク堂書店池袋本店」を構築し、サービスを展開していく。「池袋ミラーワールド」は、2021年3月27日にオープンし、アニメやゲームなどに代表される池袋の文化や強みを活かしたコミュニティとして、バーチャルとリアルが融合した新たな文化圏や経済圏の構築を目指す。第1弾イベントとして、3月27日~29日の3日間、「ミラーワールドEXPO」を開催する。


◆生活者とともに物語を作るプロジェクト「むすぶんこ」 (URL : https://www.mworld.jp/musubunko/)
「むすぶんこ」は、生活者から募集した物語のアイデアを元に、出版編集者やシナリオライター、芸人、声優たちが物語を作り上げていく生活者参加型のプロジェクトです。制作過程や完成作品は、「バーチャルジュンク堂書店池袋本店」のイベントにて随時発信します。キックオフイベントとして、物語のプロローグと出演者によるアイデア会議を行う。
【イベント名】 『むすぶんこ 第0回アイデア会議』(「ミラーワールドEXPO」内)
【日時】 3月28日(日) 19:00〜 
【出演者】 菅良太郎(パンサー)、誠子(尼神インター)、阿部敦、天﨑滉平、ファイルーズあい
【主催】 テレビ東京  【協力】 大日本印刷  
【参加費】無料
【配信】 LINE LIVE、YouTubeライブ、Twitterライブ

■事業背景と提供価値
生活者の価値観や購買行動の変化が加速し、学びや働き方も大きく変化するなかで、知識や技能の習得、娯楽における「本」というコンテンツの大切さが再認識されています。出版市場では「新たなコンテンツの売り物・売り場・売り方」の創出が喫緊の課題となっており、生活者一人ひとりに、最適なカタチやタイミングで最適な情報や体験としてコンテンツを提供することが求められている。

DNPは独自の「P&I」(印刷と情報:Printing & Information)の強みとして、安全・安心に大量の情報を処理する能力や表現技術等と、パートナーの強みを掛け合わせて、年齢・性別・言語などによって分断されることなく、リアルとバーチャルの双方で新しい体験価値と経済圏を創出する「XRコミュニケーション事業」を展開していく。DNPは、出版物の企画から製造・流通・販売までのライフサイクル全体に関わる事業を推進し、紙の本と電子書籍を扱うハイブリッド型総合書店「honto」を展開するなど、生活者の「知」を支える出版文化の継続的発展に貢献してきた。今回、事業を通じて培ってきたノウハウや技術を活かし、XRコミュニケーション事業の一つとして「池袋ミラーワールド」に参画するとともに、リアルとバーチャルを融合した“未来の読書体験”の実現を目指す。また、実証で得た実績を元に、国内外のバーチャル都市への事業展開を進めることで当事業を拡大していく。