印刷博物館P&Pギャラリー「グラフィックトライアル 2020 -Baton-」を4月24日から開催
2021年03月24日
凸版印刷株式会社(東京都千代田区、麿 秀晴社長)が運営する、印刷博物館P&Pギャラリーでは、4月24日より「グラフィックトライアル 2020 -Baton-」を開催する。
(同企画は昨年に開催予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から開催を1年延期した。)
 グラフィックデザインと印刷技術のコラボレーションによって毎年新しい印刷表現のポスターを生み出してきた同企画は、今回で15回目を迎えた。制作テーマは「Baton」。リレーのように、「印刷の可能性」というバトンを次世代へつなぐため、佐藤卓氏、野老朝雄氏、アーロン・ニエ氏、上西祐理氏、市川知宏氏という、印刷に精通した5名のクリエイターと印刷のプロフェッショナルがゴールに向かって疾走した。
 展覧会では、クリエイターの独創的なアイデアと印刷技術を組み合わせて完成させたポスターと、制作過程での数々のトライアルを紹介する。

■ 開催概要タイトル グラフィックトライアル2020 -Baton-
会 期 2021年4月24日(土)〜 8月1日(日)
時 間 10:00〜18:00
休館日 毎週月曜日(ただし5月3日は開館)、5月6日(木)
会 場 印刷博物館 P&Pギャラリー(文京区水道1-3-3 トッパン小石川ビル)
入場料 無料 ※印刷博物館展示室に入場の際は入場料が必要
       ※事前入館予約を実施している。

■ 詳細概要
・グラフィックトライアルとは
トップクリエイターと凸版印刷が協力して新しい印刷表現を探る企画展です。色数、用紙、インキ等に制限をつけず、究極の色再現やリアルな質感再現を印刷技術の力で最大限に引き出すことで、印刷が持つ豊かな表現の可能性を追求する。展覧会ではポスター作品と実験プロセスを展示、印刷の魅力をわかりやすく伝える。

・グラフィックトライアル2020のみどころ
①ポスターの枠を超えた新しいポスターの形
5点のポスターがバトンを渡すように、グラフィックがそれぞれの枠を飛び出した、いまだかつてないポスターが誕生した。メディアの多様化が進む現代で、新たなグラフィックポスターのあり方を提示する。(アーロン・ニエ氏作品より)



②時間の経過とともに「変わる」ポスター
印刷物は紫外線に長時間さらされると色調が変化します。その現象に着目し、時の経過による変化を楽しむポスターにトライした。会期中に展示替えを複数回行い、ポスターの色調が変化していくさまを楽しめる。(野老朝雄氏作品より)




③音声ガイド初導入!ナレーター祖父江慎氏
グラフィックトライアル初の音声ガイドでは、ナレー
ターに人気ブックデザイナー・祖父江慎氏を起用。
全クリエイターの印刷実験の魅力をわかりやすく楽しく解説する。


 ※会場ではクリエイター制作インタビューも楽しめる。


④バーチャルギャラリーオープン!
感染症拡大防止の観点から、オンラインでも多くの方にギャラリーの雰囲気をお楽しみいただけるように、すべての展示作品が見られるバーチャルギャラリーを開設する。


 ※詳細は展覧会WEBサイトをご覧ください。

■ 関連イベント
・トークイベント
佐藤卓氏+野老朝雄氏/5月17日(月)時間未定/オンライン開催/事前予約制・先着順
このほか、様々な関連イベントを企画している。
詳細・申込みは展覧会WEBサイトで確認のこと。
https://www.toppan.co.jp/biz/gainfo/graphictrial/2020/