JAGAT DTP エキスパート認証試験、2020年3月より2段階制に改定
2019年10月28日
公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT、塚田司郎会長)は、10 月 28 日、DTP エキスパート認証制度を 2 段階制に改定することを発表した。

DTP エキスパート認証制度とは、DTP による印刷物製作および印刷ビジネスに必要な知識を体系化したカリキュラムにしたがって試験を行い、その知識を習得した方を DTP エキスパートとして認証する制度だ。1994 年以来 52 回の試験を実施し、延べ合格者数は 22,000人を超えている。DTP・印刷の知識をバランス良く身に着ける手段として、国内の印刷業界ではスタンダードなものとなっている。
この試験は、DTP および印刷に関する知識を問う択一式の学科試験、与えられた期間内に課題を提出する実技試験から構成されている。しかし、実技課題に取り組むには DTP ソフトウェアを入手して操作を習得する必要があり、制作部門従事者以外には高いハードルとなっていた。例えば、営業担当社員の育成を目的として受験促進を図ろうとする企業からは、学科試験のみの受験制度を要望する声が上がっていた。

❏「DTP エキスパート」「DTP エキスパート・マイスター」の 2 段階制に改定
このたび、DTP エキスパート認証制度を「DTP エキスパート」「DTP エキスパート・マイスター」の 2 段階制に改定する。
新たに学科試験だけの試験を実施し、その合格者を「DTP エキスパート」として認証する。従来と同様の学科試験・実技試験の合格者は「DTP エキスパート・マイスター」となる。
2020 年以降に DTP エキスパートに合格した方は、将来、実技試験だけを受験することができる(アップグレード試験)。この試験に合格すると、DTP エキスパート・マイスターとして認証される。
また、2019 年までに DTP エキスパート資格を保有している方は、次回の更新試験に合格すると、その時点で DTP エキスパート・マイスターとして認証される。
2020 年 3 月に実施する第 53 期試験より、この 2 段階制に改定する。

この改定により、印刷ビジネスに携わる多様な職種の方々に、DTP および印刷関連知識の習得機会を提供する。例えば、若手社員や企画・営業担当で DTP・印刷の基礎を着実に習得したい方にとって、DTP エキスパートは取り組みやすい試験となることが予想される。

❏次回 DTP エキスパート認証試験の実施予定
第 53 期 DTP エキスパート認証試験は、2020 年 3 月 15 日(日)に実施する。受験申請期間は 1 月 7 日(火)~2 月 13 日(木)となっており、同サイトの申請フォームから申込むことができる。
次回試験の詳細や受験料は、受験要項と共に近日中に発表される。