エプソン販売 スマートチャージ「アカ デミックプラン」が愛知県岡崎市小中学校に導入決定
2020年09月11日
エプソン販売株式会社は、学校向けサービスとして展開しているエプソンのスマートチャージ「アカ デミックプラン」を、愛知県岡崎市教育委員会(安藤直哉教育長)に採用され、2020 年 9 月 1 日より市内の小中学校全 67 校で運用を開始した。
教育現場においては、現状のコロナ禍をふまえ、「働き方改革」および「ICT 整備計画」が一層加速される状況にある。各学校では、文部科学省の「新学習指導要領」に基づいた「主体的・対話的で深い 学び」を実現するために、ICT 機器の導入が急速に進んでいるが、生徒に配られるプリントはコストの 面からモノクロプリントが主流だ。そのため、理科・社会などの写真、図表が多い科目では、わかりにくさが生じている。また教職員の長時間労働が社会問題として取りざたされている中、同社の調べでは、 小中学校の先生方がプリントに使う業務時間は月間約 8.4 時間※1 と、多くの時間が割かれている。
エプソンは、100 枚/分※2 の印刷が可能な高速インクジェット複合機を、あらゆるビジネス向けに展開してきたが、2019 年 11 月より学校現場をターゲットにした新プラン「アカデミックプラン」の 展開を開始し、このような学校現場が抱える課題をプリンティングの視点で解決することを提案している。 この度の岡崎市教育委員会による「アカデミックプラン」の採用は、全国でも先進的な取り組みと言える岡崎版「GIGA スクール構想」の中で評価されたことによるもの。

【岡崎市教育委員会による導入詳細】
■職員室でのプリント・スキャンの高速化
職員室に 100 枚/分※2 の印刷が可能な高速インクジェット複合機が導入されることにより、パソコン からのダイレクト印刷が高速化され、大幅な印刷時間の短縮につなげることが可能となった。併せて、 大日本印刷株式会社のデジタル採点システム「リアテンダント」※3 との連携により、インクジェット複合 機の高速スキャナーを活用してテストの採点の大幅な時間短縮を実現。岡崎市が推進する働き方改革 「Okazaki スマートワーク」に貢献する。

■カラー印刷を気兼ねなく行えるアカデミックプランが学習の質向上に貢献
アカデミックプランでは、設定した印刷枚数まではカラー・モノクロとも同コストであるため、従来コ スト面から制限しがちだったプリントのカラー化がスムーズに実現可能となります。写真、図表などカ ラー印刷が必要な教材や、保護者へのお便りなども伝わりやすいものになる。また、今年度小学校か ら全面実施となる新学習指導要領の展開においても、「プログラミング教育」をはじめ、カラー化された 資料が望まれるカリキュラムにも役立てられる。

■学校間での印刷枚数シェアで、市全体の印刷コストを低減
アカデミックプランでは、設定した印刷枚数を全 67 校の間でシェアできるため、大規模校、中規模校、 小規模校で同じ印刷環境を実現できます。印刷枚数の設定は年間なので、月々の変動にも対応し、夏休み で印刷しない期間の分は他の月に回すことが可能になるなど、市全体の印刷コストを低減し、教育の公平性確保に貢献する。

【エプソンのスマートチャージ 学校向けサービス「アカデミックプラン」が学校現場を笑顔に】
急速な変化に直面する学校現場において、教育には欠かせない資料の印刷ひとつとっても課題は様々だ。エプソンのアカデミックプランは、「高速印刷による時間と手間軽減」「新たな消耗品予算不要」「カ ラー印刷の我慢不要」とい3 つのポイントにより、これからも学校現場の抱える課題を解決し、学校現 場を笑顔にすることに貢献していく。

●エプソン スマートチャージのホームページ www.epson.jp/products/bizprinter/smartcharge/
●エプソンのスマートチャージ アカデミックプランのホームページ www.epson.jp/products/bizprinter/smartcharge/academic/
●愛知県岡崎市教育委員会のホームページ https://www.city.okazaki.lg.jp/1300/1304/1327/index.html
●大日本印刷株式会社「リアテンダント」のホームページ https://www.dnp.co.jp/biz/theme/edu/