ハイデルベルグ ウォールボックス(チャージングシステム)がヨーロッパで発売開始
2020年05月22日
電気自動車への需要は今ヨーロッパの主要マーケットで勢いづいている。ハイデルベルグ社は、ドイツでの2年間にわたる成功を後に、ハイブリッド車と電気自動車のチャージングテクノロジーの販売を開始した。ハイデルベルグ ウォールボックスEUチャージングシステムは、ロイヒトミッテルマークト レベルe.Kによって国際的に運営されているウェブサイト(www.heidelberg-wallbox.eu)とともに、フランス、イギリス、イタリア、オーストリア、スイス、スペイン、オランダでも購入できる。ハイデルベルグ ウォールボックス ヨーロッパは、ドイツ国外ではノルウェー以外の国すべてで承認を得ている。ロイヒトミッテルマークト レベルe.Kは、照明および電気工学のスペシャリストであり、ハイデルベルグチャージングテクノロジーのヨーロッパにおけるパートナーだ。

■ロードマネジメント(電力管理)が組み込まれた新しいハイデルベルグ ウォールボックスホームエコは複数台の車を同時に充電可能。
第3四半期のはじめに、ハイデルベルグは、ハイデルベルグ ウォールボックスホームエコのベーシックモデルをさらに強化した製品を発表する予定。ステンレススチールのフロントをしたハイデルベルグ ウォールボックスエナジーコントロールは、ロードマネジメント(電力管理)と太陽電池システムを使った充電のためのインタフェースを持つことがその特徴だ。ダイナミックロードマネジメント(電力管理)は、複数台の車の間で充電する電流を平滑に利用できるように分配する。ウォールボックスは、Modbus RTU という業界標準を使うことによって、家庭の電力管理システムに組み込むことも可能です。これにより家庭内での電力生産の最適化を計ることも可能。

■数千のお客様がすでにハイデルベルグのチャージングテクノロジーに感動
2018年4月の発表以来、数えきれない大型量販店、オンラインショップ、そして数千のエンドユーザーの皆様が、ハイデルベルグ ウォールボックスにすでに感銘を受けている。この技術は家庭においても、また、公共機関等でも使用することができる。見た目も非常に印象的なステンレススチールのスタンドも、壁に取り付けない場合に利用可能。ハイデルベルグウォールボックスエコは、すでにドイツのAmazonで最も売れているチャージングテシステムのひとつであり、多くの家電量販店、公営企業、また地方の電力会社でも販売されている。
販売店のお客もエンドユーザーの皆もその品質とテクノロジーに感心している。これは、最近のドイツにおけるウォールボックスのADAC比較テスト2019によって強調された。ハイデルベルグ ウォールボックスホームエコは、1.1という結果で、誰もが納得する全分野での勝者となった。“Elektroautomobil”という雑誌でも、2019年4月版で同様の評価を獲得している。

■ハイデルベルグ ウォールボックスホームエコについて
ハイデルベルグ ウォールボックスホームエコとエナジーコントロールは、カーポートや屋外の壁や柱に装着することができる固定式の充電装置だ。充電容量は、最大11kwまで。デザインと機能は、非常に頑強で、メンテナンスやサービスの必要はない。ハイデルベルグ ウォールボックスは、個人の家庭や、複数のユーザーが同時に彼らの車を充電するという使用にも適している。市場からの強い需要に応えるため、ハイデルベルグは、そのエレクトリックモビリティのポートフォリオをさらに拡張する計画だ。インテリジェントなコミュニケーションテクノロジーを搭載し、スマートホームへの統合も可能にするプレミアムプロダクトまで様々な製品が計画されている。



ウォールボックスチャージングシステムは、
今、ヨーロッパの主要マーケットで利用可能。



ハイデルベルグウォールボックスエナジーコントロールは、
将来、複数台の車を同時に充電できるようにするロードマネジメント
が組み込まれた製品へと拡張される。