大日本印刷 額縁のない“ベゼルレス”のディスプレーに最適な「高機能ガラスカバー」を開発
2019年12月02日
 大日本印刷(DNP,北島義斉社長)は、カーナビゲーションシステムなどの車載用ディスプレーの外側の額縁(ベゼル)が無い、“ベゼルレス”タイプに最適で、且つ事故の衝突時に割れたガラスの飛散を防ぐ、「高機能ガラスカバー」を開発した。


ガラスのエッジとコーナーをフィルムでカバー


【「高機能ガラスカバー」開発の背景】
 近年、カーナビゲーションシステムにおいては、ベゼルレスタイプのディスプレーが登場し、画面を最大限に活かしたデザイン性が評価され、特に高級車での採用が広がっており、最表面にタッチパネル用ガラスカバーが使われるケースが増えている。そのため、事故の衝突などでガラスカバーが割れ、ケガをしないように、強化ガラスを採用する必要性が高まっているが、現時点では強化ガラスは高価であり、コスト負担が大きくなるといった課題がある。
 こうした課題に対して、今回DNPが開発した「高機能ガラスカバー」は、ガラスのエッジとコーナーまでをフィルムでカバーした構造で、事故時のガラスの飛散を防ぐとともに、強化ガラスよりも安価なソーダライムガラスを採用することで、大幅なコスト削減を実現した。



衝突試験の結果、割れて飛散した通常のガラス(左)と、ヒビが入っただけのDNPの「高機能ガラスカバー」(右)


【DNPの「高機能ガラスカバー」の特長】
■事故の衝突時に、割れたガラスの飛散を防ぐ。
■強化ガラスより低価格なソーダライムガラスを採用することで、大幅にコストを削減する。
■低い反射率と優れた耐擦傷性を両立させたDNPの「反射防止フィルム」を使用している。
■ベゼルレスタイプのディスプレーに対応可能。
■車載用途のほか、ラップトップPC等のディスプレーにも適用可能。

【今後の展開】
 DNPは、今回開発した「高機能ガラスカバー」を国内外の自動車部品メーカーに販売し、車載用カーナビゲーションシステムへの採用を図るとともに、次世代自動車におけるディスプレーの前面板への展開を目指す。