日印産連 2021年第46回技能五輪国際大会(中国・上海大会)「印刷」職種 日本代表先週(候補者)選考会を開催
2020年06月29日
 一般社団法人日本印刷産業連合会(日印産連・JFPI)では、中央職業能力開発協会(JAVADA)の依頼により、2021年9月に中国・上海で開催予定の第46回技能五輪国際大会「印刷」職種に出場する日本代表選手(候補者)の選考会を実施する。
 技能五輪国際大会は、国際的に技能を競うことにより、参加国の職業訓練の振興及び技能水準の向上を図るとともに、青年技能労働者(満22歳以下、一部職種は25歳以下)の国際交流と親善を目的とした大会で、1950年に始まり、現在は2年ごとに開催されている。
 「印刷」職種は、2007年の第39回静岡大会から正式競技種目となり、同大会以降、日本は毎回参加し、優秀な成績を残しており、前回の第45回カザン大会でも6位敢闘賞を受賞した。
日印産連では、今回も下記の要領で選考会を実施する。

主 催:一般社団法人 日本印刷産業連合会
後 援:東京都
協 賛:ハイデルベルグ・ジャパン株式会社、学校法人 日本プリンティングアカデミー、日本製紙連合会、富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ株式会社、東洋インキ株式会社、株式会社T&K TOKA 


7月27日(月) 応募締切
8月7日(金) 第一次選考会 教育セミナー(座学)日本印刷会館
8月28日(金) 第一次選考会(筆記試験・面接)日本印刷会館
9月12日(土) 調色トレーニング(研修)東洋インキ㈱川口
9月19日(土)~21日(月) 実機トレーニング(研修)東京都立中央・城北職業能力開発センター
10月28日(水)~30日(金)最終選考会(実技試験)東京都立中央・城北職業能力開発センター
11月上旬 日本代表選手(候補者)発表
※ その後、中央職業能力開発協会に日本代表選手候補者として推薦

なお、応募要領、応募申込書は日印産連のHPからダウンロードできる。
(https://www.jfpi.or.jp/topics/detail/id=4708)
また、従来実施していた応募要領などについての説明会は今回は開催せず、個別に対応する。