トッパン・フォームズ 電話応対の品質向上を実現する「テレコムエイダ―」を開発
2020年11月20日
 トッパン・フォームズ株式会社(以下トッパンフォームズ)は、コー ルセンターや金融機関の店舗などで電話応対を行うオペレーターの音声を、受話者に聞き取りやすく補正し明瞭化する機器「テレコムエイダ―/TelecomAider」を開発した。12 月中旬 から提供開始する。
 同製品は寿通信機器株式会社の協力の下、同社の特許技術である「音声明瞭化モジュール」を搭載しており、オペレーターが使用するヘッドセット・受話器と電話機の間に接続して使用する。 特長としては、複雑な設定が不要なため手間なく導入することが可能であり、スイッチ一つで簡単 にオペレーターの声を明瞭化し、高齢者でも聞き取りやすい音声にすることができる。


テレコムエイダ―


使用イメージ

 現在通信販売市場は拡大を続けており、幅広い年齢層の生活者がインターネットや電話を使用して商品・サービスを購入している。特に近年高齢者からの電話での商品・サービスの問い合わせが増加傾向にあり、オペレーターの声が聞き取りづらいことによる聞き返しが多いため、企業は電 話応対の長時間化に起因するコールセンターの待ち時間増加や、顧客満足度の低下、オペレーター の負荷増大といった課題を抱えている。
 トッパンフォームズは企業と生活者の電話におけるコミュニケーションの円滑化を実現するため、「テレコムエイダ―」を開発した。

【今後の展開】
 トッパンフォームズは「テレコムエイダ―」をコールセンターや金融機関の店舗、通信販売業界、 運輸業界などを中心に販売し、2023 年までに 4 億円の売上を目指す。
 各企業がテレワークを推進している中、コールセンター業界も在宅での電話応対業務を検討してる。同社は今後そのようなニーズに応えるため、ソフトフォン(インターネット経由での通話)にも対応した開発を進めていく。