大日本印刷 「みらいのえほんプロジェクト」のデジタル絵本シリーズが「2012年度 グッドデザイン賞」を受賞
2012年10月01日

大日本印刷(DNP)と、子ども向けデジタルコンテンツの企画・制作を手がけるデジタルえほんの共同プロジェクト「みらいのえほんプロジェクト」で制作・配信したデジタル知育絵本「tap*rap しりとり」シリーズが、「2012年度グッドデザイン賞」(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞した。

「tap*rap しりとり」シリーズは、子どもが親しみやすく、また、保育園や学童などの教育現場において読み聞かせやワークショップで活用できることを目指し、デジタルの特性を活かして制作された、新しい「えほん」。今回の受賞では、「tap*rap しりとり」シリーズの、シンプルな操作性とかつ繰り返し操作したくなるような魅力を持つ点が評価された。


なお、「tap*rap しりとり」シリーズは、11月23日(金)から東京ビッグサイトで開催される受賞発表展「グッドデザインエキシビション2012」に出展される。表彰式は、11月22日(木)に同会場で開催される予定。

 

【「tap*rap しりとり」シリーズについて】
タブレット端末やスマートフォンのタッチパネルによるインタラクティブ機能を活用し、タップするだけの直感的な操作で楽しむことができるデジタル知育絵本。就学前からの子どもを対象としており、指の動きと絵や音がシンクロすることで言葉や判断力などの育成につなげられる。