リコージャパン ニューノーマルに対応した「RICOH コンテンツ活用&業務効率化サービス」を提供開始
2020年10月14日
 リコージャパン(坂主智弘社長)は、ニューノーマル(新常態)環境下での業務効率化や生産性向上を実現するソリューション商品群である「RICOH Digital Processing Service」の新サービスとして、国内中堅企業向けにドキュメント管理やワークフローを効率化する「RICOH コンテンツ活用&業務効率化サービス」の提供を開始する。2020 年10 月19 日から首都圏エリアで展開し、2021 年1 月以降に全国に拡大する。

 昨今、ニューノーマルに対応した働き方の見直しを行う企業が増え、オフィスやホーム、現場といったはたらく場所を問わず、自動化・省力化により業務の生産性を向上させることが課題になっている。しかし、企業内外との情報伝達、共有においては、デジタル化の遅れにより、中堅中小企業を中心に、現在も紙文書でのやりとりが多く発生しており、業務プロセス効率化の障壁となっている。

 「RICOH コンテンツ活用&業務効率化サービス」は、リコーのグループ会社である独ドキュウェア社(DocuWare GmbH)が開発するクラウド型のCSP(Contents Service Platform)である「DocuWare」をコアに、お客の課題を解決するためのソリューションだ。
 「DocuWare」は、OCR による紙文書のデジタル化からコンテンツ管理に加え、ワークフロー自動化、外部システムとの連携を実現する。複合機によるスキャンデータや受信FAX、メール文書、添付ファイル、WEB フォームなど、様々な形式の情報に対して自動的に全文OCR 処理を実施し、AI(人工知能)により、ドキュメントの種類やコンテンツ内容および配置を学習します。インデックス情報を自動抽出することで、すばやい検索や業務システム連携用データとして活用できます。各種情報のデジタル化・インデックス化によるコンテンツ管理に加え、CSV/API を活用してインデックス情報を外部システムとシームレスに連携できる。
 また、申請書や請求書など、社内の承認が必要なワークフローも、予め定義された承認フローに従い、自動化することができる。洗練されたユーザーインターフェース(UI)により、画面上で文書のデジタル化から承認ワークフローまでを直感的に操作でき、出張時やリモートワークでも、パソコンやスマートフォン、タブレット端末などのデバイスから各種の作業を実行できる。
「RICOH コンテンツ活用&業務効率化サービス」では、DocuWare をコア・アプリケーションとし、業種業務ごとのお客様の環境に合わせ、固有のプロセスに対応したモデルを提供する。帳票処理自動化、注文書ファクス処理の効率化、契約書管理効率化、ワークフロー文書管理など4 つの業務モデル、また、業種向けモデルとして製造現場かんたん文書管理モデルをご用意し、順次モデルバリエーションを拡大する。
 クラウドアプリケーションサービスとして提供し、必要に応じた拡張性を担保しながら、小規模での導入から始めることができる。リコージャパンの強みである豊富なSE(システムエンジニア)戦力を活用し、お客の様々な業務に応じた柔軟な設定やインテグレーションを行うことで、既存の業務に沿った形での業務デジタル化・効率化を実現する。そのため、中堅企業における働き方改革・生産性向上はもちろん、大企業に対しても、部門固有の業務効率化・困りごと解決に貢献する。




 リコージャパンは、同サービスをお客様の業務を変革するキー・ソリューションとして展開し、中堅企業におけるクラウド技術を活用した業務改善を促進する。リコーグループは、今後もデジタルの力でさまざまな業務に関わる情報共有や業務プロセスの効率化を支援するソリューションを提供し、お客の働き方改革に貢献していく。