セイコーエプソン 社員用住居『GF(グリーンフィールド)諏訪』を新設
2020年03月26日
セイコーエプソン(碓井 稔社長、以下エプソン)は、このたび、本社所在地である長野県 諏訪市に社員用住居『GF(グリーンフィールド)諏訪』を新設した。

エプソンでは、福利厚生の一環として社員用住居を提供しており、長野県内には複数の自社物件を備えている。『GF諏訪』は、社員の福利厚生の向上を図ることを目的として、老朽化が進んだ既存施設に 代わり、主に新入社員の入居先として新設するもの。また、充実した住環境の提供により、採用活動 における優位性を高めることも狙いとしている。 なお『GF諏訪』の運用開始に伴い、諏訪地域の既存施設「金沢精和荘」「大和精和荘」「赤沼精和荘」 は2020年内に順次閉鎖する。また松本・塩尻地域においても近年GFの拡充を進めており、2021年春には『GF村井』の新設を予定していることから、既存施設「松塩精和荘」は2020年内に閉鎖する。

■GF諏訪の概要
名 称 GF(グリーンフィールド)諏訪
概 要 敷地面積:約12,200㎡ 鉄骨造3階建4棟(計144戸)
所在地 長野県諏訪市四賀桑原857番地
竣工時期 2020年3月19日


GF(グリーンフィールド)諏訪