日印産連 「じゃぱにうむ2020~印刷産業の地方創生事業事例発表会~」2020年2月10日開催
2019年12月18日
 一般社団法人日本印刷産業連合会(日印産連)では、印刷産業が取り組むべきSDGsの重要課題のひとつに「地方創生への貢献」を掲げている。内閣府のSDGs推進本部が公表している「拡大版SDGsアクションプラン2019」に示されている「SDGsを原動力とした地方創生、強靭で環境に優しいまちづくり」の実現に寄与するため、2018年に内閣府が進める「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」に参画し、全国各地の印刷会社と連携しながら、地方創生の推進と同時に、各地の印刷会社の新規事業開発に貢献することを目指している。
 その一環として、昨年度に引き続き、全国各地の印刷会社が取り組む地方創生・地域活性化に関わる事業の成功事例を共有することで、印刷会社が地域のコーディネータ役として地方創生・地域活性化に関わる事業を推進し、その創出を更に加速させていくことを目的として、「じゃぱにうむ2020~印刷産業の地方創生事業事例発表会~」を2020年2月10日開催する。
 内閣府は、地域でSDGsに熱心に取り組み、地方創生に関わる事業活動を行っている中堅・中小企業に対して「(仮称)地方創生SDGs認証」を付与し、これらの企業への金融機関や機関投資家の投融資を促進させる「地方創生SDGs金融」を推進している。今回の事例発表会では、日本政策投資銀行産業調査本部執行役員副本部長の竹ケ原啓介氏が、「地方創生SDGs金融」の動向について基調講演する。

開催概要は次のとおり。
■名  称:『じゃぱにうむ2020 -印刷産業の地方創生事業事例発表会-』
■開催日時:2020年2月10日(月)14:00 ~ 17:40 
■会  場:日本印刷会館2F 大会議室(東京都中央区新富1-16-8)
■開催の狙い:
①印刷産業における地方創生事業の情報共有と参入機会の検討
②地方創生SDGs官民連携プラットフォーム活用による地域連携事業推進
■構成案 
挨  拶:価値創出委員会委員長 滝澤光正氏(滝澤新聞印刷株式会社代表取締役社長)
基調講演:株式会社日本政策投資銀行 産業調査本部 執行役員副本部長 竹ケ原啓介氏
事例発表:全国の印刷会社6社による地方創生事業に関わる事例発表(各社20分程度)
  パネルディスカッション:上記6社及びモデレータによるパネルディスカッション
■参加申込み:参加費無料、定員100名(満員になり次第締切り)
日印産連webサイト「じゃぱにうむ2020」申込フォームより申込み受付              
■主  催:日本印刷産業連合会価値創出委員会、同SDG推進プロジェクト
■後  援: 内閣府地方創生推進事務局(申請中)、地方創生SDGs官民連携プラットフォーム、株式会社日本政策投資銀行 
■お問合せ先:日本印刷産業連合会「じゃぱにうむ2020」事務局 
Tel:03-3553-6051 E-mail:info@jfpi.or.jp