東京国立博物館・文化財活用センター・凸版印刷 バーチャルトーハクを開設、「時をかける少女」特別展を開催
2020年11月18日
 独立行政法人国立文化財機構東京国立博物館(東京都台東区、銭谷 眞美館長、以下 東京国立博物館)、独立行政法人国立文化財機構文化財活用センター(東京都台東区、旭 充センター長、以下 文化財活用センター)と凸版印刷(東京都千代田区、麿 秀晴社長)は、バーチャル空間に「バーチャル東京国立博物館(以下 バーチャルトーハク)」を開設。アニメーション映画「時をかける少女」(以下 「時をかける少女」)のスタジオ地図・細田守監督とのコラボレーション企画であるバーチャル特別展「アノニマス ―逸名の名画―」を、2020年12月19日(土)から開催する。

 本展覧会は東京国立博物館の一部を「バーチャルトーハク」としてバーチャルSNS「cluster」のバーチャル空間内にCGで再現し、その空間内に「時をかける少女」の劇中シーンのために企画された、現実では実現できない特別展「アノニマス ―逸名の名画―」を出現させる。ユーザーはclusterのプラットフォームを通して自由にその空間内を歩き回り作品を鑑賞することができます。14年経っても色褪せることのない「時をかける少女」の世界観と、時代を超えて愛される日本美術を楽しむことができるバーチャル特別展だ。

 また、公開前日の12月18日(金)には本展覧会公開記念として、バーチャル特別展の会場内にてトークイベント「時をかける日本美術」を開催。細田監督と東京国立博物館の松嶋雅人研究員がclusterアバターで登場し、「時をかける少女」をはじめとする現代アニメーションと日本美術の関係についてトークセッションを行う。




■ バーチャル特別展「アノニマス ―逸名の名画―」について
 「時をかける少女」のストーリーで重要な意味を持つ美術作品「白梅ニ椿菊図」(実存しない、映画内のみ登場)。劇中の展覧会においてこの絵画を中心にさまざまな作品が展示されている。今回、バーチャル上でその展覧会を再現した特別展が「アノニマス ―逸名の名画―」だ。同展では松嶋研究員の監修のもと、国宝「孔雀明王像」や、「玄奘三蔵像」(以上 東京国立博物館蔵)など、作者が不明とされながらも、名品として脈々と受け継がれてきた作品を集めた。映画では全容が明らかにされていない展示内容を、cluster内に開設された「バーチャルトーハク」で公開する。

特別展名:バーチャル特別展「アノニマス ―逸名の名画―」
主催:東京国立博物館、文化財活用センター、凸版印刷株式会社
特別協力:スタジオ地図
会場 :バーチャルトーハク 特別展示室 (cluster内)
期間 :2020年12月19日(土)~2021年2月28日(日)
入場料: 290円(税込)
*購入方法によって価格が変動する。
詳細はイベント特設サイトを確認ください。
特設サイト: https://virtualtohaku.jp/anonymous2020_exhibition/

*同企画は文化庁「文化芸術収益力強化事業」の採択事業

■ トークイベント 細田守×松嶋雅人「時をかける日本美術」について
 同イベントは12月18日(金)にcluster のバーチャル特別展「アノニマス ―逸名の名画―」内で開催します。特別展会場に設置したステージで、細田監督と松嶋研究員がclusterアバターで登場し、「時をかける少女」をはじめとする現代アニメーションと日本美術の関係や、バーチャル特別展「アノニマス ―逸名の名画―」の展示作品の映画との関連性などについてトークセッションを行う。