リコー 「TRIBUS 2020」アクセラレータープログラム参加15チームが決定
2020年10月15日
 リコー(山下 良則社長)は、アクセラレータープログラム「TRIBUS(トライバス) 2020」の社内外統合ビジネスコンテスト(以下、統合ピッチ*1)を10 月14 日に開催し、本年度のプログラムに参加する15 チームを選出した。新規事業創出に向けた取り組みとして、「TRIBUS」では、スタートアップ企業や社内外の起業家の成長を支援し事業共創を目指している。今年度の統合ピッチは新型コロナウイルス感染症の影響もあり、ニューノーマル(新常態)へ対応した完全リモート環境で行われ、発表者、審査者、視聴者まで全員がオンラインで参加した。
*1 ピッチ:起業家が新しいビジネスアイデアやサービス、プロダクトについて投資家に向けてカジュアルにプレゼンすること。

 2 年目となる本年度の「TRIBUS 2020」は、「次の当たり前になる」をテーマに、はたらく人の創造力を支える新しい時代のビジネスアイデアを広く募集し、社内からは87 件、社外からは156 件、計243 件の応募があった。その中から社内のコンテストを勝ち抜いた8 チームと、書類・面談審査を通過した社外の10 チームの計18 チームが統合ピッチにチャレンジし、社内外の審査者による選考で15 チームを選出した。選出されたチームは、2021 年3 月上旬までのアクセラレータープログラム期間中、200 名を超えるリコーグループ社員のサポーターズの支援をはじめとしたリコーグループのリソース、および社外VC(ベンチャーキャピタル)の方からのメンタリング、さらには本年度より連携しているマイクロソフト コーポレーションのスタートアップ支援プログラム「Microsoft for Startups」の支援などを受け、社内外のチーム同士が切磋琢磨し、ビジネスアイデアを深める。また、社外チームにはリコーグループとの連携を支援する担当者がついて活動を支援する。その成果は、2021 年3 月17 日に予定している成果発表会で発表される。

 リコーは、2018 年2 月に発表した成長戦略「挑戦」において、価値創造に向けた基本的な考え方の一つにオープンイノベーションを掲げ、外部資本や知見を活用した新規事業創出を目指している。また社員に対しては、明るくイキイキと働く組織・風土を実現することを約束している。その一環として、社員が新しい顧客価値の創造に積極的にチャレンジできる新たな制度や仕組みの整備を進めている。今回のプログラムに参加している社員には、最大20%までの時間を本業とは別の業務に充てることのできる社内副業制度を活用しているメンバーもいる。また、新規事業を社内ベンチャーとして育成するプログラムや、よりスピード感を求め社外にカーブアウトして事業化を目指すプログラムなども進めている。
 リコーの創業者である市村清は、理化学研究所から生まれたベンチャー企業としてリコーを創業し、その後も世の中にイノベーションをもたらす製品やサービスを数多く生み出した。その創業の精神に立ち返り、チャレンジする人の支援・育成、新規事業の創出を促進する文化のさらなる醸成を目指す。

本年度の募集領域
1. 仕事における生産性の追求から人間性・創造性の追求へ
2. 5G 時代の対面/遠隔コミュニケーション革新
3. 個人に着目した、働き方・産業構造・社会像のデジタルトランスフォーメーション
4. 脱炭素社会と循環型社会実現のための課題解決
5. その他:リコーグループの既存事業領域



「TRIBUS 2020」採択チームと審査者