凸版印刷 さまざまな労働災害をVRで体感する「安全道場VR」の提供開始
2019年11月14日
 凸版印刷(東京都千代田区、麿 秀晴社長)は、さまざまな危険行動をVRで体験することで、効果的な安全教育を行うことができるVRコンテンツ「安全道場VR」を製作。製造業向けに、2019年11月14日より提供開始する。
 「安全道場VR」は凸版印刷の持つVRコンテンツ製作の知見や、安全に関する体感教育ができる施設「トッパングループ安全道場」の運営ノウハウを活かして製作。実際に起こりうる労働災害を再現した全7つのVRコンテンツを収録しており、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)を用意するだけで簡単に体験が可能。「安全道場VR」を活用することで、教科書や座学の研修以上に危険行動をリアルに体感することができ、危険予知能力を身につけ、労働災害を未然に防ぐ教育をより高い効果で実施できる。


安全道場VR内のコンテンツ 「カッター作業」 © Toppan Printing Co., Ltd.



 近年、製造業の生産現場において、AIやIoTなどの導入による製造プロセスの高度化や省力化が進むにつれて、危険要因が見えにくくなり、従業員の危険に対する感度が薄れてしまうことが社会問題となっている。これを受け凸版印刷は、安全に関する体感教育ができる施設「トッパングループ安全道場」を2010年に開設。以降、社内の研修はもちろん社外の研修としても多く活用されており、2019年現在でのべ約30,000人が安全教育を受講している。しかし「安全道場」まで足を運ばなければ、さまざまな安全教育を受講することができないという課題があった。
 今回、凸版印刷は従来培ってきたVRを活用したデジタルコンテンツの開発・提供実績や「トッパングループ安全道場」の運営ノウハウを活かして、VRを活用した安全教育コンテンツ「安全道場VR」を製作した。これにより、「安全道場」へ足を運ぶことなく安全教育の受講が可能。労働災害ゼロを目指して、社内だけでなく社外に向けても広く提供を開始する。

■「安全道場VR」の概要と特徴
 「安全道場VR」は高い教育効果を実現するべく、すべて実写で実際の機械や工具を活用して製作されている。また、凸版印刷が運営している安全に関する体感教育ができる施設「トッパングループ安全道場」が監修しており、現場に近いリアルな危険体験を実現した。