日印産連GP認定事務局 第3回「印刷と私」エッセイ・作文コンテスト 小山薫堂最優秀賞を発表
2019年09月05日
 一般社団法人日本印刷産業連合会(日印産連、金子眞吾会長) グリーンプリンティング認定事務局は、4月22日から7月10日まで募集した第3回「印刷と私」エッセイ・作文コンテストの選考結果を発表した。なお、表彰式は9月13日にホテルニューオータニ(東京・千代田区)で開催する印刷文化典記念式典において執り行う。受賞作品は同日9月13日にグリーンプリンティング認定制度の公式サイトにおいて公開する。
 同コンテストは、「印刷」にまつわる心温まる思い出やエピソードを募集したもので、今回で3回目の開催となる。グリーンプリンティングのPR大使でもある放送作家の小山薫堂氏を審査委員長に迎え、応募総数943作品から「印刷と私」コンテスト審査委員会において厳正な審査を行い、一般の部では小山薫堂最優秀賞に星野有加里さん(静岡県)の「十二ヶ月×三十年」、小学生の部では小山薫堂最優秀賞に植木涼太くん(埼玉県、小学6年生)の「財布の中の小さな宝物」が決定した。

受賞者は次のとおり(敬称略、五十音順)。
※優秀な作品が多数のため、当初予定より受賞作が多くなっている。
<一般の部>
■小山薫堂最優秀賞(1名)
「十二ヶ月×三十年」 星野有加里(静岡県)
■小山薫堂優秀賞(2名)
「父が本に遺した線」 阿部松代(神奈川県)
「一緒に劣化!一緒にバアサン!」 山本真理子(愛知県)
■優秀賞(3名)     
小松崎有美(埼玉県)成田欣司(東京都)森咲野花(佐賀県)
■佳 作(5名)
織田桐真理子(鳥取県) 金谷祥枝(広島県) 黒沢賢一(福島県)齋藤未奈子(大阪府) 山本由美子(大阪府)

<小学生の部>
■小山薫堂最優秀賞(1名)
「財布の中の小さな宝物」植木涼太(埼玉県、小学6年生)
■小山薫堂優秀賞(5名)
「私のぼうけん」青木麻奈(東京都、小学4年生)
「色と印さつ」生関真衣(東京都、小学5年生)
「思い出の一ページ」 大日方伶衣(東京都、小学6年生)
「私たちの印刷時代」田附奈々花(東京都、小学6年生)
「ぼくといんさつとおかあさん」中島唯翔(熊本県、小学2年生)
■優秀賞(3名)     
大恵朱実(兵庫県、小学2年生) 熊谷歩美(埼玉県、小学2年生)寺島いろは(徳島県、小学3年生)
■佳 作(4名)     
熊谷佳飛(埼玉県、小学5年生) 松本匠平(東京都、小学3年生)三島 司(大阪府、小学2年生) 森脇茉菜(大阪府、小学4年生)