キヤノンMJ  クラウド型メール情報漏えい対策サービスの提供を開始
2020年03月24日
 キヤノンマーケティングジャパン(坂田正弘社長、以下キヤノンMJ)は、簡単かつ迅速に導入可能で、高度なフィルタリングをはじめとするメール情報漏えい対策機能を提供するクラウドサービス“GUARDIANWALL Mail セキュリティ・クラウド” を2020年4月1日より提供する。クラウドメールの柔軟性とセキュリティ確保の両立を実現し、企業における働き方改革推進を支援する。
 昨今の働き方改革推進により、場所を問わず効率的な業務を行うためにクラウドサービスを導入する企業が増えている。それと共に、情報共有を安心・安全に実現するための情報漏えい対策に対する意識が高まっている。
“GUARDIANWALL Mail セキュリティ・クラウド” は、企業の導入が進むOffice 365やG Suiteといったクラウドメールの標準機能だけでは対応できない情報漏えい対策を実現するクラウドサービス。国産開発体制の強みを生かした高度な日本語フィルタリングを可能とする「MailFilter」、添付ファイルのZIP 暗号化や宛先のBcc 変換などを自動で行う「MailConvert」、メール保管と柔軟な検索で監査や調査を容易にする「MailArchive」をラインアップし、あらゆる側面からメールでの情報漏えいを防ぐ。
 また運用ニーズに合わせ、高度な機能まで自由に設計できる「プレミアム(2020年4月1日提供開始)」と簡単な設定・運用が可能な「ベーシック(2020年7月提供開始予定)」をそれぞれ用意する。
プレミアムにおいては、すでに「GUARDIANWALL」をオンプレミスで利用しているユーザーに向けたクラウド移行の受け皿としても展開し、主に大手・中堅向けのクラウド化促進を支援する。
「GUARDIANWALL」シリーズは、メールやウェブを通じて外部へ送信される情報の検査を行い、情報漏えいを防ぐセキュリティソリューションだ。
同サービスのリリースにあわせて製品ラインアップの見直しを実施し、”GUARDIANWALLMail セキュリティ”、“GUARDIANWALL Web セキュリティ” の2つに整理、統合する。

< “GUARDIANWALL Mail セキュリティ・クラウド” の主な特長>
● 18年連続国内シェアNo.1*のGUARDIANWALL メールセキュリティ機能を、クラウドで
簡単かつ迅速、安価に提供
● 国産開発体制で、フィルタリングなど日本語への高度な対応や高いユーザビリティを実現
● クラウドメール(Office 365 / G Suite)の機能アップデートに素早く対応
● 管理画面の提供により、お客さまの環境に合わせた柔軟なルール設定・変更が可能
● 企業ポリシーにあわせてえらべる2つのサービス(プレミアム、ベーシック)を用意
*株式会社富士キメラ総研 2019 ネットワークセキュリティビジネス調査総覧(メールフィルタリングツール)

< “GUARDIANWALL Mail セキュリティ・クラウド” のラインアップ>
● MailFilter on Cloud プレミアム/ベーシック
● MailConvert on Cloud プレミアム/ベーシック
● MailArchive on Cloud プレミアム/ベーシック
● アーカイブ保管サービス(MailArchive on Cloud のオプションサービス)