大日本印刷 ICタグ(RFID)導入に向けた効果検証用のトライアルキットを開発
2020年07月08日
 大日本印刷(DNP,北島義斉社長)は、ICタグ(RFID)の導入に向けた効果検証を効率的に実施できるトライアルキットを開発した。

 このキットは、リーダライタとアプリから構成される。2020年7月8日、ICタグ(RFID)を活用した業務効率化の効果をPoC(Proof of Concept: 概念実証)で検証できる「DNP RFID導入検証支援サービス」を開始する。

 新型コロナウイルスの感染防止対策の一環で、非接触での業務も増えており、その効率化に向けて、数m離れていても複数のIDを読み取ることのできるRFIDの導入を検討している企業が、計画から評価まで一連の概念実証をスムーズに実施できるよう支援する。


据置型リーダライタでの利用イメージ

【「DNP RFID導入検証支援サービス」開始の背景】
 製造や流通・小売の企業では今、労働力不足や働き方改革、食品ロスや製品在庫の偏りなどが課題となっており、生活者までをつなぐサプライチェーンの中で製品の流れや在庫を可視化し、業務を効率化することのできる手段としてRFIDの活用が注目されている。またRFIDで取得するデータを分析し、デジタルマーケティング等によって生活者が求める商品を生産し、店頭に配置して効率よく販売することで、サプライチェーンの各工程で価値を生み出す有用性が期待されている。

 DNPは、1999年からRFID事業を展開し、2017年度・2018年度には2年連続で経済産業省、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と共同で情報共有システムの構築に向けた実証実験を行うなど、RFIDによる社会課題の解決に努めている。

 RFIDの活用は、事前の導入効果検証や運用を想定した課題の抽出が重要な成功要因だ。その評価をするために、これまでは機器の購入や簡易システムの開発など検証準備にかかる負荷が大きく、検証作業の障害となっていた。DNPは今回、このような効果検証を短期間かつ安価で実施できる導入支援サービスを開始した。

【「DNP RFID導入検証支援サービス」の概要】
 製造・物流や流通・小売等の現場でRFIDを導入するためのPoCを簡易に実施できるようにするために、システム・機器の貸し出しと、現場でのRFID読取り環境構築のノウハウを提供し、下記2つのアプリを使用して検証・評価レポートの作成を支援する。

〇RFIDの読取りを検証評価する「RFID読取評価アプリ」
ハンディリーダライタ、据置型リーダライタの2タイプの機器を使用して、下記の3機能を提供する。
① RFIDとバーコードとの読取り速度を比較し、導入効果試算に役立つデータを作成する。
② RFIDの貼付位置やリーダライタのアンテナの位置の違いによる読み取り速度の差を比較し、RFIDタグの最適な貼付位置や、最適なアンテナ設置位置などを導き出す。
③ RFIDを貼付した複数の商品の同時読取状況を可視化し、最適な商品の積み付け方を導き出す。
〇入荷・出荷・棚卸のステータス管理が行える「サプライチェーン業務系アプリ」
製品の入荷・出荷・棚卸の結果を可視化するクラウドサービス。

■税抜価格:支援作業と機器貸出の一式で300,000円~

【今後の展開】
 DNPは同サービスにより、企業のRFID導入のサポートを通じて、さまざまな業種・業態でサプライチェーン全体の最適化・スマート化を推進し、生活者を豊かにする社会の構築に貢献していく。