凸版印刷 デジタルアーカイブデータ上に文化情報を蓄積するシステムを開発
2019年08月30日
 凸版印刷(東京都千代田区、麿秀晴社長)は、国立大学法人京都大学(京都府京都市、山極壽一館長、以下 京都大学)と2018年から次世代文化情報プラットフォーム構想に関する共同研究を推進している。
 同共同研究は、屏風絵などの文化財に描かれた内容に関する、地理・歴史・工芸・観光など複数の専門家の見解を、デジタルアーカイブデータ上に情報集約することで、学術研究や文化財鑑賞に役立てることを目的としている。今回、凸版印刷が持つデジタルアーカイブデータ上に京都大学総合博物館が名所・建築物・人物に関する描画情報や関連資料など、客観的情報の紐付け作業を実施し、文化情報を蓄積するシステム「オンライン・フィールドワーク・システム(ETOKI)(えとき)」のプロトタイプを共同研究の成果として開発した。
 同システムを用いて国宝「洛中洛外図屛風(舟木本)」(※1)をテーマに制作したコンテンツを2019年9月2日(月)から9月4日(水)まで「第25回ICOM(国際博物館会議)京都大会2019」にて開催されるミュージアム・フェアにて公開する。
 今後、同システムの開発と活用を通じて、分野を越えた学術研究の振興や文化財鑑賞、アートイノベーションの創発に繋がる次世代型の文化情報プラットフォームの実現を目指す。


■ 「オンライン・フィールドワーク・システム(ETOKI)」について
オンライン・フィールドワーク・システム(ETOKI)は、屏風絵などの絵画資料に描かれた町の中を、様々な分野・立場の人々が共にフィールドワーク(絵解き)を行い、デジタルアーカイブデータ上に文化情報を蓄積する為のシステム。


「オンライン・フィールドワーク・システム(ETOKI)」概念図

・国宝「洛中洛外図屛風」(東京国立博物館所蔵)をテーマにしたコンテンツ
国宝「洛中洛外図屏風(舟木本)」には、清水寺などの名所や小袖屋などの店の他、2700人を超える人々が精緻に描かれている。 同研究では、凸版印刷が開発したシステムを用いて、京都大学総合博物館が名所・建築物・人物に関する描画情報や関連資料 など、客観的情報の紐付け作業を実施した。また、京都の社寺や伝統工芸などの有識者や関係者を対象にフィールドワークを実施し、個人の解釈や見解などの多様な主観的情報の埋込みを行った。



システムイメージ (左)情報タグ入力システム、(右)埋め込まれた多様な情報タグ VR作品『洛中洛外図屛風 舟木本』より 監修:東京国立博物館 制作:凸版印刷株式会社

■ 「第25回ICOM(国際博物館会議)京都大会2019」ミュージアム・フェア出展について
凸版印刷は世界中の博物館関係者が集う「第25回ICOM(国際博物館会議)京都大会2019」で開催されるミュージアム・フェアに、文化財デジタルアーカイブの活用事例と将来展望をテーマに、印刷技術を応用した高品位複製技術、高精細LEDディスプレイを用いたトッパンVR、オンライン・フィールドワーク・システム(ETOKI)のプロトタイプ等を出展する。

展示場所: 「第25回ICOM(国際博物館会議)京都大会2019」 イベントホールE16
(国立京都国際会館[京都市左京区岩倉大鷺町422番地])
展示期間: 2019年9月2日(月)12:30~18:00
2019年9月3日(火)~ 9月4日(水)9:00~18:00

「第25回ICOM(国際博物館会議)京都大会2019」について
会場: 国立京都国際会館(京都市左京区岩倉大鷺町422番地)
https://icom-kyoto-2019.org/jp/index.html
会期: 2019年9月1日(日)~9月7日(土)
参加費: 12,000円(当日料金9月2日(月)、9月3日(火)、9月4日(水))

※1 国宝「洛中洛外図屛風(舟木本)」
京都の町並み、季節の風物や行事を俯瞰して描いた「洛中洛外図」は、室町時代から江戸時代にかけて数多く描かれた題材だ。その中でも、人物表現で異彩を放つのが、岩佐又兵衛が描いた通称「舟木本」。又兵衛が想像を交えて描いた京都には、力がものを言う戦国時代から法が定める江戸時代へと移り変わる瞬間が切り取られている。