凸版印刷 熱殺菌処理後の酸素ガスバリア性が世界一の透明ハイバリアフィルムを開発
2012年10月01日

凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)は、熱殺菌後の酸素ガスバリア性が世界一の透明ハイバリアフィルム「PRIME BARRIER(プライムバリア) レトルトグレード」を開発した。熱殺菌が必要な流動食や点滴用輸液といった栄養摂取(ニュートリション)関連製品など、高い酸素ガスバリア性や耐熱性が求められる包材・部材向けとして、2012年10月より本格的な販売を開始する。


 同製品は、凸版印刷の新しい透明ハイバリアフィルムシリーズ 「PRIMEBARRIER」の第1弾として開発した、耐熱性と耐屈曲性に優れ、アルミ箔に匹敵する高い酸素ガスバリア性を持つ透明ハイバリアフィルム。
透明ハイバリアフィルムとして世界最高レベルの酸素ガスバリア性と水蒸気バリア性を持つ「GLフィルム」に、高い酸素ガスバリア性を持ち、耐屈曲性に優れたハイバリアフィルム「ベセーラ」の技術を融合。
熱殺菌後の酸素ガスバリア性が世界トップだった当社従来品の約2倍となる高い酸素ガスバリア性を実現した。これにより、熱殺菌後に高い酸素ガスバリア性が求められる流動食や点滴用輸液包材などへの対応が可能になった。


 なお同製品は、2012年10月2日~5日まで開催される「2012東京国際包装展」(会場:東京ビッグサイト)のトッパンブースにて紹介する。

 

■ 同製品の特長
・高い酸素ガスバリア性を実現
酸素ガスバリア性が高い「GLフィルム」と、熱水処理により酸素ガスバリア性が向上する「ベセーラ」を融合したことにより、従来製品の約2倍となる高い酸素ガスバリア性を実現した。
・折り曲げストレスに強い
屈曲によるストレスを与えても酸素ガスバリア性が劣化しにくい「ベセーラ」の特性を活かし、従来の約10倍(*)の耐屈曲性を実現した。
* 耐屈曲試験100回後、水を充填し121℃・30分でレトルト処理した場合。
・透明なため、目視確認が可能
フィルム自体が透明なため、内容物を見せて商品をアピールすることができる。また、充填後も目視確認が可能なため、シール不良やピンホールチェックなど品質検査の際にも有効。
・燃やしても有害ガスが発生しない
素材にはPETフィルムを使用、燃やしても有害ガスが発生せず、残渣もほとんど残らない。