凸版印刷 店舗や施設の待ち時間に電子絵本読み放題サービスを提供
2020年06月30日
 凸版印刷(東京都千代田区、麿 秀晴社長)は、2015 年より雑誌やコミックなどをスマートフォンなどの情報通信端末で読むことができる法人向けコンテンツ配信事業を展開している。
このたび、法人向けコンテンツ配信事業の新たなラインナップとして、電子絵本・児童書配信サービス「えほんほーだい™」(以下、本サービス)の提供を2020年6月より開始する。電子絵本・児童書の読み放題サービスを法人向けに提供するのは国内初となる。

 同サービスは、法人・企業が運営する店舗や施設のWi-Fi経由で電子絵本・児童書を読み放題で配信するもの。利用者は自身が所有するもしくは店舗に備え付けのスマートフォンやタブレットなどの情報通信端末から店舗や施設内のWi-Fiに接続し、店内に掲示されているポスター・チラシなどのQRコードを読み取り利用することができる。配信コンテンツは凸版印刷のグループ会社であるフレーベル館(東京都文京区、飯田 聡彦社長、以下 フレーベル館)が提供。幼児から小学生を対象とした電子絵本・児童書の合計50冊を読み放題で配信する。同サービスの活用により、店舗や施設における来店客の快適な待ち時間を演出する。
 なお、同サービスはカラオケ コート・ダジュール(神奈川県横浜市、快活フロンティア 谷井 真吾社長)の全国50店舗に2020年6月1日より導入されている。




TOPページ(左)絵本紹介ページ(右) 
 電子絵本・児童書配信サービス「えほんほーだい™」画面イメージ


©KISHIRA Mayuko  絵本閲覧ページ(見開き閲覧可能)
 電子絵本・児童書配信サービス「えほんほーだい™」画面イメージ 


■ 開発の背景
 凸版印刷は2015年より雑誌・コミック・るるぶの法人向けコンテンツ配信事業を展開している。
 子連れ客の多い店舗や施設において待ち時間に子どもと楽しめるツールを提供することで顧客満足度向上を図りたいというニーズを背景に、今回新たに電子絵本・児童書をラインナップに追加した「えほんほーだい™」を開発した。
 従来、絵本・児童書は紙での需要が高く電子書籍化されているコンテンツが多くはなかったが、凸版印刷のグループ会社であるフレーベル館の協力のもと選りすぐりの絵本・児童書50冊を配信する。また昨今、各領域で高まる衛生面のニーズに対しても個人が所有するスマートフォンなどから利用できるため、書籍や端末を他者と共用する衛生面での不安を解消したコンテンツの提供を実現する。

■ 電子絵本・児童書配信サービス「えほんほーだい™」の特長
・アプリ不要で手軽に利用可能
 Webブラウザで閲覧可能なため、専用アプリケーションをインストールする手間なく利用者自身のスマートフォンなどで手軽に利用ができる。また、同じ絵本・児童書を同時に複数人で閲覧でき、読みたい本を好きなだけ楽しむ機会を提供する。

・書籍管理の手間・コストや衛生面の懸念を軽減
 電子書籍のため、導入店舗・施設は書籍の購入や設置スペースの確保・メンテナンスなどが不要、盗難や破損の心配もない。また、個人が所有するスマートフォンなどから利用ができるため、書籍を他者と共有することによって生じる衛生上の懸念も解消でき、安心して利用することができる。

・店舗や施設内の快適な滞在時間を提供
同サービスは店舗や施設内のWi-Fiが届く範囲での閲覧が可能。閲覧時間の制限もなく、店舗や施設に滞在する間は時間の許す限りコンテンツを閲覧することができる。そのため、店舗や施設内の空間価値向上や来店客への快適な待ち時間の演出に寄与する。

■ 参考価格
月額費用:3,500円~ / 1店舗・施設
※導入店舗や施設の利用人数によって価格が変動するため、詳細は別途見積り

■ 今後の目標
 凸版印刷は、電子絵本・児童書配信サービス「えほんほーだい™」 を医療施設や学童保育、カーディーラーなどに向けて拡販。コンテンツ拡充や機能のブラッシュアップを推進し、2024年度までに約3,000店舗・施設の導入を目指す。また、同サービスを含む法人向けコンテンツ配信事業全般で2025年度までに約 10 億円の売上を目指す。