凸版印刷 芸能人と記念撮影体験が可能なサイネージを開発
2020年10月05日
 凸版印刷(東京都千代田区、麿 秀晴社長)は、AR技術を活用してサイネージ上で芸能人、キャラクターなどとリアリティのある記念撮影体験を行うことができるサービス「WithShot™(ウィズショット)」を開発。2020年10月5日よりイベント会場や商業施設に向けて提供を開始する。
 「WithShot™」は、まるでその場に芸能人やキャラクターがいるかのように登場し自分の周りに集まってくるような演出を行い、臨場感のある撮影が体験できるサイネージ。
 一緒に写真を撮りたい人を選択すると、選んだ順番に画面内に動画で登場。自分の好きな芸能人達と好きな組み合わせで撮影ができる。また、撮影後に画面上に表示されるQRコードを読み取ると体験した写真や動画を保存し持ち帰ることができます。話題性のある写真や動画をSNSなどで拡散を促すことが可能。

 なお「WithShot™」は、2020年3月より一部のソフトバンクショップに設置されている。5G(第5世代移動通信システム)時代ならではの臨場感溢れる視聴体験を実現するソフトバンクのコンテンツ配信サービス「5G LAB」のデモ体験コーナーでAR 撮影体験サイネージに採用された。


「WithShotTM」の使用イメージ © Toppan Printing Co., Ltd.


 新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、大規模イベントの中止やスポーツ観戦の自粛が相次いでいる。また、エンターテイメントを楽しむ場やアミューズメント施設では感染症対策を考慮した新たな体験やコミュニケーションの手法が求められている。
 直接のファンとの交流が難しい中で凸版印刷は、AR技術を活用してリアルな記念撮影を実現し顧客満足度向上を支援する新サービス「WithShot™」を開発した。

■ 「WithShot™」の特長
・動く撮影フレームで臨場感のある演出が可能
 芸能人やキャラクターが動きながら画面内に入ってくる演出で、静止画の撮影フレームよりも臨場感のある演出が可能。独自の撮影技法を用いて、体験者が画面前に立った際に芸能人やキャラクターが実際にその場にいるように感じるコンテンツを作成する。キャラクター等のアニメーションや、静止画コンテンツに対応でき、イベントの内容に合わせてスポーツ選手、動物などさまざまなコンテンツとの撮影シーンにも応用可能。

・自分の好きな組み合わせの芸能人と撮影できるカスタマイズ性
 利用者は、サイネージに表示される好きな芸能人やキャラクターの組み合わせを自由に選択することができる。選択したARコンテンツはその場で瞬時に合成され、サイネージに映る自分の周りに集まってポーズをとり、撮影を体験することが可能。これにより、自分だけのオリジナルの組み合わせで撮影できる楽しみや、他のパターンを見るため何度も撮影したくなるコレクション性がある。

・音声付きのコンテンツにも対応可能
 登場するARコンテンツには「一緒に写真を撮ろう!」や「はいポーズ!」などのセリフを言わせることが可能です。また、体験中にBGMをつけることもできるためアーティストの新曲発表イベントや、ゲーム、アニメコンテンツイベントにも活用することができる。

・多彩な持ち帰り方法の中から最適な方法を選択可能
 イベント内容やご希望に合わせ、撮影したコンテンツのお渡し方法を選択することが可能。QRコードを読み込み、写真データをダウンロードする方法や、メールアドレスを登録し、送付されるメールで動画をダウンロードする方法、写真をその場でプリントし持ち帰る方法、写真データを会場の大画面に表示するなどの方法を選ぶことができる。

■ 価格
短期レンタル:150万円~/1台(コンテンツ撮影費用別途)

■ 今後の目標
 凸版印刷は「WithShot™」の販売をスポーツイベントやファンイベントなどさまざまなイベントへ展開を進め、2025年度までに関連受注を含め10億円の売り上げを目指す。