全日本シール「第30回シールラベルコンテスト」経済産業大臣賞に精英堂印刷(東北)が決定
2020年10月16日
 全日本シール印刷協同組合連合会(田中祐会長)では、「第30回シールラベルコンテスト」の結果発表をした。審査の結果、第1位の経済産業大臣賞には精英堂印刷(東北協組、山形県米沢市)の作品に決まり、同社の経済産業大臣賞は6年ぶり6度目の受賞となった。第2位の経済産業省商務情報政策局長賞には進和ラベル印刷(東北協組、山形県上山市)の作品、同じく第3位の経済産業省商務情報政策局長賞にも精英堂印刷(東北協組、山形県米沢市)の作品が決まった。
 「第30回シールラベルコンテスト」は2020年7月1日から8月20日までの募集で行われて53社98作品(昨年57社101作品)の応募があった。
 2020年8月28日に第1次審査会を行い応募作品の「基本技術」「応用力」などを連合会の技術委員らが審査した。
9月3日には第2次審査会を行い、第1次審査会で審査した自由課題の上位21作品に、日本印刷産業連合会の審査員、全日本シール印刷協賛会の審査員がデザイン面を中心に加点して総合の第1位に「経済産業大臣賞」、2位・3位に「経済産業省商務情報政策局長賞」、以下得点準に、「日本印刷産業連合会会長賞」「全日本シール印刷協賛会会長賞」「全日本シール印刷協同組合連合会会長賞(各部門賞)」「技術・特許委員会賞」「優秀賞」のそれぞれの賞が決定した。
 本来ならば、2020年10月16日開催予定であった第62回年次大会・東京汐留大会にて表彰式を行い各賞の受賞者に賞状を渡す予定だったが、「コロナ禍」の影響で第62回年次大会・東京汐留大会は中止となったため10月16日付けで発表を行い、表彰状並びに上位賞のトロフィーは各社へ発送した。


経済産業大臣賞 精英堂印刷

上位入賞は次のとおり。
■経済産業大臣賞
精英堂印刷(東北)
■経済産業省商務情報政策局局長賞
進和ラベル印刷(東北) 、精英堂印刷(東北)
■(一社)日本印刷産業連合会会長賞
丸信 (九州)、三協シール印刷(正札)
■全日本シール印刷協賛会会長賞
タカラ(正札)、サトーインプレス(正札)
■全日本シール印刷協同組合連合会会長賞(部門賞)
啓佑社(神奈川)、シモクニ(北海道)、三共シール(東海北陸)、精英堂印刷(東北)、タカラ(正札 )、共栄紙工(京都)