リコー アートブランド「StareReap 」を開始、アートを身近に感じる文化を提案
2020年02月12日
 リコー(山下良則社長)、新規事業の創出に向けた取り組みとして、スタートアッ プ企業や社内外の起業家の成長を支援して事業共創を目指すプログラム「RICOH ACCELERATOR 2019」(リコーアクセラレーター2019)を行っている。このたび、同プログラムで活動している社内チーム が、リコー独自の立体スキャニングや立体印刷の技術を活用したアートブランド「StareReap (ステアリー プ)」を開始することになった。

 「StareReap」、アートを身近に感じることができる文化を提案する新たなアートブランド。サイズ /色調/質感などを精密にそして自由に表現することができるリコー独自のインクジェット技術によって 凹凸や質感などをリアルに再現することが可能にしている。新しい技法次世代のリトグラフとも呼べる 制作技術を基盤とし、既にあるオリジナルアートのエディション作品の制作に加えて、アーティストとの共 創活動によるオリジナルアート制作で、新しいクリエイティブ作品・文化形成を実現していく。

 このたび、現代のアートシーンを代表する日比野克彦氏とともに、新しい技法である「StareReap 2.5」を 用いたエディション作品を制作した。日本橋三越本店にて新たにオープンする美術ギャラリー 「MITUKOHI CONTEMPORARY GALLERY」で開催される「日比野克彦展 X デパートメント 2020」、 ならびに 2020 年 3 月 20 日から開催されるアートフェア東京にて、エディション作品を販売する。日比野作品の特徴である、段ボールや絵具、シールの質感などをリアルに再現し、これまでの技法で不可 能だった、オリジナルアートの質感を高次元で再現している。

<展示会の概要>
日比野克彦展 「X デパートメント 2020」
会場:日本橋三越本店 本館 6 階 MITUKOHI CONTEMPORARY GALLERY
会期:3 月 18 日(水)~30 日(月) 午前 10 時~午後 7 時 *最終日午後 5 時閉場

アートフェア東京 2020
会場:国際フォーラム MITUKOHI CONTEMPORARY GALLERY ブース
会期:3 月 20 日(金)~22日(日) 午前 11 時~午後 8 時 *最終日午後 5 時閉場、最終入場各日 終了 30 分前