日印産連・フジサンケイビジネスアイ 第71回カレンダー展&第61回全国カタログ展の表彰式を開催
2020年01月21日
 一般社団法人日本印刷産業連合会・フジサンケイビジネスアイ主催の第71回カレンダー展&第61回全国カタログ展の表彰式が1月20日、東京都千代田区大手町・東京サンケイプラザで開催された。第71回カレンダー展の経済産業大臣賞【第1 部門】A TAPESTRY OF LIGHT光耀(発行者:三菱電機、出品者:凸版印刷)、同賞【第2部門】ルートヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェンの生涯と筆跡カレンダー(発行者:ミサワホーム、出品者:大日本印刷)、同賞【第3部門】camouCollage2020カレンダー(発行者:camouCollage、出品者:大日本印刷)、第61回全国カタログ展の経済産業大臣賞/松永真賞【図録部門】「大竹伸郎 ビル景1978-2019」図録(発行者HeHe、出品者:光村印刷)、同賞【カタログ部門】スマホの友(発行者:ソフトバンク、出品者:凸版印刷)など上位賞が表彰された。
 式典で、主催者を代表して、浅野健日本印刷産業連合会副会長は「日常の生活はテクノロジーによって大きく変わりつつある。特にデータ活用とデジタル技術の進化は著しく、デジタルトランスフォーメーションによって生活やビジネスが大きく変革する状況になっている。しかしながら、カレンダーやカタログは日頃の生活やビジネスにはなくてはならないものであり、最近ではデジタルメディアと連動したものや感性に訴えるデザイン性の高い作品も数多く見受けられる。社会の変化に合わせて印刷メディアが新しい役割や付加価値が増しているのではないか。日印産連では、カレンダー展やカタログ展などのコンテストを通して一般の方をはじめ、印刷メディアの価値を知ってもらう活動を続けていく」と挨拶した。
 次いで、来賓の冨田智経済産業省商務情報政策局コンテンツ産業課課長補佐は「近年、デジタル化により紙への印刷は厳しいが、カレンダーやカタログは日常生活の中にあるものとしてなくてはならないものだ。今後も高い付加価値を高めてほしい」と祝辞を述べた。
 引き続き、上位者に賞状が授与され、浅葉克己審査委員長が「解体して新しいものを作っていく時代ではないか。解体して新しい作品を目標にしてください」と審査講評を述べた。
 この後、受賞者を代表して、和田浩史ソフトバンクコンシューマ事業統括プロダクト&マーケティング統括コミュニケーション本部アライド統括部統括部長は「二つを課題にした。一つはワイモバイルのブランド、インターネットの楽しさや便利さを人々に届けたい。二つ目はワイモバイルは4千店舗あるが、曜日や時間によっては待たせてしまう。待っていただく方に時間を豊かにするための冊子にした。そして、カタログ展に入選したいという裏テーマがあった。紙だからこそできる、紙にこだわり、黄インクを使い、コピーやデザインにもこだわったことで今回の受賞につながった。来年もこの場に来られるようにしたい」と述べ、乾杯した。

第71回全国カレンダー展
■東京会場
日時:1月20日~24日10:00~18:00
場所:東京サンケイビルB1F,B2Fブリックギャラリー
■大阪会場
日時:1月28日~2月6日9:00~17:00(最終日は15:00)土・日休館
場所:平和紙業 ペーパーボイス大阪

第61回全国カタログ展
■東京会場
日時:1月20日~24日
場所:東京サンケイビルB1F,B2Fブリックギャラリー
■大阪会場
日時:2月25日~3月5日(土・日休館)
会場:平和紙業 ペーパーボイス大阪


冨田課長補佐(左)と 経済産業大臣賞の受賞者


 浅野健日印産連副会長


 浅葉克己審査委員長


 1月24日まで東京サンケイビルB1F,B2Fブリックギャラリーで展示