凸版印刷とギグワークス 「AIリモート顧客」システムの共同開発を開始
2020年10月14日
 凸版印刷(東京都千代田区、麿 秀晴社長)とギグワークス(村田 峰人社長)は、2020年9月1日より、協業を開始し、このたび両社はAIを活用した「リモート接客」システム(以下 同サービス)の共同開発に着手した。
 同サービスは、遠隔で待機しているスタッフがAIカメラを搭載した店頭サイネージから店舗を歩く消費者を目視することができ、消費者に対して声をかけることが可能。これにより、店頭で行っていた販促活動をデジタル化し、コロナ禍での店頭接客を継続することで消費者のエンゲージメント向上に貢献する。
 またAIカメラを活用することでスタッフの接客に対して顧客の反応を可視化し、そのデータをもとにAIで接客スクリプトを自動生成・随時更新。経験の浅い販売員の接客スキルを向上させることで、販促活動をサポートする。さらに、AIカメラを活用することで店頭での消費行動データ(会話情報・バイタルデータ)を蓄積し統計データとして活用することも可能。


「AIリモート接客」のサービス概要 © Toppan Printing Co., Ltd.

 コロナ禍において、従来、店舗の従業員やメーカーが主体で行ってきた「試飲・試食」や「サンプリング」「抽選キャンペーン参加」などのリアルでの声かけによる販促活動を行うことが難しくなっている。また、店頭に赴く機会が減少したことにより、顧客の購買行動が急速に変化している。これにより、流通・小売業の売り上げは減少しており、ニューノーマルに対応した新たな販促活動が求められている。
 このような中で凸版印刷とギグワークスは、AIを活用した「リモート接客」システムの共同開発に着手した。

■ 同サービスの特徴
・店頭サイネージと接客オペレーションセンターを連携した「リモート接客」ソリューション
 サイネージに搭載したAIカメラを通して、オペレーションセンターに待機しているスタッフが店頭を歩く消費者を目視することができ、サイネージを通して遠隔から消費者に対して声をかける、「リモート接客」が可能。また、スタッフは複数のアバターを同時に操作することで多くの消費者に対してエンターテイメント性のあるサービスを効率よく提供する。

・センシング技術の活用で顧客の反応を可視化し、トークスクリプトを自動生成
 店頭サイネージに搭載するAIカメラやセンシング技術で、接客における顧客の反応を可視化する。可視化したデータをもとにAIで接客に使用するトークスクリプトを自動生成・随時更新することで経験の浅い販売員の接客スキル向上をサポート。メーカーの店頭プロモーションを支援する。

・AIカメラやセンシング技術を活用し、店頭消費者の属性情報を認識し、データ蓄積・活用が可能
 店頭における来店客の行動や年齢・性別・家族構成などの属性情報を認識し、データとして蓄積する。商品やブランドごとにデータを分析することで、より効率的なオンライン接客の実施に向け、データ活用が可能。

■ 今後の目標
 凸版印刷とギグワークスは、本サービスの開発を進め2021年1月の提供開始を目指す。また、今後も同サービスの開発・提供を通じて、新しい店頭接客モデルを構築するとともに、新たな雇用創出にも貢献していく。