凸版印刷 自分らしい商品選択を支援する「未来のチラシ™」を開発
2021年03月09日
 凸版印刷株式会社(東京都千代田区、麿 秀晴社長)は、株式会社スコープ(東京都千代田区、横山 繁社長)と共に、商品をテーマごとに訴求する紙/Webチラシ製作サービス「ハッシュタグチラシ™」、チラシの理解を促進する動画製作サービス「動画チラシ」、テーマに該当する月間特売商品を表示できる「パーソナルDBチラシ™」からなるデジタル時代に対応した、新しい販促支援サービス「未来のチラシ™」を開発した。
 なお、本格提供開始に先立ち、株式会社イトーヨーカ堂(東京都千代田区、三枝 富博社長)の協力により、2021年2月からイトーヨーカドー各店でトライアルを開始した。


「ハッシュタグチラシ™」のイメージ

■ 開発の概要
 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、流通小売り各社では、これまでのように来店の集中を避けるために特売チラシによる集客ではなく、月間特売などのEDLP(Everyday Low Price: 商品を一定の期間同じ低価格で販売する価格戦略)施策を強化している。しかし、これまでのEDLP施策では、価格面を中心に選定された商品を店頭POPなどで表示しているだけで、なぜおすすめされているのか理由の訴求が少なく、他社との差別化ポイントを伝えることが出来ていない場合があった。

 これらの課題に対し凸版印刷とスコープとは、店頭に並んだ商品をさまざまな基準でグループ化/テーマ付けし、価格以外でも商品の魅力を認識してもらう「ハッシュタグチラシ™」と、「ハッシュタグチラシ™」の理解をサポートする「動画チラシ」、またグループ化された商品の一覧を確認できる「パーソナルDBチラシ™」を開発。同時に、自動でタグ付けする機能を開始した。
 これにより、「コト消費」「トキ消費」を代表するハッシュタグを選定することにより、自分らしさを表現できる消費行動を実現するとともに、紙のチラシの接触率が低い若い世代にも商品の魅力を認識してもらうことが可能になった。

■ 「未来のチラシ™」の特長
・「ハッシュタグチラシ™」
 商品選定への想いをハッシュタグによりテーマ付けし、価格だけではない商品の魅力を認識させることが可能。(ハッシュタグ例: 「#神ストック #リモート」、「#防災 #ながら備蓄」など)紙のチラシだけでなく、電子チラシの製作もできます。また、SNS等の他デジタルサービスと連携させることもできる。

・「動画チラシ」
 凸版印刷が提供する動画製作サービス「movring(モブリン)」を活用することにより、チラシの動画化を安価、短納期で制作。ハッシュタグの切り口毎のショート動画で訴求力を向上させる。

・「パーソナルDBチラシ™」
 「ハッシュタグチラシ™」から気になるテーマにアクセスし、テーマに該当する月間特売商品を表示できるデジタルチラシ。チラシ未掲載商品含め対象商品の一覧が確認可能で、データオリエンテッドなチラシを実現する。将来的には各社のEC機能と連携する基盤としても機能する。

■ トライアルの概要
トライアル期間 2021年2月1日~2月28日、3月1日~3月31日
目的 未来のチラシ™(ハッシュタグチラシ™、動画チラシ)の制作、配信、店舗での展開方法、およびその効果の検証
場所 イトーヨーカドー全店(一部店舗を除く)

■ 今後の目標
 凸版印刷は、イトーヨーカドー各店におけるトライアルを継続するとともに、その効果を検証し、GMS、食品スーパー、ドラッグストア、ホームセンターを中心に導入し、適切な販売をサポートする。また、ライブコマース機能や商品レコメンド機能、対話型検索機能を「パーソナルDBチラシ™」に組み込み、スムーズに購買につながる基盤として拡充していく。2025年度までに関連受注含めて、累計約50億円の売上を目指す。
 スコープは、同案件の実績をもとにデータを蓄積し、POPやチラシなどと商品データとの紐づけ、商品マスタのリッチ化を図り、リテールマーケティングの支援を強化する。