キヤノンMJ、キヤノンITS 世界基準の運営品質を提供する西東京データセンター2号棟を竣工
2020年10月16日
 キヤノンマーケティングジャパン(坂田 正弘社長、以下キヤノンMJ)とキヤノンIT ソリューションズ(金澤 明社長、以下キヤノンITS)は、「西東京データセンター2号棟(以下2号棟)」を2020 年10 月30 日に竣工する。


西東京データセンター 2号棟


 クラウドやIoT、AI などの技術革新を背景としたデジタルトランスフォーメーションの進展は、あらゆる産業界のビジネス変革を加速している。これに伴い、コンピューティング環境は社会インフラとしての重要性が高まるとともに、その需要は急速に拡大している。こうした背景のなか、データセンターに対しては、建物や設備、セキュリティ、運営品質などの各要素において、従来以上に高度な水準が求められている。

 安定した地盤に立地する2号棟はこうしたニーズに応えるもので、2,880ラックの設置が可能なスペースと25MVA の受電容量に加え、高性能なファシリティと厳重なセキュリティを備えている。また、長年のデータセンター運営で蓄積した知見・ノウハウをもとに、「M&O認証」を取得しており、第三者機関が証明するグローバル基準の運営品質を提供する。これに加え、入退室認証システムにキヤノンの顔認識技術を採用し、認証にかかる時間を短縮するとともに、センターの安全性を防疫面からも高めることで、安心安全に使える。

 西東京データセンターを中心とするIT インフラサービス事業では、クラウドサービス「SOLTAGE」、外部クラウドサービスと組み合わせたハイブリッドクラウド環境など、お客に最適なインフラ基盤を提供している。キヤノンMJ グループのサービスで培ってきた、システム開発やセキュリティ運用、システム運用などの経験・ノウハウを生かして提供されるアウトソーシングサービスにより、お客のクラウドシフトを全方位で支援していく。

 西東京データセンターが支えるキヤノンMJ グループのSaaS サービスはキヤノングループが保有する自然言語処理技術や画像処理技術に、AI の技術を組み合わせることで、コールセンター応対内容やSNS といった顧客の声からのトレンド分析、農作物の収穫量予測といったソリューションを提供している。また、これら各種サービスや様々なデバイスからデータセンターに集まる膨大なデータを蓄積、分析、予測し得られる情報を活用することで、新たなサービスや顧客価値の創造を目指す。