日印産連「パワハラ防止策と職場の環境セミナー」を11月20日開催
2020年10月16日
 2017年に厚生労働省が公表した従業員の悩みや不満を相談する窓口において相談の多いテーマは、パワーハラスメントが最も多くなっている。対人関係に起因する職場環境の悪化が多発しており、環境改善が強く求められている。こうした現状を受け、ハラスメントを防止するための取り組みとして法制化したものと考えられる。
 一般社団法人日本印刷産業連合会(日印産連)では会員企業の皆を対象に、本年6月に施行されたパワハラ防止法(労働施策総合推進法)をテーマとしたセミナーを開催する。
 労務管理責任者及び実務担当者をはじめ、会社経営者の方々にも参加いただき、今後変わっていく労務管理に役立てほしい。

開催概要は次のとおり。
開催日時: 令和2年11月20日(金) 14:00 ~ 16:00 (13:30受付開始)
会  場: 日本印刷会館2階会議室 (東京都中央区新富1-16-8)
参加方法: 会場、及びZOOMを使用したWEBでの受講
定  員: 会場 40名  WEB 30名(いずれも先着順)
参 加 費: 会員無料
講  師: 小島経営労務事務所 特定社会保険労務士 小島信一氏
講習内容:・令和2年6月から開始されたパワハラ防止義務とは
・セクハラ、マタハラと何が違うのか
・企業が行うべき雇用管理上の措置とは
・これはセーフ?アウト?パワハラの具体例とは

申込方法:下記URLから申し込むこと。
該当ページ:https://www.jfpi.or.jp/topics/detail/id=4857
申込締切日: 11月13日(金)  但し、定員になり次第、締め切る。