エプ ソンアトミックス 北インター事業所に水アトマイズ生産新ラインを増設
2020年10月14日
 セイコーエプソンのグループ会社で、微細合金粉末の製造において世界シェア No.1のエプ ソンアトミックス(青森県八戸市、大塚 勇社長)は、こ のたび約 15 億円の投資を行い、北インター事業所内に水アトマイズ法による微細合金粉末の新ラインを 増設、本日火入れ式を執り行い、稼働を開始した。 新ラインの増設により、本社工場と合わせた微細合金粉末の生産能力を 2025 年までに現在の約 1.5 倍の年間約 1 万 5,000 トンまで増強することが可能になる。

 エプソンアトミックスの水アトマイズ法による微細合金粉末は、その原材料・用途により、主に磁性粉 末と MIM(Metal Injection Molding)用焼結粉末の 2 種類に分けられる。 エプソンアトミックスでは、高周波炉により溶解した金属に高圧水を当てて霧状に飛散させ、それを急速冷却させる高圧水アトマイズ法 に独自の技術を加えることで、ミクロン単位という微細サイズであ り、かつ成分・特性が均一で安定した微細合金粉末を提供し、市場で高い評価を得ている。

 優れた磁気特性を有する磁性粉末は、スマートフォン、ノートパソコンなど高機能モバイル機器の電圧 を制御するために必要なインダクター、チョークコイル、リアクトルなどの電子部品の原材料として使用されている。さらに、自動車の電装化が進み、ハイブリッド車や EV 車などでインダクターの搭載数が増加するなど、今後さらなる市場拡大が見込まれている。エプソンアトミックスの磁性粉末は、粒子の 微細化技術によってエネルギー損失を抑制し、電圧制御部品の低消費電力・小型化、高周波・大電流対応 に大きく貢献している。

 一方、MIM 用焼結粉末は、複雑な形状でありながら高精度・高強度が求められる、医療用特殊機器や自動車エンジン用途、電子機器・OA 機器などの金属射出成形(MIM)部品の原材料として使用されている。さらに、金属3D プリンターの普及が進み産業分野での需要拡大も見込まれている。エプソンアトミックスの焼結粉末は、ステンレス鋼や低合金鋼などさまざまなラインアップをそろえ、さらには用途に 応じて粉末の粒径を調整できるため、焼結部品の高密度化や高強度化などに寄与している。医療、自動 車産業、3D プリンターなどの市場成長に伴い、今後も安定した需要が見込まれている。

 エプソンアトミックスは、2013 年に金属粉末製造工場として「北インター事業所」を竣工以来、同工 場内にアモルファス合金粉末の製造工場を増設するなど、需要拡大に対応するためのライン増設を行ってきた。微細合金粉末の市場は、スマートフォン、タブレット PC などの高機能モバイル機器や、 自動車、医療機器などにおける、部品の原材料としてその需要は年々高まりを見せている。中長期的に もその傾向が続くと予測されており、エプソンアトミックスでは、微細合金粉末の能力増強を図ることで、 旺盛な需要に対応していく。 今後もエプソンアトミックスは、独自の金属粉末製造技術を強みとし、お客に信頼され喜ばれる製品・サービスを届けていく。

■エプソンアトミックス 北インター事業所の概要
所在地 青森県八戸市北インター工業団地2丁目 1 番 60 号
生産品目 微細合金粉末(磁性粉末、アモルファス合金粉末、MIM 用焼結粉末)
工場面積 敷地:30,600 ㎡、建物:約 8,200 ㎡

■エプソンアトミックス 会社概要
会社名 エプソンアトミックス株式会社
本社所在地 〒039-1161 青森県八戸市大字河原木字海岸 4-44
代表取締役社長 大塚 勇
創業 1999 年 10 月 1 日
従業員数 約 330 名(2020 年 9 月末現在)
資本金 4 億 5 千万円 ※セイコーエプソン株式会社 100%出資
事業内容 金属粉末、金属射出成形部品、人工水晶原石の開発、製造、販売

詳細はエプソンアトミックスのホームページ(http://www.atmix.co.jp)を参照ください。


エプソンアトミックス 北インター事業所