リコーITソリューションズ  情報処理学会の「認定情報技術者制度 企業認定」を取得
2020年03月26日
 リコーITソリューションズ (石野 普之社長)が、社内IT技術者のスキル認定制度として運用する 「RITSプロフェッショナル認定制度」はこの度、一般社団法人情報処理学会(以下、情報処理学会)から 「認定情報技術者制度 企業認定」(以下、CITP企業認定) を取得した。

 リコーITソリューションズでは、2011年度より「RITSプロフェッショナル認定制度」の運用を開始し、「RITS高度専門職」 としてIT技術者を社内認定することで、ITに関する知識だけにとどまらず 「豊かな人間性」 と 「技術展開・後進育成など高いプロフェッショナル貢献力」 を持つ技術者の育成に取り組んできた。
 「CITP 制度」 は、経済産業省が定める 「IT スキル標準(ITSS)」のレベル4 以上の高度IT 人材を対象に、所定のレベルに相当する能力を有すると情報処理学会が判定した人材を「認定情報技術者(CITP)」として認証する制度。CITP は国際標準であるISO/IEC 24773 に適合し、国際的なプロフェッショナル資格制度「IP3」 の認定を受けているため、IP3 認定国間で相互・グローバルに通用する認証として適用される。
 このたび、リコーITソリューションズが取得した 「CITP企業認定」では、「RITSプロフェッショナル認定制度」が、「ITスキル標準(ITSS)」に適合した基準を整備し、その認定が適正、公正、公平に実施されていることが審査され、その認定水準が 「認定情報技術者(CITP)」 と同等とであると評価された。これにより、 「RITSプロフェッショナル認定制度」 で認定される技術者は、個別に「CITP審査」を受けることなく、「認定情報技術者(CITP)」として認定されることになる。

 リコーITソリューションズは、先進技術でリコーグループにおけるIT技術の戦略企業としての役割を担うとともに、「デジタルトランスフォーメーション」を見据えた市場・社会からの要請に応えられる企業として、より付加価値の高いシステムやサービスを提供していく。また、本制度の浸透・拡大に貢献していく。