凸版印刷 保険代理店や税理士事務所に向けた業務支援型フィンテックサービスの提供を開始
2020年03月26日
 凸版印刷(東京都千代田区、麿 秀晴社長)は、これまで金融業界を中心としたデジタルサービスの開発・運用により培ったノウハウと高水準なセキュリティ基盤を活かし、保険代理店や税理士事務所に向けてその顧客となる法人の保険契約情報をクラウド上で管理するASPサービス「MyPare™」(以下、同サービス)の提供を2020年4月1日より開始する。
 同サービスは、契約保険会社や保険種類を問わず法人や個人単位で保険契約情報を一律のフォーマットで入力・更新できる保険契約情報のクラウドサービス。契約条件や保障内容をキーに登録情報の検索や、提案に向けた多角的なシミュレーションができるので保険の保全業務におけるコンサルティングツールとして有効だ。また、参照権限を付与することで、顧客となる保険契約者が自身の契約情報を参照することも可能。
 さらに、満期・満了や解約返戻金のピークなど期限期日に関するリマインドや事業報告用の帳票出力などの業務サポート機能を備えている。保険契約情報を安全に管理し積極的な保全活動を行う保険代理店や税理士事務所に最適の業務を支援する。


保険契約一覧表示画面(基本情報一覧) 


保険金推移表画面(保証内容詳細)

■「MyPare™」の特長
・業務要件に準じたインターフェイスと機能
 入力した保険証券情報をさまざまな検索条件に基づき一覧表示することや、保証内容を保険種別のカテゴリごとにグラフや推移表に切り替えて確認することができる。顧客となる法人における財務リスクの判定や、法令要件となる契約時の意向履歴を管理することも可能。

・秘匿性の高い情報をクラウド上で一元管理
 個人情報を含む秘匿性の高い保険契約情報をクラウド上で一元管理ができる。個々の担当者の属人的な管理から脱却し、統一的な情報管理体制を構築することができる。

・堅牢なセキュリティ基盤でのシステム運用
 銀行を中心とした金融業界向けのサービス提供基盤として実績のあるトッパングループ・データセンター内で本サービスを運用している。また、権限ごとにアクセスできる情報や機能を制限することで安全性の高い情報管理を実現している。

■ 価格
初期費用:8万円
月額費用:8万円
※保険契約者単位を最大100IDまで登録可能

■ 今後の展開
 凸版印刷は保険代理店業界と税理士業界を中心に「MyPare™」を拡販し、2024年までに1,000社の導入、約10億円の売上を目指す。また、今後も同サービスを起点に法人向けサービスから個人契約者向けのサービスまで情報管理クラウドをはじめとした保険関連手続きのデジタル化を推進し、保険業界のデジタルトランスフォーメーションに対応したサービスの開発を通じて社会課題の解決に貢献していく。